Windows 10 のメール/カレンダー アプリで同期の問題を解決する

Windows 10 のメール/カレンダー アプリで問題が発生しており申し訳ありません。問題を解決するには、以下の解決策を順番にお試しください。

始める前に

始める前に、お使いのデバイスに最新バージョンのオペレーティング システムとアプリの更新プログラムがインストールされていることを確認してください。「Troubleshooting Mail and Calendar apps for Windows 10」 (Windows 10 のメール/カレンダー アプリのトラブルシューティング) の一般的なトラブルシューティング解決策を試してください。それでも問題が解決しない場合は、以下の解決策を試してください。

メール サーバーへの接続を確認する

メールの送受信で問題が発生している場合は、メール サーバーにアクセスできることを確認します。

  1. デバイスがインターネットに接続されていることを確認する:メールを送受信するには、インターネットへのアクセスが必要です。デバイスがインターネットに接続されていることを確認します。

  2. Web 経由でメールを送信してみる:多くのメール プロバイダーでは、Web サイト経由でメールにアクセスできます。Web サイトからメール アカウントにサインインし、そこでメールを送受信できることを確認します。できない場合は、メール サーバーの問題である可能性があります。メール プロバイダーにサポートを依頼してください。

  3. 別のアプリまたはデバイスからメールを送信してみる:別のメール アプリまたは別のコンピューターやモバイル デバイスがある場合は、そのアプリまたはデバイスでメールを送受信してみます。できない場合は、メール サーバーの問題である可能性があります。メール プロバイダーにサポートを依頼してください。

  4. メール プロバイダーと共にメール サーバーの状態を確認する:メール プロバイダーに Web サイトがなく、別のアプリまたはデバイスでメールをセットアップできない場合は、メール プロバイダーに問い合わせて、メール サーバーがアクセス可能かどうかを確認します。

セキュリティ ソフトウェアを確認する

ファイアウォールやウイルス対策ソフトウェアが、メールとカレンダーのイベントの同期を妨げている可能性があります。セキュリティ ソフトウェアを永久に無効にすることはお勧めしませんが、ソフトウェアを一時的に無効にすると、それがメールやカレンダーのイベントを同期できない原因かどうかを判断できます。

注: デバイスがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定のためにこれらの手順を完了できないことがあります。詳細については、管理者にお問い合わせください。

Windows Defender セキュリティ センターをオフにする

Windows Defender セキュリティ センターは、Windows 10 に付属する無料のセキュリティ ソフトウェアです。他のセキュリティ ソフトウェアをインストールしていない場合は、Windows Defender セキュリティ センターを一時的にオフにする必要があります。

  1. [スタート] [スタート メニュー] ボタン。 から [Windows Defender セキュリティ センター] を開きます。

  2. [ファイアウォールとネットワーク保護] を選びます。

  3. ネットワーク プロファイルを選び、そのプロファイルの Windows ファイアウォールを無効にします。各プロファイルについてこの手順を繰り返します。

  4. メールを同期できるようになった場合は、ファイアウォールでメール/カレンダー アプリを許可する必要があります。以下の手順を実行します。

重要: 忘れずに、上記の手順を繰り返して各ネットワーク プロファイルのファイアウォールを再度有効にしてください。

メール/カレンダー アプリが Windows ファイアウォールを通過できるようにする

ファイアウォールをオフにするとメールを同期できる場合は、メール/カレンダー アプリがファイアウォールを通過できるようにする必要があります。

  1. [スタート] [スタート メニュー] ボタン。 から [Windows Defender セキュリティ センター] を開きます。

  2. [ファイアウォールとネットワーク保護]、[ファイアウォールによるアプリケーションの許可]、[設定の変更] の順に選びます。

  3. 許可するアプリと機能の一覧で、メール/カレンダーの横にあるチェック ボックスをオンにし、[プライベート] および [パブリック] 列のチェック ボックスをオンにします。

  4. [OK] を選びます。

サードパーティのセキュリティ ソフトウェアをオフにする

サードパーティのファイアウォールやウイルス対策ソフトウェアが、メールとカレンダーのイベントの同期を妨げている可能性があります。セキュリティ ソフトウェアを永久に無効にすることはお勧めしませんが、ソフトウェアを一時的に無効にすると、それがメールやカレンダーのイベントを同期できない原因かどうかを判断できます。一時的に無効にする方法については、ソフトウェアのドキュメントを確認してください。

