Word 2016 の基本的な作業

Word 2016 の基本的な作業

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Word 2016 は、プロ品質の文書を作成できるように設計されています。Word は、効率的な情報の整理や文書の作成も支援します。

Word で文書を作成するには、まず、白紙の文書かテンプレートを選びます。テンプレートを使う場合、文書作成の手順を大幅に省略することができます。その後、文書を作成したり、共有したりする基本的な手順は同じです。また、Word の編集ツールや校閲ツールを使うと、他のユーザーと連携して文書の完成度を高めることができます。

ヒント:  新機能の詳細については、「Word 2016 の新機能」を参照してください。

文書の作成を始める

多くの場合を簡単に空白のページで開始するのではなく、テンプレートを使用して新しい文書を作成するはできます。Word テンプレート後日追加に使用できる設定済みのテーマのスタイルとします。実行する必要があるは、コンテンツを追加するだけです。

Word を起動するたびに、ギャラリーからテンプレートを選び、カテゴリをクリックして、含まれているテンプレートを表示したり、より多くのテンプレートをオンラインで検索できます

テンプレートの詳細を確認するには、テンプレートをクリックして大きなプレビューを開きます。

テンプレートを使わない場合は、[白紙の文書] をクリックします。

Word のスタート画面

文書を開く

Word を起動するたびに、左側の列に最近使った文書の一覧が表示されます。探している文書が見つからない場合は、[他の文書を開く] をクリックします。

最近使ったドキュメントの一覧が表示されます。

既に Word を起動している場合は、[ファイル]、[開く] の順にクリックして、ファイルの場所を参照します。

以前のバージョンの Word で作成したドキュメントを開くときに、文書ウィンドウのタイトル バーに互換モードを参照してください。その他の互換性に作業できるまたはWord 2016を使用する文書をアップグレードすることができます。詳細については、以前のバージョンの Word で文書を開くを参照してください。

文書を保存する

初めて文書を保存する場合は、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブの [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. 文書の保存先を参照します。

    注:  文書を PC に保存するには、[この PC] の下のフォルダーを選ぶか、[参照] をクリックします。 オンラインに保存するには、[名前を付けて保存] でオンライン上の場所を選ぶか、[場所の追加] をクリックします。 ファイルがオンラインの場合は、リアルタイムで共有、フィードバックの提供、共同作業を実行できます。

  3. [保存] をクリックします。

    注: 保存するファイルの形式は自動的に .docx 形式になります。文書を .docx 以外の形式で保存するには、[ファイルの種類] ボックスの一覧をクリックし、希望のファイル形式を選びます。

文書を保存して作業を続ける場合は、クイック アクセス ツール バーの [上書き保存] をクリックします。

クイック アクセス ツール バーに [保存] アイコンが表示される

文書を読む

閲覧モードで文書を開くと、ほとんどのボタンとツールが非表示になるため、気を散らさずに集中して読むことができます。

閲覧モード

  1. 読みたい文書を開きます。

    注: 保護された文書、添付ファイルなどの一部の文書は、自動的に閲覧モードで開かれます。

  2. [表示]、[閲覧モード] の順にクリックします。

  3. 文書内の別のページに移動するには、次のいずれかの操作を行います。

    • ページの左右にある矢印をクリックします。

    • キーボードの PageDown キーまたは PageUp キーを押すか、Space キーまたは BackSpace キーを押します。矢印キーまたはマウスのスクロール ホイールを使うこともできます。

    • タッチ デバイスを使っている場合は、指で左か右へスワイプします。

      ヒント: 文書をもう一度編集するには、[表示]、[文書の編集] の順にクリックします。

変更履歴の記録

文書を共同で作成している場合も、自分だけで編集している場合も、[変更履歴の記録] をオンにするとすべての変更を確認できます。追加、削除、移動、書式設定の変更が、すべて記録されます。

  1. 校閲する文書を開きます。

  2. [校閲]、[変更履歴の記録] の順にクリックし、[変更履歴の記録] を選びます。

    [変更履歴の記録] ボタンをクリックすると使用可能なオプションが強調表示される

変更履歴の記録の詳細をご覧ください。

文書を印刷する

印刷後の文書の見た目の確認、印刷オプションの設定、そして印刷は、すべて 1 か所で行うことができます。

  1. [ファイル] タブの [印刷] をクリックします。

    Backstage ビューでの印刷

  2. 次の操作を行います。

    • [印刷] の [部数] ボックスに、印刷する部数を入力します。

    • [プリンター] で、使用するプリンターが選択されていることを確認します。

    • [設定] では、そのプリンターの通常の印刷設定が自動的に選択されています。設定を変更するには、変更する設定をクリックし、新しい設定を選びます。

  3. 設定が終了したら、[印刷] をクリックします。

詳細については、「Word で文書を印刷する」を参照してください。

応用

Word の基本的な使い方については、「Word 2016 の新機能」を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×