Word for Office 365 の新機能

Word for Office 365 の新機能

Office 365 のサブスクライバーには、Office の新機能と改善された機能が定期的に提供されます。サブスクライバーが使用できる機能を確認するには、以下をご覧ください。

Windows デスクトップ用 Word 向け最新の更新プログラム

バージョン 18.12 (11126.20188) の新機能をご覧ください。使用している Office のバージョンを確認する方法

静的なドキュメントを魅力的に変える

ドキュメントを対話型の簡単に共有できる Web ページに変換して、どのデバイスでも適切に表示されるようにしましょう。

詳細情報

左側にドキュメント、右側に [Web ページに変換] ウィンドウ

行フォーカスを使用してわかりやすさを改善

集中して読めるようにドキュメントを 1 行ずつ移動します。一度に 1 行、3 行、または 5 行を表示するようにフォーカスを調整できます。

詳細情報

リボンの [行フォーカス] ドロップ ダウン リストと選択されている [1 行] オプション

新機能をいち早く使うには

Office Insider に登録して、新機能をいち早く確認し、ご意見をお聞かせください。

Office Insider に今すぐ参加する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

リリースに関するその他の情報

新しい機能を入手できる時期
Office 365 の新しい機能は、サブスクリプションをお持ちのお客様すべてに適用されるまでに、ある程度の時間がかかることがあります。

機能が展開される方法については、こちらを参照してください。

すべての更新プログラムの完全な一覧
Office 365 クライアント アプリケーションのすべてのチャネル リリースに関する情報を入手します。

最新のリリース

サブスクライバーではなく、Office を初めて使用する場合
Office 365 サブスクリプションに加入せずに Office 2016 または Office 2019 を使用する場合に、このバージョンの Office で利用できる機能を紹介します。

Office 2016 の新機能 Office 2019 の新機能

Word Insider の最新の更新プログラム

12 月リリースのバージョン 1812 (ビルド 11126.20074) で Insider 向けの新機能を確認し、ご感想をお寄せください。早期のフィードバックは非常に貴重です。引き続きお待ちしております。
使用している Office のバージョンを確認する方法

左側にドキュメント、右側に [Web ページに変換] ウィンドウ

静的なドキュメントを魅力的に変える

ドキュメントを対話型の簡単に共有できる Web ページに変換して、どのデバイスでも適切に表示されるようにしましょう。

詳細情報

リボンの [行フォーカス] ドロップ ダウン リストと選択されている [1 行] オプション

行フォーカスを使用してわかりやすさを改善

集中して読めるようにドキュメントを 1 行ずつ移動します。一度に 1 行、3 行、または 5 行を表示するようにフォーカスを調整できます。

詳細情報

さらに多くの機能、さらに高速化

Office Insider の最新全機能

Office の全アプリ/全バージョンのすべての最新機能とビルド情報をご確認ください。

Office Insider で利用できる新機能を確認してください。

新機能をいち早く使うには

Office Insider ファースト レベルに登録すれば、最新機能をいち早くご利用いただけます。

Office Insider プログラムに参加する方法に関するページをご覧ください。

コミュニティに参加する

コミュニティの回答 - Office Insider フォーラム

Office Insider コミュニティ

テクノロジに関心のあるユーザー同士がつながり、Office Insider コミュニティでサポートを受けることができます。

コミュニティにアクセスする

Office Insider Twitter

@OfficeInsider をフォローする

Office の未来を作るエキスパートとファンによって日々成長を続けるコミュニティにご参加ください。

Twitter でフォローする

フィードバックの送信先

気に入った点、気に入らなかった点、改善が必要な点などのご意見をお待ちしております。問題の報告またはフィードバックの送信を行うには、いずれかの Office 2016 アプリで [ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。Office Insider コミュニティへの投稿、または @OfficeInsider へのツイートからもご連絡いただけます。

バージョン 18.10 (11001.20074) の新機能をご覧ください。

画像の背後を見えるようにする

スライド、ワークシート、ドキュメント、またはメッセージに画像を挿入し、既定の設定から選択して、透明度の変化を確認します。手順は以上です。

詳細情報

[書式] タブの透明度オプションが表示されているスライド

ドキュメントが生きているように動きます

アニメーション 3D グラフィックスを挿入して、鼓動する心臓、周回する惑星、暴れ回るティラノサウルスをページおよびスライド上に表示できます。

詳細情報

複数の 3D モデルが表示されているプレゼンテーション

バージョン 1809 (ビルド 10827.20138) の新機能をご覧ください。

リボンのアイコンが新しい外観に

すべての機能は同じように動作するので、ご安心ください。さらに、あらゆるサイズの画面ですべてのアイコンが適切に表示されます。

詳細情報

更新された Word、Excel、PowerPoint、Outlook のリボンのビジュアル

2018 年 6 月の機能更新プログラム、バージョン 1806 (ビルド 10228.20080) の新機能と改善された機能をご確認ください。

チャット ウィンドウが表示されている Word 文書

編集時に共同作成者とチャットする

アプリを終了することなく共同作成者とチャットを行い、効率的に共同作業します。

詳細情報

左側にドキュメントが表示されているコンピューター画面、右側にチェック マークの付いたアクセシビリティのビジュアル

アクセシビリティの問題をワンクリックで修正

アクセシビリティ チェックは国際標準の最新のサポートおよびドキュメントのアクセシビリティを高めるのに役立つ推奨事項によってかつてないほど改善されています。

詳細情報

SVG フィルターの例が表示されているスライド

視覚的なインパクトの追加

フィルターを適用したスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を挿入して、ドキュメント、ワークシート、プレゼンテーションに視覚的な効果を追加しましょう。

詳細情報

バージョン 1805 (ビルド 9330.2087) の新機能と改善された機能をご確認ください。

ハンズフリー入力

自分の声で文書を作成します。ディクテーションが可能なときに、キー入力は必要はありません。

詳細情報

ドキュメント、プレゼンテーション、メール メッセージの 3 つのアプリ ウィンドウと、そのそばのマイクロフォン アイコン

インク エディターで編集が自然に

ペンで一回書くだけで、単語の分割または結合、改行の追加、単語の挿入を行うことができます。とても簡単です。

詳細情報

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

バージョン 1801 (ビルド 9001.xxxx) の新機能と改善された機能をご確認ください。

LinkedIn を使用した最高の履歴書の作成

Word の履歴書アシスタントでは、自分が興味を持っている職種のプロフェッショナルが実際に職歴やスキルをどのように履歴書に記載しているかが示されるため、そこからアイデアを得ることができます。

注: 履歴書アシスタントは現在、一部の国と地域の Word 2016 for Windows で使用できますが、将来はより多くの市場とプラットフォームにリリースすることを予定しています。他の要素が可用性に影響することがあります。詳細については「Not seeing Resume Assistant?」 (履歴書アシスタントが表示されない場合) を参照してください。

バージョン 1710 (ビルド 8625.xxxx) の新機能と改善された機能をご確認ください。

言語の壁を取り除く

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Word で Microsoft Translator を使用して単語、語句、または文書全体を別の言語に翻訳できます。

詳細情報

新しい Office トレーニング センターに関する説明

各種 Office アプリのアイコンと、利用可能なコンテンツの種類を示すタイルが表示されている、Office トレーニング センターのホーム ページ

新しいテンプレート、ヒント、ガイドを使用して (すべて新しい Office トレーニング センターにあります)、Word でより多くの作業を行いましょう。

確認する

デジタル鉛筆

青い鉛筆

新しい鉛筆のテクスチャを使用して、好きな色でアイデアを書き込んだりスケッチしたりできます。

詳細情報

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×