スキップしてメイン コンテンツへ

Word で履歴書に添え状を付ける

ジョブを探している場合は、finesse が必要です。 1つのドキュメントで、自分の添え状を1つのドキュメントに残しておくと、その見栄えが損なわれる可能性が低くなり、雇用主が簡単に印刷できるようになります。 ここでは、時間を最適化する方法として、採用マネージャーを印象付けましょうする方法をいくつか紹介します。

履歴書と添え状のためにセクションを作成する

カバーレターと履歴書を一緒に保存するには、同じ文書内で作成して、それぞれに異なる情報と書式設定を持つ個別のセクションを使用することができます。

注: 同様の手法を使用すると、別々の余白とヘッダーおよびフッターを持つタイトル ページ、目次、その他のページを作成することもできます。

セクション区切りを挿入する

  1. [ファイル>オプション]に移動します。

  2. [>表示] を選択します。

  3. [常に画面に表示する編集記号] で、[段落記号] を選択します。

  4. カバーレターのセクション区切りを挿入する場所をクリックまたはタップします。

  5. [レイアウト] (または2013の場合は [ページレイアウト]) に移動し、[区切り] の横にある下矢印を選択します。

  6. [セクション区切り] で、[次のページから] を選択します。

セクション区切りのあるカバー レターと履歴書

  1. 添え状のヘッダー

  2. 添え状のフッター

  3. 履歴書のヘッダー

  4. セクション区切り

ヘッダーとフッターを前のセクションとは異なるものにする

  1. 履歴書の最初のページ (カバーレター以外) を選択します。

  2. >ヘッダー挿入に移動します。

    [ヘッダーの編集] を選びます。

  3. ヘッダー内の任意の場所をクリックまたはタップして、[前と同じヘッダー/フッター ] を選択してオフにします。

  4. [ヘッダーとフッターを閉じる] を選択します。

履歴書の2ページ目で履歴書のヘッダーとフッターを開始する

  1. 履歴書の2ページ目を選択します。

  2. >ヘッダー挿入に移動します。

    [ヘッダーの編集] を選びます。

  3. ヘッダー内の任意の場所をクリックまたはタップして、[先頭ページのみ別指定] を選択します。

  4. [ヘッダーとフッターを閉じる] を選択します。

カバーレターと履歴書にさまざまなレイアウトを使用する

  1. カバーレターのレイアウトを設定し、履歴書の最初のページを選択します。

  2. [レイアウト] に移動して、[ページ設定] ダイアログ起動ツール ダイアログ ボックス起動ツール を選択します。

  3. [設定対象] で、[この時点以降] を選びます。

  4. レイアウトを変更して、[ OK]を選択します。

さまざまなヘッダーとフッターがあるカバー レターと履歴書

  1. 添え状のヘッダー

  2. 添え状のフッター

  3. 履歴書のヘッダー

  4. 履歴書のフッター

著者について     "Hofferber 氏" は、認定されたプロの経歴書ライターであり、ResumePower.comのシニアな経歴書です。 キャリアの変更 詳細については、 「佐藤さんと hofferber 氏による経歴の変更」を参照してください。 ResumePower.com に連絡できます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×