WEEKDAY 関数

日付に対応する曜日を返します。既定では、戻り値は 1 (日曜) から 7 (土曜) までの範囲の整数となります。

書式

WEEKDAY(シリアル値,種類)

シリアル値  求めたい曜日の日付を表す序数を指定します。

種類    戻り値の種類を数値で指定します。

種類

戻り値

1 または省略

1 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の整数

51

1 (月曜) 〜 7 (日曜) の範囲の整数

76

0 (月曜) ~ 6 (日曜) の範囲の整数

解説

日付は連続したシリアル値として格納され、日付の計算が行われます。既定では、1899 年 12 月 31 日がシリアル値 1 になります。2008 年 1 月 1 日は 1900 年 1 月 1 日から 39,448 日後に当たるので、シリアル値は 39448 になります。

使用例

次の例では、2008/2/14 は木曜日になっています。

説明 (結果)

=WEEKDAY("2/14/2008")

1 (日曜) ~ 7 (土曜) の種類を使用して曜日を返します (5)

=WEEKDAY("2/14/2008",2)

1 (月曜) ~ 7 (日曜) の種類を使用して曜日を返します (4)

=WEEKDAY("2/14/2008",3)

0 (月曜) ~ 6 (日曜) の種類を使用して曜日を返します (3)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×