Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

True を検索し、[フォームのようなドキュメントを作成するのには Microsoft Office Word を使用することができますが、Word がフォーム デザイン プログラムではなく、ワード プログラムとして最適です。逆に、Microsoft Office InfoPath では、専用のデザインと電子フォームに記入作成されています。既存の Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換する場合は、InfoPath ではインポート ウィザードを使用することができます。デザイン、発行、およびフォームの入力の専用の InfoPath 機能の利点を実行できます。たとえば、売上報告書フォーム テンプレートで売上予測下回る数値に自動的に赤の背景色を適用するのに条件付き書式を使用することができます。同じフォーム テンプレートの送信] ボタンをクリックしたときに、メール メッセージの添付ファイルとして送信するのには、そのフォーム テンプレートに基づくフォームを有効にするのに、 ルールを使用できます。さらに、ことができますフォーム テンプレートに利用可能な幅広いユーザーに、 ブラウザー対応フォーム テンプレートを作成しています。

Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換すると、後のフォーム テンプレートは、Word 文書のレイアウトを近いします。さらに、特定の条件に一致する Word 文書内のアイテムは、適切なコントロールにデータを入力できるユーザーを自動的に変換されます。たとえば、Word 文書に複数のスペースを囲む角かっこが含まれているテキスト入力フィールドとしてそのかっこ内の領域を使用して作成されたフォーム テンプレートのテキスト ボックス コントロールに変換します。 InfoPath ものとします。Word フォーム フィールドは、InfoPath での対応するコントロールに変換されます。

Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換するためのオプションを変更するのには、[インポート オプション] ダイアログ ボックスで、設定を使用できます。

この記事では、基本的な概念と機能と変換プロセスでサポートされていない設定も含めて、InfoPath フォーム テンプレートを Word 文書に変換する手順について説明します。

この記事の内容

Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換する方法

Word の機能と変換中に完全にサポートされていない設定

Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換します。

繰り返しテーブルにレイアウト用の表を変更します。

オプション ボタンのグループにチェック ボックスを変更します。

[デザイン チェック] 作業ウィンドウの変換の問題を確認します。

Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換する方法

Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換すると、新しいフォーム テンプレートを作成するのには、構想のようなドキュメントが使用されます。フォーム テンプレートで可能な限りよくドキュメントの基本的な構造が再作成します。Word のドキュメント、"フォーム"フィールドは、特定の種類の名前や住所などのデータが保存されている場所。ドキュメント、テキスト ボックスに変換すると、Word のフォーム フィールドを含める場合は] チェック ボックスとドロップダウン リスト ボックス コントロールが Word 文書内のフィールドの場所に対応する場所に InfoPath フォーム テンプレートに追加されます。また、InfoPath では、繰り返しテーブルとリッチ テキスト ボックス、動作することがあるされ、適切なコントロールに変換する Word 文書の各部分を自動的に検出します。たとえば、経費レポートをドキュメントには、ユーザーが特定の経費についての注意事項を入力できる空白の下線付きの領域が含まれている場合 InfoPath はその領域リッチ テキスト ボックスに変換します。ユーザーをリッチ テキスト ボックスで、複数の行のテキストを入力し、必要に応じて、そのテキストの書式設定します。

InfoPath のインポート ウィザード、生成される InfoPath フォーム テンプレートを使用して、変換する Word 文書の間の関係を理解するのには、ある数年前に、組織が使われて ExpenseReport.doc と呼ばれる Word 文書を想像してください。従業員経費レポート データを収集します。IT 部門は、その文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換して、フォームに送信できる拡張マークアップ言語 (XML) として買掛金勘定システムにできるようにしようとします。

ExpenseReport.doc をフォーム テンプレートに変換するのには、インポート ウィザードを使用している場合、InfoPath は ExpenseReport.xsn と呼ばれるフォーム テンプレートを作成します。次の例では、Word 文書内で経費詳細テーブルが生成される InfoPath フォーム テンプレートの繰り返しテーブルに変換されたします。繰り返しテーブルでは、挿入するショートカット メニューのコマンド] をクリックして必要な経費を削除することができます。

InfoPath の繰り返しテーブルに変換された Word のテーブル

Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換すると、レイアウトとその他の要素は保持されます。既定では、InfoPath の繰り返しテーブル内の空の行の数は Word の表に空の行の数と一致します。ただし、既定で行を 1 つまたは 2 つだけを表示することで、フォーム テンプレートに領域を節約できます。

