スキップしてメイン コンテンツへ

Word でテキストに上付きまたは下付きの書式を設定する

上付きまたは下付きの文字は、標準の文字サイズより小さい番号、数、記号、インジケーターで、やや上 (上付き) またはやや下 (下付き) に配置されます。 商標、著作権、またはその他の記号をプレゼンテーションに追加するとき、その記号をテキストのやや上 (上付き) に表示できます。 脚注を作成する場合は、数字を上付きまたは下付きにすることもできます。

例: 上付き文字と下付き文字

上付きまたは下付きのボタンを使用する

  1. 目的のテキストまたは数字を選びます。

  2. [ホーム] に移動し、[上付き] [上付き] ボタン または [下付き] [購読] ボタン を選択します。

キーボードショートカットを使用して上付き文字または下付き文字を適用する

  1. 文字列や数字を選びます。

  2. 上付き文字は、Ctrl キーと、Shift キーを押しながら正符号 (+) キーを同時に押します。

    下付き文字は、Ctrl キーと等号 (=) キーを同時に押します。 (Shift は押しません)。

ヒント: 次の手順で説明するように、[フォント] ダイアログボックスのオプションを選択して、テキストの書式を上付き文字または下付き文字にすることもできます。

[フォント] ダイアログボックスから上付きまたはサブスクリプトを適用する

  1. 上付き文字または下付き文字として書式設定する文字列を選びます。

  2. [ホーム] の [フォント] グループで、[フォント] ダイアログボックス起動ツール ダイアログ ボックス起動ツール を選択します。

  3. [効果] グループで [上付き] または [下付き] を選びます。

    上付き文字または下付き文字を選ぶ .

ヒント: フォントサイズを変更せずに、上付き文字または下付き文字にすることができます。 [上付き] の場合は、[オフセット] ボックスに大きいパーセントを入力します。 下付き文字の場合は、[オフセット] ボックスに小さい値を入力します。

上付き文字または下付き文字の書式を元に戻す

上付き文字または下付き文字の書式を元に戻すには、テキストを選択し、Ctrl キーを押しながら Space キーを押します。

上付きまたは下付き記号を挿入する

  1. スライド上で、記号を追加する場所をクリックします。

  2. [文字の挿入>記号>追加します。

    アプリが全画面に表示されていない場合は、記号を選択してから記号を選択する必要があります。

  3. [記号と特殊文字] ボックスで、[フォント] ドロップダウンリストから [ (標準テキスト) ] を選びます。 これは、リストの最初の項目です。

  4. [記号と特殊文字] ボックスの [種類] 一覧で、[上付き/下付きの文字] を選びます。

    PowerPoint の [記号] ダイアログに下付き文字または上付き文字のサブセットを表示する

  5. [記号と特殊文字] ボックスで、目的の記号を選び、[挿入] を押し、[閉じる] を選びます。

キーボードショートカット: 上付き文字または下付き文字を適用する

通常のテキストの少し上 (上付き文字) または下 (下付き文字) にテキストを表示するには、ショートカット キーを使用することができます。 

  1. 文字列や数字を選びます。

  2. 上付き文字の場合は、 コマンド 、Shift、プラス記号 (+) を同時に押します。

    (バージョン 2016)下付き文字の場合は、 コマンド と等号 (=) を同時に押します。 (Shift は押しません)。

    (バージョン 2011)下付き文字の場合は、Shift キーを押しながら コマンド と同時に負符号 (-) を押します。

ヒント: [フォント] ダイアログ ボックスでオプションを選んでテキストに上付き、下付きの書式を設定することもできます。

上付きまたは下付きの書式をテキストに適用する

  1. 上付き文字または下付き文字として書式設定する文字列を選びます。

  2. [ホーム] タブの [フォント] グループで、[上付き [上付き] ボタン ] または [下付き [購読] ボタン ] をクリックします。

上付き文字または下付き文字の書式を元に戻す

上付き文字または下付き文字の書式を元に戻すには、テキストを選択し、Ctrl キーを押しながら Space キーを押します。

上付き記号を挿入する

® や ™ などのほとんどいつも上付きになる特定の記号の場合は、記号を挿入するだけで自動的に上付きとして書式設定されます。

  1. [挿入] タブで、[記号と特殊文字] をクリックします。

  2. 文字種記号をクリックまたはスクロールして、挿入する記号をクリックします。

  • 上付き文字または下付き文字として書式設定する文字列を選びます。

  • [ホーム] に移動して、[その他のフォントオプション(...)] を選択します。

  • 上付き文字または下付き文字を選択します。

関連項目

序数のスーパースクリプトを無効にする

PowerPoint と Outlook でテキストに上付き、下付きの書式を設定する

数式エディター

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×