Windows 10 Fall Creators Update の後、Office ドキュメントを開くのに時間がかかる

最終更新: 2017 年 10 月

問題

Windows 10 Fall Creators Update では、ドキュメントを開くときに、ウイルス対策製品が Office 用のウイルス対策 API を介して Office ドキュメントを動的にスキャンする可能性があります。これにより、アクティブなウイルス対策製品は、ドキュメント暗号化のような技術によって悪意のあるコンテンツを難読化する悪意のあるドキュメントを容易に検出することができます。このスキャンはすべてのバージョンの Office ドキュメントで実行され、ドキュメントあたり最大 1 秒の遅延が発生する可能性があります。

状態: 調査中

Microsoft は、この問題を調査中です。問題が解決しましたら、ここにメッセージを投稿します。この動作の詳細については、「Introduction to the Antivirus API Reference for Office」 (Office 用のウイルス対策 API リファレンスの概要) を参照してください。

機能に関するご要望

電球 - ヒント

新機能に関するご提案や製品の使用方法に関するフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。Outlook UserVoice サイトで、皆様からのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

関連トピック

最近の Office の問題に関する修正プログラムと解決策

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×