Word を初めて使用する方へ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、Microsoft Word の基本的な概念について説明しています。新しいユーザーは、洗練されたプロ並みの文書の作成を開始できます。

  1. [スタート] ボタン Windows の [スタート] ボタン をクリックするか、キーボードの Windows キーを押して [スタート] メニューを表示します。

  2. アプリケーションの一覧で、Word を見つけてクリックします。起動画面が表示され、Word が起動します。

    ヒント: word を初めて起動したときに、 Microsoft ソフトウェアライセンス条項が表示されることがあります。

Word を終了するには、画面の右上隅にある [ xボタン 終値 ] をクリックします。

文書を最後に保存してから変更を加えた場合は、変更を保存するかどうかを確認するメッセージボックスが表示されます。変更を保存するには、[はい] をクリックします。変更を保存せずに終了するには、[いいえ] をクリックします。誤って [ x ] ボタンをクリックした場合は、[キャンセル] を選びます。

ページの先頭へ

Word ユーザーインターフェイス

1   タイトルバー: 編集されているドキュメントのファイル名と、使用しているソフトウェアの名前が表示されます。標準の [最小化]、[復元]、[閉じる] ボタンも含まれます。

2   クイックアクセスツールバー: [保存]、[元に戻す]、[やり直し] など、よく使用されるコマンドはここにあります。クイックアクセスツールバーの最後にはプルダウンメニューがあり、その他の一般的なコマンドや一般的に使用されている必要があります。

3    [ファイル] タブ: [新規作成]、[名前を付けて保存]、[印刷]、[閉じる] など、 文書の内容ではなく、ドキュメント自体に作用するコマンドを見つけるには、このボタンをクリックします。

4   リボン: 作業に必要なコマンドはここにあります。リボンの外観は、モニターのサイズによって変わります。小さいモニターに対応するようにコントロールの配置を変更することによって、Word でリボンが圧縮されます。

5   編集ウィンドウ: 編集しているドキュメントの内容が表示されます。

6   スクロールバー: 編集しているドキュメントの表示位置を変更できます。

7   ステータスバー: 編集しているドキュメントに関する情報が表示されます。

8   ズームスライドコントロール: 編集しているドキュメントのズーム設定を変更できます。

ページの先頭へ

Word では、文書を保存して、作業内容を失わずにプログラムを終了できるようにする必要があります。文書を保存すると、コンピューターまたはネットワーク上の場所にファイルとして格納されます。後で、ファイルを開いて変更し、印刷することができます。

文書を保存するには、次の操作を行います。

  1. クイックアクセスツールバーの [保存] をクリックします。[名前を付けて保存] ウィンドウが表示されます。

  2. 文書を保存する場所を選び、[ファイル名] ボックスにファイル名を入力します。ファイル名を変更するには、新しいファイル名を入力します。

  3. [保存] をクリックします。

Word 文書を開いて作業を再開することができます。ドキュメントを開くには、次の操作を行います。

  1. ファイルエクスプローラーを開き、[ドキュメント] をクリックします。ドキュメントのリストが表示されます。

  2. 作業対象のドキュメントがリストにある場合は、ファイル名をクリックして文書を開きます。ドキュメントがリストにない場合は、ファイルを保存した場所に移動し、ファイルをダブルクリックします。Word の [起動] 画面が表示され、文書が表示されます。

ヒント: [ファイル] タブをクリックし、[開く] をクリックして、Word 内から文書を開くこともできます。最近保存した文書を開くには、[最近] をクリックします。

ページの先頭へ

テキストを編集または書式設定する前に、最初にテキストを選択する必要があります。テキストを選択するには、次の手順に従います。

  1. 編集または書式設定するテキストの先頭にカーソルを置き、マウスの左ボタンを押します。

  2. マウスの左ボタンを押しながら、テキストを選択するには、右に移動します ("ドラッグ" と呼ばれます)。選択範囲を示すために、選んだテキストの場所に背景色が追加されます。

