スキップしてメイン コンテンツへ

Windows 版 PowerPoint 2019 の新機能

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

PowerPoint_2019 には、以前のバージョンでは使用できなかった新機能がいくつか含まれています。

視覚効果

変形切り替え効果

PowerPoint_2019 には、スライド上のアニメーションの動きをスムーズにするために役立つ変形切り替え効果が用意されています。

詳細情報

PowerPoint のズーム機能

PowerPoint の [サマリー ズーム] に表示される [サマリー セクション] スライド。

プレゼンテーションをよりダイナミックなものにし、その中でカスタム ナビゲーションを可能にするには、PowerPoint のズームを使用してみましょう。PowerPoint_generic でズームを作成すると、プレゼンテーション中に、特定のスライド、セクション、部分間を決定した順序で切り替えることができます。あるスライドから別のスライドへの移動には、ズーム効果が使用されます。

詳細情報

テキスト用蛍光ペン

PowerPoint のリボンにテキスト用蛍光ペンを表示する

皆様からのご要望にお応えして、PowerPoint_2019 で Word_generic と同じテキストの蛍光ペンを使用できるようになりました。異なる蛍光ペンの色を使用して、プレゼンテーション内の特定のテキスト部分を強調表示できます。

詳細情報

画像などのメディア

視覚的なインパクトを高めるベクター グラフィックス

プレゼンテーションでスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) 画像を挿入および編集して、シャープで洗練されたコンテンツを作成できます。SVG 画像は色を変更でき、拡大またはサイズ変更しても画質を損なうことはありません。Office_generic は、フィルターが適用された SVG ファイルをサポートします。

詳細:
アイコン
を挿入してSVG 画像を編集する

左側の 4 つのボタンと右側の SVG 画像、その間にある矢印
お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

SVG アイコンの図形への変換

SVG 画像またはアイコンを Office_generic 図形に変換すると、SVG ファイルを分解し、その個々のパーツを編集できます。

詳細情報

3D モデルの挿入であらゆる角度からの表示が可能に

3D モデルを使用すると、プレゼンテーションに視覚的かつ独創的なインパクトを加えることができます。変形画面切り替え効果を使用すれば、3D モデルを簡単に挿入でき、360 度回転させると、

3D モデルがプレゼンテーションで生き生きと動き、スライド間で映画のようなアニメーションが作成されます。

詳細情報

[ファイル]、[新規] の下に表示された 3D モデル テンプレート

背景の削除がより簡単に

背景の削除の機能

図の背景の削除および編集が簡単になりました。PowerPoint_generic は背景領域全体を自動的に検出するので、図の前景を四角形で囲む必要がなくなりました。維持または削除する領域にマークを付けるための鉛筆では、直線だけでなく自由な形式の線を描けるようになりました。

また、維持または削除する領域にマークを付けるための鉛筆 表を描くための鉛筆 を使用して、直線だけでなく自由な形式の線を描くこともできます。

詳細情報

4K にエクスポート

プレゼンテーションをビデオにエクスポートする場合、4K の解像度を選べるようになりました。

詳細情報

[エクスポート] ダイアログ ボックスのスクリーン ショットであり、プレゼンテーションをベースにしたビデオを作成するときに使用できるオプションが表示されている

記録機能

ビデオまたはオーディオ ナレーションを記録することができます。また、デジタル インク ジェスチャを記録することもできます。リボンにあるオプションの [記録] タブには、すべての記録機能が 1 か所にまとめられています。

詳細情報

ビデオ再生ボタンのアイコン

デジタル インクによる描画/書き込み

カスタマイズ可能なポータブル ペン セット

ペン ギャラリー

手描き入力のためのペン、蛍光ペン、鉛筆の個人用セットを選択し、Office_generic アプリ全体で使用することができます。

詳細情報

インク効果   

アイデアをセンスよく表現するには、さまざまな色だけでなく、メタリック ペンやインク効果を使用することができます。虹、銀河、溶岩、海、金、銀などがあります。

インク効果を表示する [ペン] ドロップダウン

インク描画のセグメント消しゴム

セグメント消しゴムを使用すると、インク描画を整理するときに正確にコントロールできます。インクが別の線と重なるところまで消去されます。

詳細情報

直線を描画するための直線定規

タッチ スクリーンを搭載したデバイスの場合は、リボンの [描画] タブにあるルーラーを使用して、直線を描画したり、一連のオブジェクトを配置したりすることができます。ルーラーで水平、垂直、またはその間のいずれかに位置付けます。角度設定が備わっているため、必要に応じて正確な角度で設定できます。

詳細情報

PowerPoint のルーラー機能

その他の新機能

じょうごグラフと 2D マップ グラフ

じょうごグラフを使用すると、段階的に減少する値を比較して表示することができます。詳細情報

数回のステップだけで地理データをマップ グラフに変換して、分析情報、傾向、機会を特定することができます。詳細情報

デジタル ペンを使用してスライド ショーを実行する

Surface ペン、または Bluetooth ボタンを備えたその他のペンを使用して、スライドの切り替えを行うことができます。

詳細情報

スライドショーを表示しているノート PC の画面の横にあるペンの上部を持ってクリックしている手

Office のスキルを伸ばす

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×