Windows SharePoint Services 3.0 をインストールした後、イベント ID エラーメッセージ10016と10017がシステムログに記録される

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

現象

Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 をインストールします。Windows SharePoint Services 3.0 が正常にインストールされた後でシステムログを表示すると、イベント ID エラー10016または10017が1回以上記録されています。

原因

この問題は、Windows SharePoint Services 3.0 サービスアカウントとして指定したドメインユーザーアカウントに、IIS Wamreg Admin service のローカルアクティブ化権限がない場合に発生します。「現象」セクションに記載されているイベント ID エラーメッセージ10016または10017は、Windows SharePoint Services 3.0 の機能には影響しません。

回避策

システムログに記録されているイベント ID エラーメッセージ10017または10016は無視しても安全です。イベント ID エラーメッセージがシステムログに記録されないようにするには、コンポーネントサービススナップインを使用して、Windows SharePoint として指定したドメインユーザーアカウントの IIS Wamreg Admin サービスに対するローカルアクティベーション権限を有効にします。サービス3.0 サービスアカウント。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [コンポーネントサービス] を展開し、[コンピューター]、[マイコンピューター] の順に展開して、[ DCOM の構成] をクリックします。

  3. [ IIS WAMREG admin Service] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  4. [セキュリティ] タブをクリックします。

  5. [起動とアクティブ化のアクセス許可] で、[編集] をクリックします。

  6. [起動アクセス許可] ダイアログボックスで、[追加] をクリックします。

  7. [ユーザー、コンピューター、またはグループの選択] ダイアログボックスで、場所をローカルサーバーに変更します。次に、ローカルセキュリティグループ WSS_WPG を入力し、[名前の確認] をクリックして、[ OK]をクリックします。

  8. [ UserName のアクセス許可] ボックスの一覧で、[ローカルのアクティブ化] の横にある [許可] チェックボックスをオンにし、[ OK]を2回クリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×