スキップしてメイン コンテンツへ
Windows の OneDrive 同期クライアントを使用してファイルを同期する

Windows の OneDrive 同期クライアントを使用してファイルを同期する

OneDrive を使用すると、コンピューターとクラウドの間でファイルを同期できるため、コンピューター、モバイルデバイス、さらに OneDrive.com の OneDrive Web サイトといったどこからでもファイルにアクセスできます。 OneDrive フォルダー内のファイルまたはフォルダーを追加、変更、または削除すると、そのファイルまたはフォルダーは OneDrive Webサイトで追加、変更、または削除されます。その逆も同様です。 同期しているファイルをファイル エクスプローラで直接操作して、オフラインのときでもファイルにアクセスできます。 オンラインのときはいつでも、自分や他の人による変更は自動的に同期されます。

この記事では、OneDrive 同期アプリ をダウンロードして個人用アカウント、仕事用または学校用アカウントでサインインして同期を開始する方法について説明します。 Office 365 Business を使用している場合は、SharePoint サイトからファイルを同期することもできます。 Office 365 Business を使用していない場合は、OneDrive for Business 同期クライアントとのSharePoint ファイルの同期(Groove.exe)を参照してください。

注: macOS でファイルを同期する方法については、Mac OS X でOneDrive 同期クライアントとファイルを同期するを参照してください。

注: OneDrive の使用方法について詳しくは、OneDrive ビデオトレーニングを参照してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

インストールおよびセットアップ

  1. Windows 10 を使用している場合、コンピュータには既に OneDrive アプリがインストールされています。手順2に進みます。

    Windows 10 または Office 2016 がない場合は、Windows バージョンの新しい OneDrive 同期クライアントをインストールしてください。

  2. OneDrive セットアップを開始します。

OneDrive にログインしているアカウントがない場合

現在 OneDrive にサインインしているアカウントがない場合は、以下の手順に従って OneDrive を起動してください。

  1. [スタート] ボタンを選択し、"OneDrive" を探して開きます。

    • Windows 10 では、[OneDrive] デスクトップ アプリを選択します。

      Windows 10 で OneDrive デスクトップ アプリを検索したスクリーンショット

    • Windows 7 では、[プログラム] の [Microsoft OneDrive] を選択します。

      Windows 7 で OneDrive デスクトップ アプリを検索したスクリーンショット

    • Windows 8.1 で OneDrive for Business を検索し、OneDrive for Business アプリを選択します。

  2. OneDrive セットアップを開始したら、自分の個人アカウント、または職場や学校のアカウントを入力し、[サインイン]を選択します。

    OneDrive のセットアップの最初の画面のスクリーンショット

既に OneDrive にログインしているアカウントがある場合

既に OneDrive にログインしているアカウントがあり、別のアカウントを追加する場合は、OneDrive 設定でそれを行います。

  1. OneDrive タスク バーの通知領域で、白または青の Windows クラウドのアイコンを選択します。

    青と白の雲のアイコンが表示された OneDrive SyncClient

    (OneDrive のアイコンが表示されていない場合は、通知領域の横の [隠れているインジケーターを表示します] 矢印をクリックしてください。 通知領域にアイコンが表示されない場合は、OneDrive が実行されていない可能性があります。 [スタート] をクリックして、検索ボックスに「OneDrive」と入力し、検索結果の OneDrive をクリックします)。

    非表示のアイコンを示す矢印と Windows システム トレイ

  2. [その他]、[設定] の順に選択します。

    OneDrive の設定へのアクセスのスクリーンショット

  3. [設定]から[アカウント]を選択し、次に[アカウントを追加]を選択します。

    OneDrive アカウント追加ダイアログ

    OneDrive セットアップを開始したら、自分の個人アカウント、または職場や学校のアカウントを入力し、[サインイン]を選択します。

    OneDrive のセットアップの最初の画面のスクリーンショット

    注: 複数の OneDrive for Business アカウントを同期できますが、同期できる個人用 OneDrive アカウントは1つだけです。

OneDrive のセットアップで重要なポイント

OneDrive のセットアップでは、次の 2 つの画面が注目に値します。

  • [自分のOneDriveフォルダーです]画面で、[次へ]を選択して OneDrive ファイルのデフォルトのフォルダーの場所を決定します。 フォルダーの場所を変更したい場合は、[場所の変更]を選択してください。この変更を行う時期はここが最適です。

