Word で Visio プロセス図を文書化する

[Word にエクスポート (プレビュー)] 機能を使用することによって、図形やメタデータを含む図表の内容を Word 文書に自動的に追加できます。その後、プロセスに関するガイドラインや操作マニュアルの基本として、その文書を使用します。例:

  • サポート担当者は、部署、所有者、タスク スケジュールに関する詳細を含む、お問い合わせのプロセス マップを持っています。担当者は Word 文書を使用して、操作マニュアルを作成します。

  • 採用担当者は、現在の人員数、募集中の職種、チームの予算など、図形のメタデータを含む組織図を所有しています。担当者は Word 文書を使用して、アドホック レポートを管理職に送信します。

  • ビジネス アナリストは、データ グラフィックで表された KPI (コスト、期間、状態など) を含む、インポートされたデータに基づくプロセス図を更新します。毎月、ビジネス アナリストは Word 文書を OneDrive にアップロードし、関係者と共有します。

Word のエクスポート処理の概要

   

現在、この機能は、Visio Online プラン 2 および Visio デスクトップ ビルド 16.0.10219 以降を所有している Insider のみが利用できます。使用している Visio のバージョンがわからない場合は、[ファイル]、[アカウント]、[Visio のバージョン情報] の順にクリックします。Office 365 更新プロセスを管理している IT プロフェッショナルであれば、チャネル リリース ページをご覧ください。各チャネルで提供されている更新プログラムを確認できます。

Visio 図面を Word 文書にエクスポートする

  1. 図面にテキストを含む図形があり、一部の図形に図形データがあることを確認します。

  2. 複数ページの図面がある場合は、目的のページを選択します。この機能では、一度に 1 ページのみがエクスポートされます。

  3. [プロセス] タブの [エクスポート] グループで、[Word] を選択します。

    また、[ファイル]、[エクスポート]、[Word 文書の作成]、[ドキュメントの作成] の順にクリックして Word 文書にエクスポートすることもできます。

  4. 必要な場合は、[Word にエクスポート (プレビュー)] ウィンドウから Word 文書をカスタマイズします。

    [プレビュー] タブ

    • Word 文書から図形とそのメタデータを除外するには、スニペットを右クリックして [出力から除外] を選択します。

    • スニペットの順序を変更するには、スニペットを選択し、上向き矢印と下向き矢印を選択します。スニペットは、文書へのエクスポートの対象となる図面の一部です。

      スニペットの並べ替え

          [プレビュー] タブでスニペットを選択すると、図面内の図形が強調表示されます。図面上のスニペットを選択すると、[プレビュー] タブのスニペットが強調表示されます。

    [設定] タブ

    • 図形のプロパティ

      • Word 文書内に表示されるプロパティの順序を変更するには、プロパティを選択し、上向き矢印と下向き矢印を選択します。

        プロパティの並べ替え
      • 空のプロパティごとに Word 文書に空白のテーブル行を追加するには、[空白のプロパティを含める] を選択します。

      • 図形のプロパティのハイパーリンクを Word 文書にエクスポートするには、[ハイパーリンク] を選択します。

      詳細については、「図形にデータを追加する」を参照してください。

    • 図形の除外

      • 図形コネクタを Word 文書に追加するには、[コネクタへの番号設定をしない] をオフにします。

      • 図形テキストのない図形を文書化するには、[図形テキストのない図形を除外する] をオフにします。

      • スニペットを含むデータ グラフィックを含めるには、[データ グラフィックを除外する] をオフにします。

        詳細については、「データ グラフィックの概要」を参照してください。

    • スニペットの透過性

      • スニペット内の図形を強調するには、その接続と接続されている図形に高い透過性レベルを設定します。

  5. [Word にエクスポート (プレビュー)] ウィンドウの上部で [エクスポート] を選択します。

結果    Word 文書が作成されます。ニーズに合わせて文書を変更できます。最低でも、次のことをお勧めします。

  • 会社名、役職、作成者情報を自動的に更新するには、[ファイル]、[情報]、[プロパティ] の順に選択して、[プロパティ] の横にある下向き矢印を選択し、[詳細プロパティ] を選択して対応する情報を編集します。

  • 目次を更新するには、[目次] の下に挿入ポイントを配置して、[図表目次の更新] を選択します。

    詳細については、Word での目次の作成に関するページを参照してください。

フィードバックまたはバグ

processdoc_fc@microsoft.com にフィードバックを送信してください。

関連項目

PowerPoint プレゼンテーションを Visio から作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×