スキップしてメイン コンテンツへ
Google スプレッドシートから Windows 用 Excel に切り替える

共有と共同作業

Windows 版 Excel で共有と共同作業を行う

OneDrive にブックを保存する

ブックを OneDrive に保存し、別のデバイスからブックにアクセスして、他のユーザーと共有し、共同作業を行うことができます。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択します。

    • 職場または学校の場合、[
      OneDrive - <会社名>] を選択します。

    • 個人用のファイルの場合、[
      OneDrive - 個人用] を選択します。

  2. ファイル名を入力し、[保存] を選択します。

アカウントにもう一度サインインする必要があります。 詳細については、「Excel ブックの共同編集を使用して同時に共同作業を行う」を参照してください。

Office 2016 の保存オプション

ブックを共有する

  1. リボンの 共有 [共有] を選択します。

    または、[ファイル]、[共有] の順に選択します。

    注: OneDrive にファイルがまだ保存されていない場合は、共有するためにファイルを OneDrive にアップロードするように求められます。

  2. 共有相手をドロップダウンから選択するか、名前またはメール アドレスを入力します。

  3. メッセージを追加し (省略可能)、[送信] を選択します。

Excel の [共有] アイコンとダイアログ ボックス

ブックを共同編集する

ファイルを共有した後は、他のユーザーと同時にそのファイルを編集できます。

  • 右上隅に、他のユーザーがファイルを編集中であるユーザーも表示されます。

  • 色のセルには、各ユーザーがブックで作業している場所が正確に表示されます。 色をクリックすると、セルを編集しているユーザーが表示されます。

ヒント: 以前のバージョンを表示して復元するには、[ファイル>情報>バージョン履歴] を選択します。

人によって色分けされたセル、人のアイコンにカーソルが置かれ、名前が表示されている

次へ: Excel for Windows で作業を行う

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×