[ホーム] タブをクリックし、[フォント] グループから選択して、ほとんどのテキストの書式設定ツールを見つけることができます。

Word 2010 のリボン

1    [ホーム] タブです。

2    [ホーム] タブの [フォント] グループです。

3   これは太字のボタンです。[フォント] グループ内のすべてのボタンの名前と関数については、次の表を参照してください。

ボタン

名前

関数

フォント ボタン

フォント

フォントを変更します。

[フォント サイズ] ボタン

フォントサイズ

テキストのサイズを変更します。

[フォントの拡大] ボタン

フォントを拡大する

テキストのサイズを大きくします。

[フォントの縮小] ボタン

フォントを縮小する

テキストのサイズを小さくします。

[文字種の変換] ボタン

文字種の変換

選択したすべてのテキストを大文字、小文字、またはその他の一般的な資本に変更します。

[書式のクリア] ボタン

書式のクリア

選択したテキストのすべての書式設定をクリアし、テキストのみを残します。

[太字] ボタン

太字

選択したテキストを太字にします。

[斜体] ボタン

斜体

選択したテキストを斜体します。

[下線] ボタン

下線

選択したテキストの下に線を描画します。ドロップダウン矢印をクリックして、下線の種類を選択します。

[取り消し線] ボタン

取り消し線

選択したテキストの中央に線を描画します。

[購読] ボタン

下付き

下付き文字を作成します。

[上付き] ボタン

上付き

上付き文字を作成します。

[文字の効果] ボタン

文字の効果

影、光彩、反射など、選択したテキストに視覚効果を適用します。

[蛍光ペンの色] ボタン

テキストの強調表示の色

蛍光ペンでマークされたようなテキストの外観にします。

[フォントの色] ボタン

フォントの色

テキストの色を変更します。

ページの先頭へ

スタイルを使用すると、見出し、タイトル、サブタイトルなど、文書内の主要な要素をすばやく書式設定できます。次の手順に従って、文書内のテキストにスタイルを適用します。

  1. 変更するテキストを強調表示します。

  2. [スタイル] グループの [ホーム] タブで、任意のスタイルの上にポインターを置いて、ドキュメント内で直接ライブプレビューを表示します。スタイルの完全な一覧を表示するには、[その] 矢印をクリックして [スタイル] ウィンドウを開きます。

  3. テキストに最適なスタイルを適用するには、それをクリックするだけです。

個々の要素にスタイルを適用したら、Word では、スタイルセットを使用して、文書全体の外観を一度に変更できます。

  1. [デザイン] タブの [ドキュメントの書式設定] グループで、[基本] や [カジュアル] など、定義済みのスタイルセットのいずれかを選択します。任意のスタイルセットの上にポインターを置いて、ドキュメント内で直接ライブプレビューを表示します。さらに定義済みのスタイルセットを表示するには、[文書の書式設定] グループの右側にある下向き矢印をクリックします。

  2. テキストに最適なスタイルセットを適用するには、それをクリックするだけです。

ページの先頭へ

Word では、文書内の行と段落の間隔を簡単に変更できます。

  1. [デザイン] タブの [段落の間隔] をクリックして、[段落の間隔] オプションのドロップダウンリストを表示します。任意の段落間隔スタイルの上にポインターを置いて、ドキュメント内で直接ライブプレビューを表示します。

  2. 目的の外観が見つかったら、それをクリックします。

ヒント: 独自の段落間隔を定義するには、[ユーザー設定の段落の間隔] を選びます。

ページの先頭へ

実際に印刷しなくても、文書のレイアウトがどのように印刷されるかをプレビューするのは簡単です。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [印刷] をクリックして、文書のプレビューを表示します。

  3. 変更する必要があるプロパティの設定を確認します。

  4. プリンターとドキュメントのプロパティが目的の方法で表示されたら、[印刷] をクリックします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ページの先頭へ

word を使用するには、[スタート] メニューで単語アイコンを探してクリックします。

  1. [スタート]ボタン ボタンの画像 をクリックして、[スタート] メニューを表示します。

  2. [すべてのプログラム]、[ Microsoft Office] の順にポイントして、[Microsoft Word 2010] をクリックします。

  3. 起動画面が表示され、Word が起動します。

ヒント: word を初めて起動したときに、 Microsoft ソフトウェアライセンス条項が表示されることがあります。

終了するには、[ファイル] タブの [終了] を選びます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [終了] を選びます。

文書を最後に保存してから変更を加えた場合は、変更を保存するかどうかを確認するメッセージボックスが表示されます。変更を保存するには、[はい] をクリックします。変更を保存せずに終了するには、[いいえ] をクリックします。誤って [終了] ボタンをクリックした場合は、[キャンセル] を選びます。

ページの先頭へ

Word ウィンドウの要素

1   タイトルバー: 編集されているドキュメントのファイル名と、使用しているソフトウェアの名前が表示されます。標準の [最小化]、[復元]、[閉じる] ボタンも含まれます。

2   クイックアクセスツールバー: [保存]、[元に戻す]、[やり直し] など、よく使用されるコマンドはここにあります。クイックアクセスツールバーの最後にはプルダウンメニューがあり、その他の一般的なコマンドや一般的に使用されている必要があります。

3    [ファイル] タブ: [新規作成]、[名前を付けて保存]、[印刷]、[閉じる] など、 文書の内容ではなく、ドキュメント自体に作用するコマンドを見つけるには、このボタンをクリックします。

4   リボン: 作業に必要なコマンドはここにあります。リボンの外観は、モニターのサイズによって変わります。小さいモニターに対応するようにコントロールの配置を変更することによって、Word でリボンが圧縮されます。

5   編集ウィンドウ: 編集しているドキュメントの内容が表示されます。

6   スクロールバー: 編集しているドキュメントの表示位置を変更できます。

7   ステータスバー: 編集しているドキュメントに関する情報が表示されます。

8    [表示] ボタン: 編集しているドキュメントの表示モードを自分のニーズに合わせて変更できます。

9   ズームスライドコントロール: 編集している文書のズーム設定を変更できます。

ページの先頭へ

Word では、文書を保存して、作業内容を失わずにプログラムを終了できるようにする必要があります。文書を保存すると、コンピューターにファイルとして格納されます。後で、ファイルを開いて変更し、印刷することができます。

