Yammer Enterprise からデータをエクスポートします。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

認証管理者の場合は、検出とコンプライアンスのため、利用状況の監視とコンテンツをYammer Enterpriseデータをエクスポートできます。次の表は、データをエクスポートする 4 つの方法を示します。

方法

用途

ユーザーを管理リストをエクスポートします。

現在の管理者とユーザーのステータスを特定し、メール、タイトル、場所、および各ユーザーの部門を確認します。

Yammer ネットワークのデータをエクスポートします。

表示し、[すべてのユーザーのすべてのネットワーク データを監査します。日付の範囲を指定し、ファイルとネットワークの外部データを含めるかどうかを選択できます。

単一ユーザーのデータをエクスポートします。

1 人のユーザーに関連するすべてのデータを特定します。GDPR データ件名出席依頼を遵守するために削除する必要があるデータを特定するのには、このエクスポートを使用できます。

自動データのエクスポートを設定します。

エクスポートするためにデータ エクスポート API を使用して、コンプライアンスの継続的に実行する必要があるを自動化します。

注: エクスポートされたデータは、 Yammerネットワーク間でコンテンツを移行するのには使用できません。移行については、次を参照してください。ネットワークの移行: 複数の Yammer ネットワークを統合するします。

ユーザーを管理リストをエクスポートします。

  1. Yammer] では、 Yammer設定アイコン Yammer の設定] アイコン ] をクリックし、[ネットワークの管理] をクリックします。

  2. ユーザーをエクスポート] をクリックします。

    Yammer の [ユーザーをエクスポート] メニュー

  3. [ユーザーのエクスポート] ページは、すべてのユーザーをエクスポートするにはを選択し、[エクスポート] をクリックします。

    Yammer の [ユーザーをエクスポート] オプション - [すべてのユーザーをエクスポート]、または [(日付) 以降のすべてのユーザーをエクスポート]
  4. エクスポートしたファイルを保存します。ファイルは .zip ファイル名拡張子の付いた圧縮ファイルとして保存されます。

  5. 圧縮されたファイルを保存した場所に移動し、それを展開します。

    エクスポートには、次のファイルが含まれています。

    ファイル

    目次

    log.txt

    エクスポートの概要です。

    request.txt

    エクスポートの係数の値。

    Admins.csv

    現在の管理者の一覧、ユーザーのメール アドレスが認証管理者か、ネットワーク管理者かどうかと

    Yammer の管理者の種類の詳細については、 Yammer 管理の管理者を参照してください。

    Networks.csv

    使用ポリシーの場合は、およびユーザーの数があるかどうかはモデレートするかどうかの名、URL の作成日を含む、任意の外部ネットワークとホーム ネットワークに関する情報。

    ユーザー.csv

    日付、一時停止状態 (非アクティブ化された日付、名とユーザーを非アクティブ化した人の ID)、およびユーザー (の状態を ID、名前、メール、役職、場所、部門、ユーザー ID、削除の状態 (削除日、名とユーザーを削除したユーザーの id) に参加します。アクティブなまたはソフト削除)。

    ユーザーはユーザー soft_delete 状態で、ユーザーはいずれかです。

    • 保留中で joined_at、suspended_at、または deleted_at の値がない場合)

    • 中断 (非アクティブ) の場合、suspended_at 値が deleted_at 値があります。

    • deleted_at 値がある場合は、削除

    ゲスト ユーザーは、電子メール アドレス] フィールドを確認することによってユーザーのエクスポートで識別できます。メール アドレスでは、ホーム ネットワークのドメインと一致しない、ユーザーが aguest します。

    [Api_url は、ユーザーのメタデータを取得するために使用 URL です。詳細については、このフィールドにデータを使用してのYammer の開発マニュアルを参照してください。

日付の範囲とネットワークを Yammer ネットワークのデータをエクスポートします。

  1. Yammer 管理センターで、コンテンツとセキュリティに移動 >ネットワーク データをエクスポートします。

  2. 含めるデータを指定します。

    エクスポートのオプションを表示した、ページをエクスポートします。
    • 日付範囲:   指定した日付の範囲内のデータだけが含まれます。

    • 添付ファイルを含む: が選択されていないファイルの一覧が表示されます。選択した場合、使用することもファイルフォルダーをすべてのファイルを元の形式でします。

    • 外部ネットワークを含める: ホーム ネットワークからデータを取得のみが選択されていない場合。選択した場合、各ネットワークからのデータの別のフォルダーが表示されます。各ネットワークがによって、ID を識別され、 Networks.csvの完全なネットワークの名前が表示されます。

