Word 2016 for Mac で目次を書式設定またはカスタマイズする

Word で目次を作成した後、目次の表示をカスタマイズできます。たとえば、表示する見出しレベルの数や、エントリとページ番号の間に点線を表示するかどうかなどの選択を行うことができます。また、テキストの書式設定を変更でき、その設定は目次を何回更新しても維持されます。

目次の書式設定を行う

  1. [参考資料]、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

    目次スタイルのリストの一番下で、[ユーザー設定の目次] をクリックする

  2. [目次] ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。 変更のプレビューは、右側のボックスに表示されます。

    [目次] ダイアログ ボックス

    • 各エントリとそのページ番号の間に点線を挿入するには、[タブ リーダー] ボックスの一覧をクリックし、線のスタイルを選びます。 すべての線を削除するには、[(なし)] をクリックします。

    • 目次の全体的な外観を変更するには、[書式] の一覧をクリックし、使用する書式をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

目次のテキストの書式を設定する

目次の各レベルのテキストの表示を変更できます。

  1. [参考資料]、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

    目次スタイルのリストの一番下で、[ユーザー設定の目次] をクリックする

  2. [目次] ダイアログ ボックスで、[書式] ボックスの一覧の [任意のスタイル] をクリックします。

  3. ダイアログ ボックスの一番下にある [変更] をクリックします。

  4. [スタイル] ダイアログ ボックスの [スタイル] ボックスの一覧で、変更するレベルをクリックし、[変更] をクリックします。

  5. [スタイルの変更] ダイアログ ボックスで、書式を必要に応じて変更し、[OK] をクリックします。

  6. 目次に表示するすべてのレベルについて、手順 4. と 5. を繰り返します。

目次のレベルを変更または追加する

目次に表示されるレベルの数を変更する最も一般的な方法は、既存の目次を、必要なレベルを含む目次に置き換えることです。 それよりも手間がかからない、より技術的な方法は、フィールド コードの情報を変更することです。

ヒント: 個別の目次エントリのレベルを変更する場合は、文書の本文でその文字列の見出しレベルを変更するだけです。

目次を置き換える

  1. [参考資料]、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

    [参照] タブの [目次] をクリックしてメニューを表示し、[ユーザー設定の目次] をクリックします。
  2. [目次] の [アウトライン レベル] ボックスの一覧で、目次に表示するレベルの数を選び、[OK] をクリックします。

    [目次] ダイアログ ボックスの [目次] タブで、ドキュメントの目次の設定を選択します。

    たとえば、[2] をクリックすると、見出し 1 または見出し 2 のスタイルが適用されたすべての文字列が目次に表示されます。

  3. 既存の目次を置き換えるかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

フィールド コード情報を編集する

特定のコマンドを使用すると、Word によって自動的にフィールド コードが挿入されます。 たとえば、[ページ番号の追加] を使用すると、Word によってページ フィールドが挿入されます。 また、[目次を作成] を使用すると、TOC フィールドが挿入されます。 フィールド コードの詳細については、「Word のフィールド コード」を参照してください。

目次のフィールド コード情報を編集すると、目次に含まれる見出しレベルの数をすばやく変更できます。

  1. 目次のタイトルの後の最初の行の先頭でクリックします。Ctrl キーを押しながらクリックして、[フィールド コードの表示/非表示] をクリックします。

    ヒント: 目次の行内で Ctrlキーを押しながらクリックしてフィールド コードの表示/非表示を切り替えると、その行のフィールド コードのみが表示されます。目次全体のフィールド コードを表示するには、行の先頭または末尾で Ctrl キーを押しながらクリックする必要があります。

    目次に通常表示される見出しの代わりに、フィールド コード情報が中かっこ内に表示されます。

    フィールド コードの表示を切り替えれば、設定を直接編集できます。
  2. 引用符で囲まれている値を変更します。たとえば、2 レベルだけ表示する場合は、"1-3" を "1-2" に変更します。

  3. フィールド コード内で Ctrl キーを押しながらクリックして、[フィールド コードの表示/非表示] をクリックすると、目次の表示を元に戻すことができます。

  4. 目次を更新して変更を確認するには、[参考資料] の [目次の更新] をクリックします。

    ドキュメントの目次を更新するために、[参照] タブの [目次の更新] をクリックします。

関連項目

目次を作成する

目次を更新する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×