Word for Mac での宛名の差し込み

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

宛名の差し込みのプロセスを使用したレター、メール、ラベル、封筒の作成と印刷には、次の 3 つのファイルが必要です。

  • メイン文書
    このドキュメントには、差し込み文書の各バージョンで同じテキストとグラフィック (ロゴや画像など) が含まれています。封筒または手紙の本文またはメールメッセージの差出人住所は、同一のコンテンツの例です。

  • メーリングリスト
    このドキュメントには、メイン文書に情報を入力するために使用されるデータが含まれています。たとえば、メーリングリストに封筒に印刷される住所が含まれています。

  • 差し込み文書
    この文書は、メイン文書とメーリングリストの組み合わせです。差し込み印刷では、メーリングリストから情報を取得し、メイン文書に入力します。その結果、差し込み文書は、メーリングリストの別のユーザーにパーソナライズされた手紙またはメールまたはラベルまたは封筒になります。

作成するバルク メール文書の種類

バルク メール文書の種類

Word for Mac 2011

Word for Mac 2016

レター

差し込み印刷を使用して定型書簡を作成します。各文字は、別の用紙に印刷されます。

メーリング リストの全員宛てに個別のレターを作成して印刷します。各レターは、別々の用紙に印刷されます。

メール

この機能は Word for Mac 2011 にはありません。

メーリングリストからユーザーごとに電子メールメッセージを作成して送信します

封筒

Word for Mac で差し込み印刷を使用して封筒を作成する

Word for Mac で差し込み印刷を使用して封筒を作成する

ラベル

差し込み印刷を使ってラベルを作成および印刷する

差し込み印刷を使ってラベルを作成および印刷します。各ラベルには異なる郵送先住所が印刷されます。

使用するメーリング リストの種類

Word は、さまざまなデータ ソースからデータを抽出して宛名の差し込みを実行できます。まだメーリング リストを用意していない場合は、宛名の差し込み処理の間に簡単に作成できます。宛名の差し込みに使用できる簡単なデータ ソースをいくつか以下に示します。

  • excelスプレッドシート-excel スプレッドシートは、すべてのデータが1つのシート上にあり、データが Word でよく読めるように書式設定されている場合、差し込み印刷のデータソースとしても機能します。詳細については、「 Word for Mac で差し込み印刷を行うために Excel でデータソースを準備する」を参照してください。

  • outlook 連絡先リスト-outlook 連絡先リストから直接連絡先情報を Word に取得する方法については、「差し込み印刷のデータソースとして outlook の連絡先を使用する」を参照してください。

  • word データファイル-word 文書には1つのテーブルが含まれている必要があります。テーブルの最初の行に見出しが含まれている必要があります。その他の行には、結合するレコードが含まれている必要があります。詳細については、「 Word で差し込み印刷リストを設定する」を参照してください。

バルク メール文書を選択し、メーリング リストを準備したので、次に宛名の差し込みに進みます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×