スキップしてメイン コンテンツへ

Word でタブ記号の表示と非表示を切り替える

編集記号の表示/非表示を切り替える

[ Word の [段落の表示/非表示] ボタン表示/非表示] ボタンを使うと、スペース、段落記号、タブマークのオンとオフを切り替えることができます。

常に表示するように設定できます。

  1. [ファイル> オプション >表示]に移動します。

  2. [常に画面に表示する編集記号] で、[ Word の [段落の表示/非表示] ボタン表示/非表示] ボタンをオンまたはオフにしたときに、常に表示する編集記号のチェックボックスをオンにします。 常に表示する必要のないすべてのチェックボックスをオフにします。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

  1. [ファイル] > に移動して > オプション >表示]をクリックします。

  2. [常に画面に表示する編集記号] で、[ Word の [段落の表示/非表示] ボタン表示/非表示] ボタンをオンまたはオフにしたときに、常に表示する編集記号のチェックボックスをオンにします。 常に表示する必要のないすべてのチェックボックスをオフにします。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

  1. Word > の [環境設定>表示] に移動します。

  2. [編集記号の表示] で、[ Word の [段落の表示/非表示] ボタン表示/非表示] ボタンがオンまたはオフになっているかにかかわらず、常に表示する編集記号のチェックボックスをオンにします。 常に表示する必要のないすべてのチェックボックスをオフにします。

    印刷しない文字の設定

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×