      各ネットワークがネットワーク ID ラベルが付いた、独自のフォルダー
  3. [エクスポート] をクリックします。

    .Zip ファイルにデータをエクスポートします。複数のネットワークをエクスポートする場合は、ネットワークごとに個別のフォルダーが作成されます。

    ファイル

    目次

    log.txt

    エクスポートの概要です。

    request.txt

    エクスポートの係数の値。

    Admins.csv   

    名前や電子メールなど、選択された各ネットワークのすべての Yammer 管理者の種類の一覧を表示します。

    Files.csv   

    すべてのファイルを追加またはリストでは、Yammer ID の種類のファイル、名前、説明、および、Yammer でファイルのパスを指定した日付の範囲の中に変更されたグループなどのメタデータとそれに送信されました。

    Files.csv では、実際のファイルは含まれません。エクスポートの添付ファイルを追加するのには、選んだ場合は、ファイルを .zip ファイルの [ファイル] フォルダーに記載されてことができます。ファイルフォルダー内の特定のファイルを特定するのにには、Files.csv から ID を使用します。

    Yammer で特定のファイルに直接移動する方法については、検索し特定のメッセージやファイルを削除するを参照してください。

    Groups.csv   

    グループが、グループの作成日、グループを作成し、日付を更新できるユーザーを内部または外部のリンクであるかどうかを作成するか、指定した日付範囲中に変更されたグループの Yammer ID、名前、説明、プライバシーの状態] の一覧です。

    Messages.csv   

    メッセージを送信または、指定した日付範囲中に変更を場合は、メッセージ ID、スレッド ID、グループ ID、グループ名、プライバシーの状態、送信者 ID、名前および電子メール メッセージ、添付ファイル、および作成および削除についての完全な本文の一覧を表示します。

    Yammer で特定のメッセージに直接移動する方法については、検索し特定のメッセージやファイルを削除するを参照してください。

    MessageThreadsOutbound.csv   

    送信メッセージで外部参加者の Id が含まれます。

    MessageVersions.csv   

    Id および編集されたメッセージの変更の情報が含まれます。

    Networks.csv   

    エクスポートに含まれるすべての外部ネットワークとホーム ネットワークを一覧表示します。

    Pages.csv   

    すべてのページの作成または指定した日付範囲中に変更された、Id、日付、またはページの所有者の一覧を表示します。

    Topics.csv   

    指定した日付範囲中に作成される任意のトピックの情報およびトピックへのリンクの一覧を表示します。

    ユーザー.csv   

    すべてのユーザーへの参加、または削除または使用停止状態で、指定された日付範囲中に、メール、ジョブ タイトル、場所、部門、ユーザー、およびユーザーの現在の状態に関する情報へのリンクが表示されます。

    ユーザーはユーザー soft_delete 状態で、ユーザーはいずれかです。

    • 保留中で joined_at、suspended_at、または deleted_at の値がない場合)

    • 中断 (非アクティブ) の場合、suspended_at 値が deleted_at 値があります。

    • deleted_at 値がある場合は、削除

    ゲスト ユーザーは、電子メール アドレス] フィールドを確認することによってユーザーのエクスポートで識別できます。メール アドレスでは、ホーム ネットワークのドメインと一致しない、ユーザーが aguest します。

    [Api_url は、ユーザーのメタデータを取得するために使用 URL です。詳細については、このフィールドにデータを使用してのYammer の開発マニュアルを参照してください。

    ファイル フォルダーの場合:   

    このフォルダーには、作成または指定された期間中に変更されたファイルが含まれています。ファイルは元の形式で、ID Yammer に名前が付けられますたとえば、PowerPoint プレゼンテーションは 127815379.pptx として登録されている可能性があります。

    Yammer で特定のファイルに直接移動する方法については、特定のメッセージまたはファイルを削除するを参照してください。

このエクスポートには、次の種類のデータは含まれていません。

  • データが、その人のプロファイル、ネットワークのメンバーは、ユーザー アカウント アクティビティ、アプリケーション、通知、および言語設定の組織図など、ユーザーの設定では利用します。

  • ユーザーのアクティビティのデータです。

  • ブックマークが設定されたメッセージ、グループ メンバーシップ、フォローしているか、次のユーザーまたはフォローしているトピックを表示します。 ユーザーには、この情報を検索するには、ユーザーの名前をクリックします。

個別のユーザーをこのデータを検索するには、Yammer の設定] アイコンの Yammer の設定] アイコン ] をクリックして、[ユーザー] をクリックし、データを表示するユーザーの名前をクリックします。このページには、ユーザーのプロファイル、ファイル、画像、および、ブックマーク、フォローするいると、投稿されたビデオと、次のユーザーに参加してトピックをフォローしているが、会話が表示されます。

