YouTube 上のビデオを挿入する、またはリンクする

YouTube 上のビデオを挿入する、またはリンクする

PowerPoint では、YouTube 上のビデオを挿入またはリンクを挿入し、プレゼンテーション中にそれを再生することができます。YouTube から直接再生されるビデオには、再生、一時停止などの YouTube のコントロールが含まれています。

ビデオは実際にはプレゼンテーション内ではなく Web サイト上にあるため、ビデオを正常に再生するには、インターネットに接続する必要があります。

"埋め込み" コードを使用して YouTube ビデオを挿入する

  1. YouTube で、挿入するビデオを探します。

  2. ビデオ フレームの下で、[共有] をクリックしてから、[埋め込みコード] をクリックします ([埋め込みコード] をクリックしなかった場合、不正なコードがコピーされます)。

    [共有] をクリックし、[埋め込み] をクリックする
  3. iFrame 埋め込みコードを右クリックし、[コピー] をクリックします。

    iFrame 埋め込みコードをコピーする

    コピーする強調表示テキストが "http" で始まる場合は、中止してください。コピーするコードが誤っています。手順 2 に戻り、[埋め込み] をクリックしてください。

    正常に動作するためには、ビデオの埋め込みに使うコードが、"iFrame" または "<object" で始まっている必要があります。
    埋め込みのコードが "http" で始まっていると、ビデオは正常に埋め込まれません。
  4. PowerPoint 2016 で、ビデオを追加するスライドをクリックします。

  5. [挿入] タブで、[ビデオ]、[オンライン ビデオ] の順にクリックします。

  6. [ビデオの埋め込みコードから] ボックスに埋め込みコードを貼り付けて、矢印をクリックします。

    PowerPoint のビデオを埋め込むオプション
  7. ビデオの枠がスライドに配置されます。この枠は必要に応じて移動したり、サイズを変更したりすることができます。スライドでビデオをプレビューするには、ビデオの枠を右クリックし、[プレビュー] をクリックして、ビデオの再生ボタンをクリックします。

    注: ビデオが適切に埋め込まれない場合は、必要な Office の更新プログラムがインストールされていることを確認してください。

YouTube のビデオを名前で検索する

  1. ビデオを追加するスライドをクリックします。

  2. [挿入] タブで、[ビデオ]、[オンライン ビデオ] の順にクリックします。

    PowerPoint でオンライン ビデオを挿入するためのリボンのボタン
  3. [YouTube の検索] ボックスに、挿入するビデオの名前を入力して、Enter キーを押します。

  4. ビデオを検索結果から選んで、[挿入] をクリックします。

  5. ビデオの枠がスライドに配置されます。この枠は必要に応じて移動したり、サイズを変更したりすることができます。スライドでビデオをプレビューするには、ビデオの枠を右クリックし、[プレビュー] をクリックして、ビデオの再生ボタンをクリックします。

    注: ビデオが適切に挿入されない場合は、必要な Office の更新プログラムがインストールされていることを確認してください。

ビデオをプレビューする

  1. ビデオの枠がスライドに表示されたら、それを選び、右クリックして、[プレビュー] を選びます。

    ビデオに [再生] ボタンが表示されます。

  2. ビデオの [再生] ボタンをクリックします。

    ビデオは実際にはプレゼンテーションではなく Web サイト上にあるため、ビデオを正常に再生するには、インターネットに接続する必要があります。

埋め込みのビデオの再生品質を向上させる

PowerPoint は Internet Explorer のビデオ再生技術を使用することで、スライドに埋め込まれているビデオを再生できます。

ビデオをスムーズに再生するには、最新バージョンの Internet Explorer をここからコンピューターにインストールすることをお勧めします。ビデオの再生中に Internet Explorer を開く必要はありません。PowerPoint は単に基になる技術を使用して、ビデオを再生します。

Slideshare.net からコンテンツを埋め込む

PowerPoint 2016 のスライドには、プレゼンテーション、インフォグラフィック、ドキュメントの共有 Web サイトである Slideshare.net からコンテンツを埋め込むことができます。

Slideshare.net では、別の場所に埋め込むことができるすべてのコンテンツに [共有] ボタンが付いています。そのボタンにより、ビデオへの埋め込みのような埋め込みコードをコピーできるウィンドウが開きます。

  1. Slideshare.net で、埋め込むコンテンツを見つけます。

  2. コンテンツ フレームの下にある [共有] ボタンを選択します。

    ビデオ フレーム内に共有コードが表示されます。

  3. [埋め込み] という名前のボックスを選択します。

    これを行うと、ボックス内のすべてのテキストが選択されます。

  4. 選択したテキストを右クリックし、[コピー] を選択します。

    コピーしたテキストには、不要な情報が含まれるので、それを削除して再コピーする必要があります。

  5. コピーしたテキストを Word またはメモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。

  6. <iframe src ... で始まり、</iframe> で終わるテキスト部分を選択します。そのテキストをコピーします。

    それは、コンテンツを PowerPoint に挿入するために必要な埋め込みコードです。

  7. PowerPoint で、コンテンツを挿入するスライドに移動します。

  8. ツール バー リボンで、[挿入] タブの [ビデオ] を選択し、[オンライン ビデオ] を選択します。

    [ビデオの挿入] ダイアログ ボックスが開きます。

  9. [ビデオの埋め込みコードから] という名前のボックスに埋め込みコードを貼り付け、Enter キーを押します。

    PowerPoint がコンテンツを取り込むには、少し時間がかかります。その場合は、スライドに黒いボックスが表示されます。

  10. コンテンツを表示するには、PowerPoint ウィンドウの右下隅近くにある [スライド ショー] ボタン タスク バーの [スライド ショー ビュー] ボタン を選択します。

