スキップしてメイン コンテンツへ

Word で図形またはその他のオブジェクトを選ぶ

オブジェクト、図形、図、またはテキスト ボックスを選び、変更または移動します。 サイズ変更ハンドルは、図形またはオブジェクトが選択されていることを示します。

オブジェクトをクリックまたはタップして選択します。 選択されていない場合は、[ホーム] に移動し、次のいずれかの操作を実行して >選びます。

  • 文書内のすべてのテキストを選択するには、[すべて選択] を選択します。

  • テキストが非表示、積み重ね、または背面にあるオブジェクトを選択するには、 [オブジェクトの選択] を選択します。 オブジェクトを選択するには、オブジェクトの上に移動したときにポインターが 4 方向矢印がある白いポインター 矢印に変わったらクリックまたはタップします。 複数のオブジェクトを選択するには、Ctrl キーを押しながら目的のオブジェクトをクリックまたはタップします。

  • 類似した書式の文字列を選択するには、[類似した書式の文字列を選択する] を選択します。

  • オブジェクトの選択、複数選択、表示、非表示、または変更を行うことができる作業ウィンドウを開くには、[選択ウィンドウ] を選択し、目的のオプションを選択します。

[ホーム] メニューのオプションを選択する

図形およびオブジェクトを選択するためのヒント

目的

方法

複数のオブジェクトを選択する。

Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらオブジェクトを選択します。

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選び、重なり合ったオブジェクトを順に表示します。

一番上のオブジェクトを選び、Tab キーを押します。

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選び、重なり合ったオブジェクトを逆順に表示します。

一番上のオブジェクトを選択し、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

グループに含まれているオブジェクトを選択します。

グループを選び、次のいずれかの操作を行います。

  • 1つのオブジェクトを選択するには、オブジェクトをクリックまたはタップします。

  • グループ内の複数の図形を選択するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら図形をクリックまたはタップします。

一度に 1 つのオブジェクトの選択を解除します。

Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら各オブジェクトをクリックまたはタップします。

関連項目

図形、図、その他のオブジェクトをグループ化またはグループ解除する

オブジェクト、図形、図、またはテキスト ボックスを選び、変更または移動します。 サイズ変更ハンドルは、図形またはオブジェクトが選択されていることを示します。

選択ウィンドウを使う

オブジェクトを選択できない場合、または選択するオブジェクトが多い場合は、[オブジェクトの選択と表示] を使用します。

  1. 管理するいずれかのオブジェクトを選択します。

  2. [図形の書式] または [図の書式> 移動して [整列] ボタン 選択ウィンドウ配置します。

    [選択ウィンドウ] ボタン

  3. [選択] ウィンドウが開き、すべてのオブジェクトが一覧表示され、次のいずれかの操作を行うことができます。

    • リスト内で項目を上下にドラッグして、順序を変更します。    相互に重なっているオブジェクトがある場合は、オブジェクトを最前面に移動するか、別のオブジェクトの背後に配置します。

    • オブジェクトの表示と非表示を切り替えるには、[オブジェクトの選択と表示] を選択します。    オブジェクトを非表示にするには、オブジェクトが 選択ウィンドウの [表示] アイコン 表示されていることを示す、選択ウィンドウの目のアイコンを選択します。 アイコンは、オブジェクトが表示 オブジェクトが非表示になっていることを示すアイコンを示す 表示になっていることを示す簡単なアイコンに変わります。 オブジェクトをもう一度表示するには、[非表示] アイコン オブジェクトが非表示になっていることを示すアイコンを示す を選びます。オブジェクトは再表示されます。

    • 選択ウィンドウに一覧表示されているオブジェクトをグループ化またはグループ化解除します。    Command キーを押しながらクリックして複数のオブジェクトを選択した場合は、[図形の書式設定] または [図の書式設定] を選択して、 [整列] ボタン >グループオブジェクト [整列] ボタン 配置し、グループ化を解除することができます。

      [オブジェクトのグループ化] ボタン

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×