文書を保存するには、次の操作を行います。

  1. クイックアクセスツールバーの [保存] をクリックします。

  2. [保存先] ボックスに文書を保存する場所を指定します。文書を初めて保存するときに、ドキュメント内のテキストの最初の行が [ファイル名] ボックスにファイル名として事前に入力されます。ファイル名を変更するには、新しいファイル名を入力します。

  3. [保存] をクリックします。

  4. ドキュメントはファイルとして保存されます。タイトルバーのファイル名が、保存したファイル名を反映するように変更されます。

Word 文書を開いて作業を再開することができます。ドキュメントを開くには、次の操作を行います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ドキュメント] をクリックします。

  2. ファイルを保存した場所に移動し、ファイルをダブルクリックします。Word の [起動] 画面が表示され、文書が表示されます。

ヒント: [ファイル] タブをクリックし、[開く] をクリックして、Word 内から文書を開くこともできます。最近保存した文書を開くには、[最近使用したファイル] をクリックします。

.

ページの先頭へ

テキストを編集または書式設定する前に、最初にテキストを選択する必要があります。テキストを選択するには、次の手順に従います。

  1. 編集または書式設定するテキストの先頭にカーソルを置き、マウスの左ボタンを押します。

  2. マウスの左ボタンを押しながら、テキストを選択するには、右に移動します ("ドラッグ" と呼ばれます)。選択範囲を示すために、選んだテキストの場所に背景色が追加されます。

ほとんどのテキスト書式設定ツールは、[ホーム] タブをクリックし、[フォント] グループから選択することによって検出されます。

Word 2010 のリボン

1    [ホーム] タブです。

2    [ホーム] タブの [フォント] グループです。

3   これは太字のボタンです。[フォント] グループ内のすべてのボタンの名前と関数については、次の表を参照してください。

ボタン

名前

関数

フォント ボタン

フォント

フォントを変更します。

[フォント サイズ] ボタン

フォントサイズ

テキストのサイズを変更します。

[フォントの拡大] ボタン

フォントを拡大する

テキストのサイズを大きくします。

[フォントの縮小] ボタン

フォントを縮小する

テキストのサイズを小さくします。

[文字種の変換] ボタン

文字種の変換

選択したすべてのテキストを大文字、小文字、またはその他の一般的な資本に変更します。

[書式のクリア] ボタン

書式のクリア

選択したテキストのすべての書式設定をクリアし、テキストのみを残します。

[太字] ボタン

太字

選択したテキストを太字にします。

[斜体] ボタン

斜体

選択したテキストを斜体します。

[下線] ボタン

下線

選択したテキストの下に線を描画します。ドロップダウン矢印をクリックして、下線の種類を選択します。

[取り消し線] ボタン

取り消し線

選択したテキストの中央に線を描画します。

[購読] ボタン

下付き

下付き文字を作成します。

[上付き] ボタン

上付き

上付き文字を作成します。

[文字の効果] ボタン

文字の効果

影、光彩、反射など、選択したテキストに視覚効果を適用します。

[蛍光ペンの色] ボタン

テキストの強調表示の色

蛍光ペンでマークされたようなテキストの外観にします。

[フォントの色] ボタン

フォントの色

テキストの色を変更します。

ページの先頭へ

スタイルを使用すると、見出し、タイトル、サブタイトルなど、文書内の主要な要素をすばやく書式設定できます。次の手順に従って、文書内のテキストにスタイルを適用します。

  1. 変更するテキストを強調表示します。

  2. [スタイル] グループの [ホーム] タブで、任意のスタイルの上にポインターを置いて、ドキュメント内で直接ライブプレビューを表示します。

  3. テキストに最適なスタイルを適用するには、それをクリックするだけです。

個々の要素にスタイルを適用したら、 Word 2010を使用すると、ドキュメント全体の外観を一度に変更できます。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] グループで、[スタイルの変更] をクリックします。

  2. [スタイルセット] をポイントして、定義済みのスタイルセットを検索します。任意のスタイルセットの上にポインターを置いて、ドキュメント内で直接ライブプレビューを表示します。

  3. 目的の外観が見つかったら、それをクリックします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ページの先頭へ

Word 2010を使用すると、文書内の行と段落の間隔を簡単に変更できます。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] グループで、[スタイルの変更] をクリックします。

  2. [段落の間隔] をポイントして、組み込みの段落間隔スタイルの選択を見つけます。任意の段落間隔スタイルの上にポインターを置いて、ドキュメント内で直接ライブプレビューを表示します。

  3. 目的の外観が見つかったら、それをクリックします。

ヒント: 独自の段落間隔を定義するには、[ユーザー設定の段落の間隔] を選びます。

ページの先頭へ

実際に印刷しなくても、文書のレイアウトがどのように印刷されるかをプレビューするのは簡単です。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [印刷] をクリックして、文書のプレビューを表示します。

  3. 変更する必要があるプロパティの設定を確認します。

  4. プリンターとドキュメントのプロパティが目的の方法で表示されたら、[印刷] をクリックします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×