    [OneDrive へようこそ] ウィザードの [OneDrive フォルダーを設定します] 画面のスクリーンショット

  • [フォルダの選択]画面で、同期するフォルダーを選択し、[次へ]を選択します。 これにより、OneDrive ファイルがコンピュータ上で占有する容量を制御し、同期処理中の帯域幅を節約できます。 これは後で「設定」から変更できますが、ここでも良い機会です。

    [OneDrive へようこそ] ウィザードの [OneDrive からファイルを同期] 画面のスクリーンショット

注: 既に OneDrive for Business をコンピューターに (以前の同期クライアントを使って) 同期しており、同期アプリ だけをインストールした場合は、[OneDrive フォルダーです] 画面や [OneDrive からファイルを同期] 画面が OneDrive セットアップ中に表示されることはありません。 同期アプリ では、前に使っていたのと同じフォルダーの場所で同期が継承されます。 同期するフォルダーを選ぶには、タスク バーの通知領域にある青色のクラウド アイコンを右クリックし、[設定] > [アカウント] > [フォルダーの選択] を選択します。

OneDrive ファイルを閲覧、管理する

これですべての作業が終わりました。 OneDrive ファイルは、ファイルエクスプローラの OneDrive フォルダーに表示されます。 複数のアカウントを使用している場合、個人のファイルは [OneDrive - 個人用] に表示され、職場または学校のファイルは [OneDrive - 会社名] に表示されます。

エクスプローラーの OneDrive for Business ファイルのスクリーンショット

これで、通知領域に新しい白または青のクラウドアイコン(またはその両方)が表示され、ファイルがコンピュータと同期されました。 青色のクラウド アイコンにマウス ポインターを合わせると、[OneDrive – [テナント名]] と表示されます。

OneDrive for Business の同期クライアント

注: Contoso は名前の一例です。自分の組織の名前が表示されます。

コンピュータ上で同期するフォルダを変更したい場合は、タスクバーの通知領域にあるそのクラウドアイコンを右クリックし、[設定] > [アカウント] > [フォルダーの選択] と進んでください。 アカウントに関する他の情報を探し、ここから他の OneDrive 設定を変更してください。

OneDrive アカウント追加ダイアログ

さらに調べる

オンライン

オンライン ヘルプを表示
詳細については、OneDriveOneDrive for Business のサポート ページを参照してください。
OneDrive モバイル アプリについては、「OneDrive モバイル アプリの問題をトラブルシューティングする」を参照してください。

メール サポートのアイコン

メール サポート
さらにサポートが必要な場合は、OneDrive アプリの画面が表示されている状態でモバイル デバイスを振るか、OneDrive のサポート チームにメールを送信してください。 お使いの Windows PC または Mac から OneDrive for Business サポートに問い合わせるには、通知領域またはメニュー バーの OneDrive アイコンを選択し、[その他]、[フィードバックの送信]、[問題点、改善点を報告する] を順に選択します。

OneDrive for Business 管理者は、OneDrive for Business Tech CommunityOneDrive for Business 管理者向けヘルプ一般法人向け Office 365 のサポートに問い合わせるを参照することもできます。

Office 365 コミュニティ フォーラム

フィードバックがある場合
OneDriveUserVoice では、OneDrive に追加してほしい機能を提案していただくことができます。 具体的な機能や時期についての保証はできませんが、500 票以上を獲得した提案には必ず返答します。

OneDrive UserVoice にアクセスしてください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×