新しいフォーム テンプレートには、経費の情報を収集するため、テーブルなど、Word 文書に含まれるような要素が含まれています。ただしの設定に応じて、インポート ウィザードで選択した一部の機能は後のフォーム テンプレートの異なる場合があります。

  • レイアウトのみを保持することによって、Word 文書をインポートするのにはインポート ウィザードを使用するかどうか   結果のフォーム テンプレートには、経費報告書で明細項目を入力するための繰り返しテーブルが含まれています。ただし、フォーム フィールド名] ボックスに、部門ドロップダウン リストから、除算のチェック ボックスなど、元の文書は、後のフォーム テンプレートから破棄されます。

  • Word 文書、レイアウトを保持し、Word のフォーム フィールド コントロール (既定) に変換すると、インポートするのにはインポート ウィザードを使用するかどうか   結果のフォーム テンプレートには、経費報告書で明細項目を入力するための繰り返しテーブルが含まれています。フォーム フィールド名] ボックスに、部門ドロップダウン リストから、除算のチェック ボックスなど、元の文書は、対応する InfoPath のコントロールに変換されます。

  • Word 文書、レイアウトを保持し、フォームのフィールド (ユーザー設定) のコントロールに変換すると、インポートするのにはインポート ウィザードを使用するかどうか   経費明細書をインポートすると、フィールドを取得変換と正確に指定できます。たとえば、後のフォーム テンプレートのテキスト ボックスに、文書内の空のテーブルのセルを変換するためのオプションを無効にすることができます。

ページの先頭へ

Word の機能と変換中に完全にサポートされていない設定

一部の設定と Word 文書の書式は、InfoPath フォーム テンプレートではサポートされません。このような設定を含む Word 文書を変換すると、その機能や設定後のフォーム テンプレートが含まれません。たとえば、Word 文書に変更履歴のマークがある場合は、変更履歴マーク破棄されます後のフォーム テンプレートの InfoPath では、この機能はサポートされていないため。

デザイン モードで、[デザイン チェック] 作業ウィンドウを使用すると、変換で問題を検出します。これらの問題を修正するのには、アクションを実行できます。

以下は、リストの機能と設定を Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換する場合は保持されません。場合によっては、書式は破棄が、基になるテキストは保持されます。たとえば、ニュースレター スタイルの段組みがある場合は、InfoPath は、列を破棄するが、これらの列に含まれているテキストをインポートします。

  • ブックマーク

  • アニメーション効果のあるテキスト

  • テーマ

  • 透かし

  • 行番号

  • ページ罫線

  • 脚注と文末脚注

  • ニュースレター スタイルの列のレイアウト

  • 添付ファイル

  • Microsoft Office Excel ワークシートと Microsoft Office Visio 図面などのリンクまたは埋め込みオブジェクト

  • 描画オブジェクト (オートシェイプ、曲線、行数、およびワードアートを含む)

  • 文字幅と間隔 (を含む拡大/縮小、間隔の間隔、発生または、テキストの配置を下げるカーニングを行う)

  • ActiveX コントロール

  • コメントと変更履歴を (などの挿入、削除、および書式設定の変更)

  • Microsoft Office Word 2007 (文書パーツ コンテンツ コントロールを含む) に固有の一部の機能

  • 印刷の設定 (ヘッダーとフッター、さまざまな奇数と偶数ページのヘッダーとフッター、別々 のヘッダーおよびフッターを最初のページ、余白の設定、上下の余白は、別のページの向きの負の値の [書式の混在の文字を含む個々 のセクションの設定)

注: パスワードを使わずにいくつかの Word 文書を変更することはできません。場合、文書の場合は、されないことができます InfoPath に正常にインポートします。問題を修正するのには、インポートする前に、ドキュメントからパスワードによる保護を削除してみてください。さらに、一部のドキュメントは、特定の種類のフォーム フィールドのデータを入力するなどのアクションを編集するユーザーを制限します。場合、文書の場合は、されないことができます InfoPath に正常にインポートします。この問題を修正するのには、インポートする前に、文書の編集の制限を削除してみてください。

次の一覧では、機能と設定を Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換すると、部分的にサポートについて説明します。

縦書きテキスト   InfoPath では、書式設定、Word 文書の表セル内に縦書きのテキストがある場合、縦書きテキストを保持します。InfoPath では、縦書きのテキストを Word 文書の別の場所に表のセルの外部で、縦書きの文字列が見つかった場合、Word 文書を変換するときに書式設定を破棄します。

