スキップしてメイン コンテンツへ

Word でスタイル区切りと見出しスタイルを使用して TOC を生成する方法

この記事では、Word でスタイル区切り機能と見出しスタイルを使用して目次 (TOC) を生成する方法について説明します。 TOC を追加して管理する方法については、「目次を挿入する」を参照してください。

見出しスタイル付きのスタイル区切りを使用する

テキストに見出しスタイルを適用する前に、スタイル区切りを挿入してテキストを分割します。 スタイル区切りは、文書に適用されている個別のスタイル間の delineator として機能する非表示の段落記号です。 詳細については、「スタイル区切り」を参照してください。

注: これらの手順を簡単に実行するために、[スタイル区切り] および [スタイル区切り] ボタンをツールバーに追加することができます。

  1. スタイル区切りを使用してテキストを分割する。 次の手順を使用できます。

    1. [スタイル区切り] ボタンをクリックして、TOC に含めるテキストを入力し、[スタイル区切り] ボタンをもう一度クリックします。

      お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
    2. テキストの2つの段落を作成し、最初の段落にカーソルを置き、[スタイルの区切り] をクリックします。

      注: 2つの段落が1つの段落になるように表示される場合は、最初の段落の末尾にある段落記号をスタイル区切り記号に変換します。

      お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  2. TOC に含めるテキストの一部にカーソルを移動します。

  3. [ホーム] タブの [スタイル] ボックスでドロップダウン矢印をクリックし、目的の見出しを選びます。

目次を変更して更新する

[参照設定] タブの [目次] グループで [テーブルの更新] をクリックし、[目次をすべて更新] を選択して、[ OK]をクリックします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細情報

スタイル区切り

スタイル区切りは、Word 2002 および Word 2003 以降で新しく導入された機能です。 スタイル区切りタグを使用すると、次の操作を行うことができます。 

  • 段落内の1つの単語または語句に見出しスタイルを適用し、その単語または語句のみが TOC に表示されるようにします。

  • 1つの段落に2つのスタイルを含めて、目次に導入段落が表示されるようにします。

  • [アウトラインレベル] を導入テキストに適用して、文頭のテキストだけが TOC に表示されるようにします。

  • 段落内の1つの単語または語句にアウトラインレベルを適用し、その単語または語句のみが TOC に表示されるようにします。

スタイルの区切り文字を表示する

[ホーム] タブの [段落] グループで、[ _ 0 z_ ] をクリックします。

ツールバーに [スタイル区切り] ボタンを追加する

スタイル区切り機能を使用する前に、ツールバーに [スタイル区切り] ボタンを追加する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft Office ボタンをクリックし、[ Word のオプション] をクリックします。

  2. [カスタマイズ] をクリックします。

  3. [コマンドの選択] ボックスの一覧の [すべてのコマンド] をクリックします。

  4. コマンドの一覧で、[スタイル区切り] をクリックし、[追加] をクリックして、[ OK]をクリックします。

注: スタイル区切りは、非表示の段落記号の特殊な形式です。 そのため、word 2002 およびそれ以降のバージョンの Word で作成されたスタイル区切りを含むドキュメントは、[編集記号] で [すべて] をクリックしない限り、Word 2000 と Microsoft Word 97 でも同じように表示されます。 以前のバージョンの Word で編集記号の [すべて] をクリックすると、スタイル区切りの非表示の段落記号は通常の段落記号として表示され、文書は repaginated されます。

以前のバージョンの Word を使用して、word 2002 およびそれ以降のバージョンの Word で作成されたスタイル区切りを含む文書を表示する場合は、[編集記号] で [すべて] をクリックしないでください。

Word で TOC に見出しを追加する方法

見出しレベルとして書式設定されたテキストが文書の TOC に表示される場合、その段落には、強調表示されたテキストに対する強調表示を示す特殊文字はありません。 プロセス全体がシームレスになります。 Word では、"リンクされた文字スタイル" という新しい基になる機能が使用されます。

文書の先頭部分に適用された見出しスタイルは、見出しスタイルとして表示されます。 ただし、実際にはリンクされた文字スタイルです。 Word 2002 以降のバージョンでは、段落のサブセットに段落スタイルを適用すると、次の動作が発生します。

  • 非表示の文字スタイルが作成され、段落スタイルが適用されたときと同じ文字プロパティが適用されます。

  • 選択範囲に文字スタイルが適用されます。

注: 以前のバージョンの Word で文書を開いて表示した場合、リンクされた文字スタイルで作成された非表示の文字スタイルは、[スタイル] ドロップダウンリストに表示されます。 文書が以前のバージョンの Word で保存されている場合、スタイル区切りの機能は失われます。

非表示の文字スタイルを表示するには、次の手順を実行します。

  1. [ホーム] タブで、[スタイル] ダイアログボックス起動ツール( [スタイル]) をクリックし、[スタイルインスペクター  (z2z_) ] をクリックします。

  2. [スタイル検査] ポップアップウィンドウで、[書式の詳細設定](z0z_)をクリックします。

結果

  • 文書内のテキストを選択すると、[書式の詳細設定] 作業ウィンドウに正確な書式設定の詳細が表示されることに注意してください。

  • 文字スタイルが適用されているテキストを選択すると、[書式の表示] 作業ウィンドウにテキストが文字スタイルとして表示されることに注意してください。 リンクされたスタイルは、[書式の表示] 作業ウィンドウで見出しの Char として表示されます。 実際の文字スタイルは、[スタイルと書式設定] 作業ウィンドウまたは [書式設定] ツールバーの [スタイル] ドロップダウンリストに非表示のままとなります。

リンクされた文字スタイルには、任意の段落スタイルを使用できます。 段落スタイルを作成し、本文の段落スタイルとまったく同じように表示して、段落の一部に適用することができます。 この方法では、TOC の作成に使用されたテキストが、タイトルのテキストのスタイルを含むように変更されていることを前提として、目次のテキストと完全に一致させることができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×