Yammer 管理の基本的な概念

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Yammer ネットワークへようこそ。ご参加いただきありがとうございます。Yammer により、会社での仕事の進め方が変わります。また、同僚が Yammer の使い方に慣れるように、管理者として大いに必要とされるでしょう。

最適なリソースと、お気に入りに追加する必要があるページは、 Yammer - 管理者向けヘルプ: 導入の計画を構成してYammerをカスタマイズする、ユーザーとグループを管理する、セキュリティ、コンプライアンス、管理するために必要なすべてのリンクが表示されますコミュニティと契約を作成します。

知って必要のある、重要な概念について説明し、キーを決定する前にする必要がありますは、ビジネスの Yammer を開きます。

いくつかの計画

  1. Yammer の管理者向けヘルプ] で、計画を開始するには、導入の計画] セクションでリソースをご覧ください。方法については、組織内で最も効果的に Yammer を使用して、Yammer ビジョン ステートメントを作成、ビジネスの結果、キーの関係者を特定し、サイド バーを作成する計画を特定するための戦略を準備するためのガイドとテンプレートが表示されます。

  2. 組織で Yammer を管理できるように支援を計画します。いくつかの種類の管理者があります。

    • 検証済み管理者は、ほとんどのアクセス許可があるしは組織で Yammer を使用する方法の大きな意思決定の責任があります。できますセキュリティ関連のタスクを管理すると併せてを構成して、Yammer をカスタマイズする、ユーザーとグループを管理します。

    • ネットワーク管理者を構成して、Yammer をカスタマイズしてユーザーとグループを管理することができます。

    • グループ管理者では、構成、そのグループをカスタマイズしてし、グループの日常業務を管理できます。

    他のユーザーを管理し、すべてのユーザーが実行できる操作の一覧にする方法については、 Yammer 管理の管理者を参照してください。

  3. 組織の目標を一致するように、Yammer ネットワークを設定します。

    • カスタマイズ構成ネットワークします。使用ポリシーを設定を適切で便利な会話のままにします。

      セキュリティと法令遵守の機能を確認して、データの保持を定義してプランをエクスポートします。

    • 自分のドメインがセットアップ Office 365 に必要なことを確認します。既定では、従業員のメール アドレスを持つ Office 365 で確認するドメインの一致がのみYammer内部ネットワークにアクセスできます。

      すべてのドメインが Office 365 で確認されると場合、しているすべて設定します。詳細については、 Office 365 で自分のライフ サイクルを通じて Yammer 管理のドメインを参照してください。

      組織に別のドメインが事業部門がある場合は、 Yammerに統合されたネットワークに参加できます。各部署の外部ネットワークまたは単数の外部ネットワークにアクセスするすべての従業員を作成することもできます。これらのオプションと差し込み印刷を考慮する、またはネットワークを作成するのには、複数の Yammer ネットワークを統合するを参照してください。

  4. ユーザー id を管理するためのオプションを表示するには。

    • ユーザーは、Office 365 から管理するには、ユーザー プロファイルの Office 365 からのデータを含むのする方法について説明 Yammer で使用します。Yammer のユーザーが Office 365 に登録されていない場合は、Yammer 内からのメッセージを管理できます。追加すると、ブロック、または Yammer ユーザーを削除するを参照してください。できますYammer ユーザーの Office 365 の id を適用するかどうか。

    • Yammer を使って、組織外のユーザーと共同作業をするかどうかを決定します。

      内部ネットワークとも呼ばれるホーム ネットワークでは、会社の従業員を同僚に接続できる場所プライベート、安全なコラボレーション スペースです。会社の検証済みのメール アドレスを持つ従業員だけでは、ホーム ネットワークに参加でき、そのコンテンツとユーザーにアクセスすることができます。ホーム ネットワークを 1 つのユーザーはコンテンツを表示またはしない限り、両方の組織に関連しているが、別のネットワークからのユーザーと操作できません。ホーム ネットワーク内に投稿されたメッセージは、会社が所有しているし、権限を持っていない外部と共有することはできません。外部メッセージングに関する FAQ (Yammer)で説明するようその管理者は、内部ネットワークにゲストとして外部ユーザーを招待することに注意してください。

      外部ネットワークを、ホーム ネットワークの別の内線番号が、組織外から招待するユーザーが含まれています。顧客、仕入先、投資家など、組織外のパートナーと協力して、会社のセキュリティのコラボレーション スペースすることをお勧めします。外部ネットワークには、別のメール ドメインとユーザーを対応できる、アクセスは招待のみです。設定して、外部ネットワークの使用方法の詳細についてに記載される作成して外部ネットワークを管理するします。

  5. グループのオプションを調査し、必要なグループを設定します。

    • パブリックまたはプライベート グループを設定するには、 Yammer でグループを作成するを参照してください。Yammer のユーザーは、グループを作成できるもことがあります管理者のために役立ちます。 名前付けなど、チームの販売、マーケティング チームなどの戦略一貫性のあるグループを使用して部門ごとにグループを設定します。

    • SharePoint Online、OneNote、およびプランナー] というグループが Office 365 に接続されているなどの Office 365 サービスを使用するグループを使用する場合は、 Yammer ユーザーの Office 365 の id を適用するために必要があります。