単一ユーザーのデータをエクスポートします。

注: ユーザーのメンバーである各ネットワークのユーザー データをエクスポートする必要があります。

  1. Yammer 管理センターで、コンテンツとセキュリティに移動 >ユーザー データをエクスポートします。

  2. ユーザーの名前を入力し、ユーザーを選択します。

  3. [エクスポート] をクリックします。

    次のファイルが含まれている .zip ファイルにデータをエクスポートします。

    ファイル

    目次

    log.txt

    エクスポート時に発生するエラーを表示して、各 .csv ファイル内の項目の数をまとめたものです。

    request.txt

    エクスポートのパラメーターを使用します。

    Files.csv   

    すべてのファイルは、このユーザーは Yammer ID は、ファイル、名前、説明、および、Yammer でそのファイルへのパスの種類の一覧で追加または変更グループなどのメタデータとそれに送信されました。

    Files.csv では、実際のファイルは含まれません。エクスポートの添付ファイルを追加するのには、選んだ場合は、ファイルを zip ファイルの [ファイル] フォルダーに記載されてことができます。ファイルのフォルダーにファイルを特定する、または Yammer でそのファイルに直接移動するのには、Files.csv でファイルの ID を使用できます。

    Groups.csv   

    ユーザーによって作成または変更されたグループのリスト、Yammer グループ ID、名前、説明、プライバシーの状態] グループが、グループ、作成日、および更新される日付に内部または外部のリンクであるかどうか。このファイルは、投票を行うと、ユーザー、ユーザーが作成した、投票、投票の集計の総数も含まれます。

    Messages.csv   

    メッセージを送信またはユーザーによって変更された、場合は、メッセージ ID、スレッド ID、グループ ID、グループ名、プライバシーの状態、送信者 ID、名前および電子メール メッセージ、添付ファイル、および作成と削除の情報の id の完全な本文の一覧を表示します。作成した投票の一覧も提供されます。

    Topics.csv   

    指定された日付範囲中のユーザーによって作成された任意のトピックの情報と、トピックへのリンクの一覧を表示します。

    ファイル フォルダー   です。

    このフォルダーには、作成または指定された期間中に、ユーザーが変更されたファイルが含まれています。ファイルが元の形式し、は、Yammer の ID を持つ名前付きたとえば、PowerPoint プレゼンテーションは 127815379.pptx として登録されている可能性があります。

  4. ユーザーのアカウント アクティビティ データ準備ができたら、データへのリンクを Yammer 受信トレイ メッセージが表示されます。それを開くためのリンクをクリックします。

エクスポートされたデータはブックマークが設定されたメッセージを含む、メンバーシップ、またはフォローしているユーザー、フォローしているトピック、ユーザーの通知、アプリケーション、および言語の設定]、および組織図をグループ化できません。 個別のユーザーをこのデータを検索するには、Yammer の設定] アイコンの Yammer の設定] アイコン ] をクリックして、[ユーザー] をクリックし、データを表示するユーザーの名前をクリックします。このページには、ユーザーのプロファイル、ファイル、画像、および、ブックマーク、フォローするいると、投稿されたビデオと、次のユーザーに参加してトピックをフォローしているが、会話が表示されます。

検索および特定のメッセージやファイルを削除します。

メッセージまたはファイルの ID を使っている場合、Yammer に直接移動し、必要な場合は削除できます。

  • 検索して、Yammer で特定のメッセージを削除します。

    1. メッセージの URL を作成します。Https://www.yammer.com/<network_nameを使用して >/#/スレッド/show?threadId <thread_id> = します。たとえば、 https://www.yammer.com/contosomkt.onmicrosoft.com/#/Threads/show?threadId=1040647232です。

    2. メッセージで、その他のアイコン [詳細] アイコン (…) をクリックし、[削除] をクリックします。

  • 検索して、Yammer で特定のファイルを削除します。

    • Yammer の検索ボックスを使用します。たとえばのエクスポートに 12345678.pptx という名前のファイル、1235678.pptx を検索します。検索結果では、ファイルの[ファイル] をクリックし、[このファイルを削除] をクリックします。

    • また、ファイルの URL を作成します。Https://www.yammer.com/<network_nameを使用して >/#/files/<file_number が> https://www.yammer.com/contosomkt.onmicrosoft.com/#/files/12345678などです。[Yammer のページで、ファイル、このファイルを削除] をクリックします。

自動データのエクスポートを設定します。

定期的なエクスポートを自動を設定するには、 Yammer API を使用します。データ エクスポート API の詳細については、 Yammerデベロッパー センターで エクスポート/を参照してください。

関連項目

Yammer で分析結果を表示] グループ

Yammer の利用状況レポートを表示

監査の Yammer ユーザーのデータ

Yammer Enterprise で管理 GDPR データ件名の要求

データの法令遵守の Yammer を管理します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×