警告: ウイルス対策ソフトウェアを無効にした場合は、メールの添付ファイルを開かないこと、知らない相手からのメッセージに含まれているリンクをクリックしないことが重要です。

アカウントを削除し、もう一度追加する

場合によっては、メール/カレンダー アプリからアカウントを削除してもう一度追加することにより、同期の問題を解決できることがあります。

  1. [スタート] [スタート メニュー] ボタン。 から [メール] を開きます。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウの一番下にある [設定] ボタン を選びます。

    [設定] ボタンのスクリーンショット

  3. [アカウントの管理] を選びます。

  4. 削除するアカウントを選び、[このデバイスからアカウントを削除する] を選びます。

  5. アカウントをもう一度追加します。詳細については、「Windows 10 のメールで電子メールをセットアップする」をご覧ください。

注: Yahoo! Mail、iCloud、QQ accounts に関しては特別な指示があります。これらのアカウントで問題がある場合は、「その他のアカウント向けの特別な手順」をご覧ください。

詳細セットアップを使ってアカウントを削除し、もう一度追加する

アカウントを削除して追加しなおしてもまだメールを同期できない場合は、詳細セットアップを使ってアカウントを追加する必要があります。詳細については、「詳細構成を使用して、アカウントを追加する」をご覧ください。

メールボックスの詳細な設定を確認する

Google、Yahoo! Mail、iCloud、IMAP、または POP3 アカウントを使っている場合は、メールボックスの詳細な設定を調べて、メール プロバイダーの指定どおりに構成されていることを確認します。Outlook.com、Office 365、またはExchange アカウントを使っている場合は、詳細なセットアップを使ってアカウントを設定していない限り、メールボックスの詳細な設定はありません。

注: Yahoo! Mail、iCloud、QQ accounts に関しては特別な指示があります。これらのアカウントで問題がある場合は、「その他のアカウント向けの特別な手順」をご覧ください。

メール プロバイダーから必要な情報を収集する

詳細な設定を確認する前に、メール プロバイダーの Web サイトを確認するか、メール プロバイダーに問い合わせて、サーバーの正しい設定を確認する必要があります。次の情報が必要です。

  • 受信および送信メール サーバーのアドレス

  • 受信および送信メール サーバーのポート

  • 送信サーバーには認証が必要か

  • メールの送信に同じユーザー名とパスワードが使われているか

    ユーザー名とパスワードが異なる場合は、ユーザー名とパスワードが正しいことを確認します。

  • 受信サーバーには SSL が必要か

  • 送信サーバーには SSL が必要か

  • 連絡先サーバー (該当する場合)

  • カレンダー サーバー (該当する場合)

メールボックスの詳細な設定を確認する

  1. [スタート] [スタート メニュー] ボタン。 から [メール] を開きます。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウの一番下にある [設定] ボタン を選びます。

    [設定] ボタンのスクリーンショット

  3. [アカウントの管理] を選び、メール アカウントを選びます。

  4. [メールボックスの同期設定を変更]、[メールボックスの詳細設定] の順に選びます。

  5. 受信および送信メール サーバーのアドレスとポートが正しいことを確認します。

  6. 認証が必要のないプロバイダーの場合は、[送信サーバーは認証が必要] チェック ボックスをオフにします。

  7. メールの送信に別の認証が必要なプロバイダーの場合は、[メールの送信に同じユーザー名とパスワードを使う] チェック ボックスをオフにし、送信サーバーのユーザー名とパスワードを指定します。

    注: 該当する場合は、次の設定も変更します。

    • 受信メールに SSL が必要なプロバイダーの場合は、[受信メールに SSL を使う] チェック ボックスをオンにします。

    • 送信メールに SSL が必要なプロバイダーの場合は、[送信メールに SSL を使う] チェック ボックスをオンにします。

    • [連絡先サーバー] と [カレンダー サーバー] のアドレスが正しいことを確認します。

詳細な設定が必要な Exchange アカウントを使っている場合は、アカウントを削除し、詳細設定を使って再度アカウントを追加する必要があります。詳細な設定を使ってアカウントを追加する方法については、「詳細構成を使用して、アカウントを追加する」をご覧ください。

