Word のフィールド コード一覧

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Word のフィールドは、文書内で変更される可能性のあるデータのプレースホルダーや、差し込み文書内で定型書簡やラベルを作成する場合のプレースホルダーとして使います。

Word では、ページ番号の挿入、表紙などの文書パーツの挿入、目次の作成など、特定のコマンドを実行すると、自動的にフィールドが挿入されます。フィールドを手動で挿入して、データ ソースからのデータの差し込みや計算の実行など、文書の要素を自動化することができます。

既存のバージョンや最新バージョンの Word では、手動でフィールドを挿入する必要はほとんどありません。これは、以前のバージョンの Word でフィールド向けに用意されていた機能の多くが、あらかじめ用意されたコマンドとコンテンツ コントロールで処理されるためです。以前のバージョンの Word で作成した文書では、フィールドが使われていることがよくあります。

挿入および編集の設定、スイッチを使用して、フィールド コードの詳細情報をプロパティを変更するには、フィールド コード、ロック フィールド、およびその他の一般的なタスクと結果を表示する、挿入ガイド 』 の記事を参照してください。、編集、および Word でフィールドを表示します。.

セキュリティ メモ: フィールド コードは文書を読んでいるすべてのユーザーが表示できるため、フィールド コードを配置する情報は秘密にしておきたい情報ではないようにしてください。

この記事の内容

フィールド コードの構文

フィールド コードの一覧

フィールド コードの構文

フィールド コードは、中かっこ ( { } ) の間にあります。フィールドは、Microsoft Excel の数式に似た振る舞いをします。つまり、フィールド コードは数式に似ていて、フィールドの実行結果は数式によって求められる値に似ています。文書内でフィールド コードとフィールドの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

文書内のフィールド コードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ フィールド名 命令 オプションのスイッチ }

  • フィールド名     これは、[フィールド] ダイアログ ボックスのフィールド名の一覧に表示される名前です。

  • 命令    これは特定のフィールドで使用される命令または変数です。すべてのフィールドにパラメーターがあるわけではなく、パラメーターが必須ではなく省略可能なフィールドもあります。

  • オプションのスイッチ    これは特定のフィールドで使用できる省略可能な設定です。フィールドの実行結果の書式設定を制御するスイッチを除いて、すべてのフィールドでスイッチを使用できるわけではありません。

ページの先頭へ

フィールド コードの一覧

A

AddressBlock フィールド

Advance フィールド

Ask フィールド

Author フィールド

AutoNum フィールド

AutoNumLgl フィールド

AutoNumOut フィールド

AutoText フィールド

AutoTextList フィールド

B

Bibliography フィールド

C

Citation フィールド

Comments フィールド

Compare フィールド

CreateDate フィールド

D

Database フィールド

ドキュメント ライブラリ

DocProperty フィールド

DocVariable フィールド

E

Embed フィールド

Eq フィールド

F

FileName フィールド

FileSize フィールド

Fill-In フィールド

= (式) フィールド

G

GoToButton フィールド

GreetingLine フィールド

H

Hyperlink フィールド

I

If フィールド

IncludePicture フィールド

IncludeText フィールド

Index フィールド

Info フィールド

K

Keywords フィールド

L

LastSavedBy フィールド

Link フィールド

ListNum フィールド

M

MacroButton フィールド

MergeField フィールド

MergeRec フィールド

MergeSeq フィールド

N

[次のフィールド]

NextIf フィールド

NoteRef フィールド

NumChars フィールド

NumPages フィールド

NumWords フィールド

P

Page フィールド

PageRef フィールド

Print フィールド

PrintDate フィールド

Private フィールド

Q

Quote フィールド

R

RD (参照先文書) フィールド

Ref フィールド

RevNum フィールド

S

SaveDate フィールド

Section フィールド

SectionPages フィールド

Seq (シーケンス) フィールド

Set フィールド

SkipIf フィールド

StyleRef フィールド

Subject フィールド

Symbol フィールド

T

TA (引用文献登録) フィールド

TC (目次登録) フィールド

Template フィールド

Time フィールド

Title フィールド

TOA (引用文献一覧) フィールド

TOC (目次) フィールド

U

UserAddress フィールド

UserInitials フィールド

UserName フィールド

X

XE (索引項目) フィールド

ページの先頭へ

関連項目

挿入、編集、および Word でフィールドを表示します。

ユーザーが Word 上で記入または印刷するフォームを作成する

Word でチェック リストを作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×