    • 外部のグループと呼ばれる、外部ユーザーを追加するグループを設定します。

    • 動的なグループを使用すると、社内の役割を変更するユーザーのメンバーシップを最新状態に維持するかどうかを決定します。

  6. ユーザーがエンタープライズ ソーシャル ネットワークのコア、ためにYammerYammer管理センターを使用して開始するのには、チームを招待します。

    Yammer を自動的に含めるOffice 365プランでユーザーにYammer Enterprise] を使用するライセンスは、 Yammerネットワークに自動的に追加されません。Office 365ユーザー Yammerであることを確認する最も簡単な方法は、Yammer 管理センターを使用して、それらを追加します。詳細については、追加、ブロック、または Yammer ユーザーを削除するを参照してください。

  7. モバイル デバイスのオプションを理解するモバイル Yammer 使用ポリシーの作成に必要な場合があるとします。たとえば、そのユーザーの上にあるパスワードやその他のロックが携帯電話、電話で Yammer を使用するためにする必要があります。Yammer 管理センター、およびMicrosoft Intune を使用して、Yammer のデバイスの管理を使って、デバイスの使用状況を監視することができます。

  8. SharePoint では、Skype for Business を含む、その他のアプリと Yammer を統合する方法を考えます。

  9. 組織のトレーニングし、サポートを Yammer ユーザーの方法を定義します。 エンドユーザーのサポート オプションには、オンライン ヘルプやトレーニング、およびオンライン コミュニティが含まれます。Yammer のヘルプ センターを参照してください。 自分のローカル セルフ サポート コミュニティ - Yammer 101 グループを作成することを検討してください。

    管理Yammer - 管理者向けヘルプのより詳細なヘルプが必要な場合、サポート オプションが、ビジネス製品 - 管理者向けヘルプのサポートに問い合わせてくださいすることができます。

    Yammer サービスのリアルタイムの状態を表示するOffice 365 サービスの正常性ダッシュ ボードを確認してください。

  10. Yammer が常に変更します。 最新のメッセージを入力することで、 Office 365 ロードマップを定期的に確認します。

  11. 詳しい情報をご覧ください。

よく寄せられる質問

Q: とは、Yammer 対応のブラウザーとシステム要件です。

A: yammer のシステム要件がOffice 365と一致します。Office 365 のシステム要件でサポートされるブラウザーの一覧を参照してください。

重要: Internet Explorer 10 サポートは、2018 年 3 月 1 日に終了します。詳細については、 Yammer の Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10 ライフ サイクルのサポート情報を参照してください。

モバイルとデスクトップエクスペリエンス

  • iOS 9 以上

  • Android v4.4 以上

  • Windows 7 SP1 以降

  • Mac OS 10.10 以降

  • Windows 10 の携帯電話

一部のユーザーが Office 365 のライセンスを持っている、一部のユーザーがいない場所は、Yammer ネットワークがあることは可能ですか。

A: は、Office 365 の id を適用するために Yammer ネットワークを構成するかどうかによって異なります。

  • Office 365 の id を適用するためにオプションを選択する場合、すべてのユーザーは、Office 365 で Yammer のライセンスが必要です。詳細については、 Yammer ユーザーの Office 365 を適用するための idを参照してください。

  • Office 365 の id を適用しない場合は、 Yammerネットワークと同じメール ドメインには、Office 365 ライセンスのないユーザーはwww.yammer.comでYammerのアカウントを作成して、ネットワークに参加できます。

    これらのユーザーを管理する方法のような違いがあります。 その人のプロファイルは、自動的に入力しないと、Yammer のライセンスを削除することでそれらをブロックすることはできません。これらのユーザーは、管理者ができるよう、グループを作成し、Yammer Enterprise のすべての機能を使用します。管理者が変更は、Yammer では、[設定] をクリックし、ネットワーク管理者を選択して、Yammer 管理センターにアクセスするのにあります。

Q: Yammer (ユーザー、ネットワーク、ドキュメント、ストレージ、access、およびなどの数) の制限とは?

A: Yammerは SaaS、注意スケールを使用した複数のテナントの環境に設計されています。のみ制限は、ファイル サイズです。個々 のファイルをYammer Enterpriseで 5 GB を超えることはできませんYammer Basic で or100 MB です)。両方のバージョンは無制限ユーザー、無制限ファイル、無制限の外部ネットワークおよびサポートは無制限ドキュメントの種類。

Q: どの種類のファイルを Yammer にアップロードできますか?

A: 既定では、アップロードできるファイルの種類に制限はありません。Yammer Enterprise のネットワーク管理者が設定に移動できる >ネットワーク管理者>設定を変更します。Yammer ネットワークの管理者では、ファイルのアップロードを制限するでき、Yammer にのみの写真やビデオ ファイルの種類を許可することができます。写真とビデオ ファイルの種類のみを許可するネットワークの場合はファイル拡張子と、ファイルのメタデータの一部をチェックして、この制限を適用するために、最善の努力が、ユーザーがこの制限を回避できないことを保証されません。

Q: 表示される機能、色、レイアウトが他の同僚のと異なっているのはなぜですか?

A: として含まれている A [ Yammer開発手法を使用すると、B Yammerのすべての要素をテストし、データを使用してよりよいデザインを選択します。テストのすべてのネットワークで一部のユーザーに実行テストおよび起動しているされるまで、ネットワーク レベルでの変更が発生しないようにします。

Q: Yammer のロードマップはどうなっていますか?

A: Yammerリリースおよび反復の開発方法は、変更が一定であることを意味します。現在開発中のアイテムとそのステージの開発とテストの利用ここ: Office 365 ロードマップします。

関連項目

Yammer - 管理者向けヘルプ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×