Word 2016 for Mac で改ページを追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Word では、文書を作成しているときに各ページの末尾に改ページが自動的に追加されます。

任意の場所に改ページを追加する必要がある場合は (たとえば、後で図面やグラフィックを追加できるようにページの途中で改ページする場合など)、手動で改ページを挿入できます。

You can also use section breaks to control the formatting of your document.

  1. 改ページする位置をクリックします。

  2. Click Insert > Page Break.

    [挿入] タブの [改ページ] が強調表示されている

手動改ページを表示する

改ページを追加した場所を表示するには、[ホーム] タブで [編集記号の表示] をクリックします。

[ホーム] タブの [編集記号の表示] が強調表示されている

改ページは次のようになります。

改ページの例

自動改ページを調整する

改ページを入れたくない行間などの箇所に自動改ページが配置されないようにするため、選択した段落の改ページを調整することができます。

  1. 設定を適用する段落を選択します。

  2. [書式] メニューで [段落] をクリックします。

  3. [段落] ダイアログ ボックスの [改ページと改行] タブをクリックします。

    [段落] ダイアログ ボックスの [改行と改ページ] が強調表示されている

    次の中から必要なオプションを選択します。

    • 改ページ時 1 行残して段落を区切らない: ページの先頭または最後の段落を必ず 2 行以上にします。

    • 次の段落と分離しない: 1 ページにまとめたい複数の段落の間で改ページしません。

    • 段落を分割しない: 段落の途中で改ページしません。

    • 段落前で改ページする: 特定の段落の前に改ページを追加します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×