プライバシーの設定を確認する

  1. [スタート] [スタート メニュー] ボタン。 から、[設定]、[プライバシー]、[メール] の順に選びます。

  2. [アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する] が [オン] に設定されていることを確認します。

  3. [カレンダー] を選びます。

  4. [アプリがカレンダーにアクセスすることを許可する] が [オン] に設定されていることを確認します。

アカウントの 2 要素認証が有効になっていることを確認します。

2 要素認証によって、他のユーザーがサインインすることがより困難になるため、アカウントの保護が強化されます。2 要素認証は、パスワードと連絡方法 (セキュリティ情報とも呼ばれます) を使って ID を検証します。

Windows 10 のメール/カレンダー アプリは、2 要素認証をサポートしていません。アカウントの 2 要素認証が有効である場合は、そのアカウントのアプリ パスワードを作成する必要があります。アプリ パスワードは、2 要素認証をサポートしていないアプリの通常のアカウント パスワードの代わりに使われます。

メール アカウントのアプリ パスワードを作成する方法については、メール プロバイダーに問い合わせてください。

メールを同期するときにエラー メッセージが表示される

アプリが新しいメールまたはカレンダー イベントを同期しようとしたときに、メール/カレンダー アプリでエラーが表示されることがあります。最も一般的なエラーの解決策を以下に示します。

アカウントの設定が最新ではない

アカウントが最新の状態ではなくなる最も一般的な原因は、パスワードが正しくないことです。アプリの上部にある通知バーで、[アカウントの修正] を選びます。パスワードが正しくない場合は、パスワードの更新を求めるメッセージが表示されます。新しいパスワードを入力し、[完了] を選びます。

ヒント: Gmail や iCloud などのメール プロバイダーを使ってアカウントのパスワードを変更する場合は、メール プロバイダーの Web サイトにアクセスする必要があります。詳細については、「Windows 10 のメールでパスワードを変更する」をご覧ください。

パスワードに問題がない場合は、証明書エラーの可能性があります。その場合は、"サーバーのセキュリティ証明書に問題があります。この証明書は信頼された認証機関からのものではありません。" というメッセージが表示されます。

このエラーは、通常、メール アカウントを保護する SSL を使用しない場合に発生します。このエラーを修正するには、次の手順を実行します。

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウの一番下にある [設定] ボタン を選びます。

    [設定] ボタンのスクリーンショット

  2. [アカウントの管理] を選び、メール アカウントを選びます。

  3. [メールボックスの同期設定を変更]、[メールボックスの詳細設定] の順に選びます。

  4. 受信および送信メール サーバーのアドレスとポートが正しいことを確認します。

  5. [受信メールに SSL を使う] および [送信メールに SSL を使う] のチェック ボックスをオンにし、[完了]、[保存] の順に選びます。

このデバイスは、メール管理者が設定したセキュリティ要件を満たしていません

このエラーが発生した場合は、デバイスのセキュリティ要件に関する記事にあるトラブルシューティング手順を参照してください。

0x80072726

エラー 0x80072726 は、サードパーティ製のファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアに原因があると考えられます。セキュリティ ソフトウェアを永久に無効にすることはお勧めできませんが、ソフトウェア製造元の Web サイトにアクセスして回避策が用意されていないか確認したり、ソフトウェアを一時的に無効にして問題が解決しないかどうかを確認したりできます。その場合、製造元のテクニカル サポートを利用して、ソフトウェアを無効にすることがなくメールにアクセスする方法がないか確認してください。

警告: ウイルス対策ソフトウェアを無効にした場合は、メールの添付ファイルを開かないこと、知らない相手からのメッセージに含まれているリンクをクリックしないことが重要です。

さらにサポートが必要な場合

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

フィードバックの送信

ご意見をお寄せください。メール/カレンダー アプリに必要だと思う機能がある場合、または正常に動作していない機能がある場合は、メール/カレンダー チームに直接フィードバックを送信できます。

関連項目

Windows 10 のメールで電子メールをセットアップする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×