テキスト ボックス   Word 文書では、テキスト ボックスは、ページ上に配置およびサイズが可能なテキストのコンテナーです。Word 文書にテキスト ボックスが含まれている場合、そのテキスト ボックスは後のフォーム テンプレートの表のセルに変換されます。テキスト ボックス内のテキストは、後のフォーム テンプレートの表のセルに表示されます。

下線付きテキスト   下線が、InfoPath フォーム テンプレートでサポートされます。ただし、Word 文書で任意の装飾的な引用符または二重下線では、後のフォーム テンプレート内の 1 つの下線に変換されます。

ハイパーリンクはサポートされていないプロトコルを参照します。    すべてのハイパーリンクが変換されますが、ユーザーが後のフォーム テンプレート内のリンクをクリックしたときにハイパーリンクが動作しない、ハイパーリンクが HTTP、HTTPS、ファイル、FTP、または MAILTO 以外のプロトコルを使用する場合。

文字スタイルと文字の効果   変換の処理中に上付き、下付き、および単一の取り消し線の書式が保持されます。その他の書式設定のスタイルとテキストのアウトラインの詳細、隠し文字、影の書式設定] などの効果] は変換処理中に破棄します。浮き出し効果や浮き彫りのテキストは、後のフォーム テンプレートの灰色のテキストに変換されます。

セクションの設定   Word では、ページまたはページ間で文書のレイアウトを変更するセクションを使用します。InfoPath では、次の種類のセクションで、変換処理中には破棄はサポートされていません。作成された InfoPath フォーム テンプレートには、Word 文書の最初のセクションに適用されているすべての設定が適用されます。

ヘッダーとフッターの書式   Word 文書にヘッダーとフッターのテキストは、結果の InfoPath フォーム テンプレートのヘッダーとフッターのテキストに変換されます。文字の書式設定の一部は、変換処理中に破棄可能性があります。たとえば、Word 文書のヘッダーの [書式の太字、斜体の両方を使用すると、InfoPath は後のフォーム テンプレート内の最初の書式スタイルを使用して、残りの書式設定を破棄します。同様に、Word 文書の最初のヘッダーまたはフッターのセクションに適用されているすべての設定は、結果のヘッダーまたはフッター テキストを InfoPath フォーム テンプレートに適用されます。

フォントの変換   InfoPath フォントからインポート Word 文書を新しいフォーム テンプレートを作成する場合、文書内のフォントは、インポートを実行するコンピューターで使えるようにいない場合、別のフォントは自動的にフォーム テンプレートの選択されます。

負のページの余白   0 と負の上下の余白がインポートされます。

負の余白、間隔、インデントの設定   0 と負の余白、間隔、インデントの設定がインポートされます。

ページの先頭へ

Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換する

  1. インポートする Word 文書が開いている場合は、閉じます。

  2. デザイン モードで、[ファイル] メニューには、[フォームのインポート] をクリックします。

  3. インポート ウィザードでは、 Word 文書の InfoPath のインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. [参照] をクリックします。

  5. Word 文書に変換する] をクリックし、[開く] をクリックします。

    注: 制限付きアクセス許可を持つ Word 文書をインポートする場合は、ドキュメントへのフル コントロール アクセスが必要です。のみがある場合は、ドキュメントへの閲覧や変更のアクセスをインポートしようとしたときにするエラー メッセージが表示されます。

  6. 既定のインポートの動作を変更するには、オプション] をクリックし、[オプションを指定します。

  7. [完了] をクリックします。

ページの先頭へ

繰り返しテーブルにレイアウト用の表を変更します。

Word 文書には、テーブルが含まれている場合 InfoPath 可能性がありますに変換するレイアウト テーブルまたは後のフォーム テンプレートの繰り返しテーブル。テーブルの選択の種類は、Word 文書で行った設計上の決定に依存します。繰り返しテーブルに変換済みのレイアウト テーブルをすばやく変更するのには、次の手順を使用することができます。

繰り返しテーブルを使用して、フォームに入力するとき、ユーザーの柔軟性を提供することができます。繰り返しテーブルを使用しているときに、ユーザーが最初に開いたときに、多数の空白行を表示するフォーム テンプレートが利用されていません。代わりに、ユーザーは、通常は 1 つの行を表示し、のみし、必要な場合の詳細を追加します。これは、フォームにスペースを節約し、ユーザーの個人用設定を提供します。

