Word でページを削除する

Word でページを削除するには、ページ上のコンテンツを削除するか、レイアウトおよび書式設定を調整し、ドキュメントのページ数を減らします。

テキストやグラフィック、または空白のパラグラフを含むページを削除するには、削除するコンテンツを選択し、キーボードの Delete キーを押します。

ヒント: 削除するページの任意の箇所をクリックし、Ctrl キーを押しながら G キーを押してページ番号を入力 box, type \pageします。キーボードの Enter キーを押し、Closeをクリックします。
[ページ番号] ボックスに「\page」と入力する
ページのコンテンツが選択されていることを確認し、キーボードの Delete キーを押します。

Word で削除できない最後の段落があり、それが文書の最後に新しい空白のページとして押し出されてしまうことがあります。このページを削除するには、前のページに最後の段落を収めます。

  1. Ctrl + Shift + 8 (Mac では ⌘ + 8) キーを押して段落のマークを表示します。

  2. 段落のマークを選択します。

  3. [フォント サイズ] ボックス内をクリックし、「01」と入力し、Enter キーを押します。

    フォント サイズを 1 に設定する

    これで段落は前のページに収まり、不要な空白のページは削除されます。

  4. Ctrl + Shift + 8 (Mac の ⌘ + 8) キーを再度押して、段落マークを非表示にします。

これでも前のページに段落を収めることができない場合、下余白を少なくします ([レイアウト] タブ、[余白]、[ユーザー設定の余白] に進み、下余白を 0.3 インチなどに設定します)。

履歴書テンプレートでよく使用されるテーブル レイアウトでは、最後の段落が新しい空白のページに押し出されてしまうことがあります。

ヒント: 段落によって新しいページが生成されてしまうことがあります。これは、仕様のためです。空白の段落を右クリックし、[段落] を選択します。[段落] ダイアログ ボックスの [改ページと改行] タブで [段落前で改ページする] をオフにし、[OK] をクリックします。 [段落] ダイアログ ボックスの [改ページと改行] タブで、[段落前で改ページする] チェック ボックスをオフにする

改ページを使用すると、Word ではそこから新しいページが開始されます。手動で改ページを行うと、文書に不要な空白のページができてしまう場合があります。

  1. 手動の改ページを表示するには、段落のマークが表示されるように切り替えます。Ctrl + Shift + 8 (Mac では ⌘ + 8) キーを押します。

  2. これで改ページを選択して削除することができます。

    Word のページの下部にある改ページ

次のページ、奇数ページ、偶数ページなどから開始するセクション区切りにより、文書に新しいページが作成されることがあります。文書の最後に空白ページが生じ、そこにセクション区切りがある場合、そのセクション区切りの直前にカーソルを置いて、Delete キーを押します。

ヒント: セクション区切りは、[表示] タブの [下書き] に切り替えると簡単に探せます。
Word のページの下部にある偶数ページから新しいセクションのセクション区切りです。

文書の途中でセクション区切りを削除すると、書式設定の問題が発生することがあります。このような場合には、セクション区切りで新しいページが生成されないようにします。これを行うには、次の操作を実行します。

  1. セクション区切りをダブルクリックします。

  2. ダイアログ ボックスの [レイアウト] タブで、[セクションの開始位置] ドロップダウンをクリックして、[現在の位置から開始] を選択します。

  3. [OK] をクリックします。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×