スキップしてメイン コンテンツへ
Office
共有と共同編集

Word 文書で共同作業する

Word 文書でリアルタイム共同編集によりコラボレーションする

他のユーザーが Word 文書を共有している場合、受信したメールには、web ブラウザーで文書を開くためのリンク ( Web 用 Word) が含まれます。 [文書の編集]、[ブラウザーで編集] の順にクリックします。

Word for web で [ブラウザーで編集] を選択して編集する

他のユーザーがドキュメントに対して作業している場合は、そのプレゼンスと変更内容が表示されます。 この共同編集、またはリアルタイムの共同作業を発信します。

リアルタイム コラボレーション

ここから、Word アプリで作業する場合は、ウィンドウの上部にある [編集] から[デスクトップアプリ] に切り替えます。

デスクトップ アプリで開く

次のいずれかのバージョンの Word を使用している場合、 Office 365 のサブスクライバーであれば、共同編集を行うことができます。

  • Windows 版 Word 2016

  • Word 2016 for Mac

  • モバイルデバイス (Android、iOS、または Windows) での Word

以前のバージョンの Word を使用している場合、またはサブスクライバーでない場合は、他のユーザーが作業しているときに、そのドキュメントを編集することはできますが、リアルタイムの共同作業はできません。 他のユーザーの変更を確認して自分を共有するには、ドキュメントを随時保存する必要があります。

マクロを含むドキュメント (.docm)

文書にマクロ (.docm) が含まれている場合でも、編集して共同作業を行うことができます。 他の文書 (マクロの実行など) と同じようにコンテンツを開いたり編集したりすることができます。 マクロコードを編集する必要がある場合は、ファイルをチェックアウトし、コードを編集して、もう一度チェックインします。

マクロの詳細

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×