  1. フォーム テンプレートに変換するレイアウト テーブル内の任意の場所右クリックします。

  2. 、ショートカット メニューの [変更] をポイントし、[繰り返しテーブル] をクリックします。

  3. 繰り返しテーブルへの変更] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 繰り返しテーブルの見出し行を指定するには、[テーブルの見出しとして保持する行の数] ボックスで、値を入力します。通常、列見出しには、見出し行を使用します。

    • 繰り返しテーブルのフッター行を指定するには、[テーブルのフッターとして保持する行の数] ボックスで、値を入力します。多くのテーブルのフッター行を含めません。

    • 使用するデータの行の数を指定するには、繰り返し行の数がフォームに入力中に含める] ボックスに値を入力します。[データの行が必要な回数だけフォームの「繰り返す」ことができます。

  4. [挿入] メニューで、コントロールの選択] をクリックするかキーを押して ALT + は、C.

  5. 表のセルに目的のコントロールを挿入します。

ページの先頭へ

チェック ボックスをオプション ボタンのグループに変更する

Word 文書に複数のチェック ボックスを使用した場合、InfoPath では、作成された InfoPath フォーム テンプレート内のチェック ボックスでインポートされます。オプション ボタンのグループを使用する場合は、フォーム テンプレート内のオプション ボタン、チェック ボックスに変換するには、次の手順に従います。

Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートのオプション ボタンのグループを使用するには、限られたオプションから 1 つのオプションを選択することができるようにする場合。

  1. フォーム テンプレートでは、いずれかの変換するには、ctrl キーを押しながらし、追加チェック ボックスを変換する] をクリックする] チェック ボックスをクリックします。

  2. [編集] メニューで、変更] をポイントし、[オプション] をクリックします。

    フォーム テンプレート内のチェック ボックスの代わりに、オプション ボタンのグループが表示されます。各オプション ボタンは、データ ソースの同じフィールドにバインドされます。ユーザーは、オプション ボタンをクリックすると、そのオプション ボタンに関連付けられている値は、フィールドに保存されます。

ページの先頭へ

[デザイン チェック] 作業ウィンドウの変換の問題を確認します。

場合によっては、要素を元の Word 文書から作成された InfoPath フォーム テンプレートで想定どおりに表示されないか、変換処理時に削除されます。たとえば、InfoPath では、Word のワードアート機能をサポートしていませんし、後のフォーム テンプレートのプレース ホルダー画像でワードアート オブジェクトを置き換えます。

InfoPath では、変換処理中に問題が検出された場合のインポート ウィザードを閉じた後で、 [デザイン チェック] 作業ウィンドウが自動的が開きます。作業ウィンドウでは、問題の一覧を確認し、その修正に必要な手順を実行できます。

  1. [デザイン チェック] 作業ウィンドウが表示されない場合は、ツール] メニューの [デザイン チェックをクリックします。

    フォーム テンプレートで問題がある場合は、作業ウィンドウでメッセージが表示されます。

  2. [デザイン チェック] 作業ウィンドウで、確認するメッセージのテキストをクリックします。

    ダイアログ ボックスでは、問題に関する追加情報が表示されます。

    注: Word 文書には、サポートされていません] など、Word の描画オブジェクトをオブジェクトが含まれている場合、[InfoPath プレース ホルダーの画像に追加後のフォーム テンプレートでは、オブジェクトを元の Word 文書にあることを示します。オブジェクトの詳細については、フォーム テンプレート上のプレース ホルダー画像を右クリックし、ショートカット メニューの [詳細] をクリックします。

  3. 必要に応じて、フォーム テンプレート内の問題を修正します。たとえば、完成したフォーム テンプレートで使用するためのものでは、任意のプレース ホルダー画像を削除することがあります。

注: [デザイン チェック] 作業ウィンドウにはで、[更新] ボタンが含まれているが発生する可能性があります。[更新] ボタンをクリックすると、Word 文書を InfoPath にインポートの結果として表示されるメッセージを更新しません。デザイン チェック] 作業ウィンドウからのインポートのメッセージを削除するには場合、は、リソース ファイル] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) を開き ImportErrors.xml という名前のファイルを削除する必要があります。このファイルは、Word 文書を InfoPath にインポートするときに自動的に作成されます。ImportErrors.xml ファイルを削除した後でメッセージをインポートを完全に削除するのには [デザイン チェック] 作業ウィンドウで [更新] をクリックします。ImportErrors.xml ファイルは、フォーム テンプレートが正常に機能するは必要ありません。実際には、セキュリティ上の理由の場合、フォーム テンプレートを発行する前に、このファイルを削除することをお勧めします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×