注: この機能を使用するには、デスクトップ バージョンの PowerPoint 2013 を使用しており、2014 年 4 月の Office の更新プログラムがインストール済みで、IE 9 (MS12-037 適用済み) または IE10 以降 (推奨) を実行している必要があります。要件とサポートされる形式の一覧はこのページで参照できます。

YouTube のビデオを名前で検索する

  1. ビデオを追加するスライドをクリックします。

  2. [挿入] タブで、[ビデオ]、[オンライン ビデオ] の順にクリックします。

    PowerPoint でオンライン ビデオを挿入するためのリボンのボタン
  3. [YouTube の検索] ボックスに、挿入するビデオの名前を入力して、Enter キーを押します。

    これは PowerPoint 2013 の [オンライン ビデオの挿入] ダイアログ ボックスです。
  4. ビデオを検索結果から選んで、[挿入] をクリックします。

  5. ビデオの枠がスライドに配置されます。この枠は必要に応じて移動したり、サイズを変更したりすることができます。スライドでビデオをプレビューするには、ビデオの枠を右クリックし、[プレビュー] をクリックして、ビデオの再生ボタンをクリックします。

    注: ビデオが適切に挿入されない場合は、必要な Office の更新プログラムがインストールされていることを確認してください。

  6. ビデオの再生方法とタイミングを選ぶ場合は、リボンの [再生] タブに切り替えます。

    PowerPoint リボンの [再生] タブには、ビデオの再生方法を選ぶためのオプションがあります。

    ビデオを自動的に開始したり、ビデオを全画面表示で再生したりするオプションの詳細については、「プレゼンテーションでビデオの [再生] オプションを設定する」を参照してください。

ビデオをプレビューする

  1. ビデオの枠がスライドに配置されたらそれを選択し、PowerPoint リボンの [再生] タブを選択します。

  2. [再生] タブの左端の [プレビュー] ボタンを選択します。

埋め込みのビデオの再生品質を向上させる

PowerPoint は Internet Explorer のビデオ再生技術を使用することで、スライドに埋め込まれているビデオを再生できます。

ビデオをスムーズに再生するには、最新バージョンの Internet Explorer をここからコンピューターにインストールすることをお勧めします。ビデオの再生中に Internet Explorer を開く必要はありません。PowerPoint は単に基になる技術を使用して、ビデオを再生します。

PowerPoint 2010 上の YouTube ビデオは動作しなくなりました。   最近、YouTube では、スライドに埋め込まれた YouTube ビデオを再生するために、PowerPoint 2010 がバックグラウンドで使用する Adobe Flash Player のサポートを中止しました。

この変更の結果、PowerPoint 2010 でビデオを再生できなくなりました。代わりに、次のようなエラーが表示されます。 

Flash 埋め込みビデオはもうサポートされていません

この YouTube のエラー メッセージは、Flash が埋め込まれているビデオがサポートされなくなったことを示します

この問題を回避するには以下の 2 つの方法があります。以下のセクション見出しをクリックして開き、詳細を表示してください。

アップグレードできる場合は、アップグレードして、修正できないこの問題に対処することをお勧めします。

  • Office 2010 から Office 2013 または Office 2016 にアップグレードすることができます。この 2 つのバージョンは、YouTube ビデオの再生を Adobe Flash Player に依存していないため、現在、PowerPoint 2010 で発生している問題は発生しません。

    アップグレードを有益なものにするには、選択した Office のバージョンをサポートする Windows のバージョンを使用している必要があります。Office 2013 には、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、または Windows 7 が必要です。Office 2016 には、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、または Windows 7 Service Pack 1 が必要です。

    常に Office の最新バージョンを所有するには、Office 365 サブスクライバーになります。クリックして試すか購入し、サブスクリプションとパッケージ版を比較してください。

現時点で PowerPoint 2010 を新しいバージョンにアップグレードできない場合は、LiveWeb という名前のアドインをインストールすることをお勧めします。これは、前述の問題を回避するのに役立ちます。詳しい手順については、次の記事を参照してください。

PowerPoint 2010 でオンライン ビデオを挿入する

このタスクはすべてのユーザーに適しているわけではありません。自分でソフトウェアをインストールして設定することに慣れている方向けです。

PowerPoint 2016 for Mac に Web ビデオを挿入する場合は、Web ビデオの挿入に関するページを参照してください。

  1. ビデオを配置するスライドを選択します。

  2. リボンの [挿入] タブの [メディア] で、[オンライン ビデオ] を選択します。

  3. [ビデオの挿入] ダイアログ ボックスに検索キーワードを入力して目的のビデオを指定してから、Enter キーを押します。

    検索結果が表示されます。サムネイル画像にマウスを合わせると、そのビデオのタイトルが表示されます。

  4. ビデオのサムネイル画像を選択して、[挿入] をクリックします。

    ビデオがスライドに挿入されます。マウスでドラッグするとビデオを移動でき、ビデオの隅を選択してドラッグすると、ビデオ フレームのサイズを変更することができます。

  5. ビデオを再生するには、スライド ショーを実行する必要があります。リボンの [表示 ] タブの [スライド ショーの開始] で、[現在のスライドから] を選択します。

    スライド ショーが開き、再生ボタンをクリックすると開始されます。

関連項目

ビデオのデモ:YouTube のビデオを追加する

PowerPoint にビデオを埋め込むことができない理由

プレゼンテーションにオーディオを追加する

PowerPoint でサポートされているオーディオ ファイル形式およびビデオ ファイル形式

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×