スキップしてメイン コンテンツへ

Weekday 関数

何曜日であるかを表す整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Weekday( date [, firstdayofweek ] )

Weekday 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

date

必須。 日付を表すことができるバリアント型、数値式、文字列式、またはこれらの組み合わせ。 date に Null が含まれる場合は、Null が返されます。

firstdayofweek

省略可能。 週の始まりの曜日を表す定数。 省略すると、vbSunday と見なされます。

設定

firstdayofweek 引数の設定は次のとおりです。

定数

説明

vbUseSystem

0

NLS API の設定を使います。

vbSunday

1

日曜日 (既定)

vbMonday

2

月曜日

vbTuesday

3

火曜日

vbWednesday

4

水曜日

vbThursday

5

木曜日

vbFriday

6

金曜日

vbSaturday

7

土曜日

戻り値

Weekday 関数は次のいずれかの値を返します。

定数

説明

vbSunday

1

日曜日

vbMonday

2

月曜日

vbTuesday

3

火曜日

vbWednesday

4

水曜日

vbThursday

5

木曜日

vbFriday

6

金曜日

vbSaturday

7

土曜日

解説

[予定表] のプロパティ設定がグレゴリオ暦の場合、返される整数は、date 引数のグレゴリオ暦の曜日を示します。 [予定表] がイスラム暦の場合、返される整数は、date 引数のイスラム暦の曜日を示します。 イスラム暦の場合、引数の数は、1/1/100 (グレゴリア暦 718 年 8 月 2 日) から 4/3/9666 (グレゴリア暦 9999 年 12 月 31 日) までを示す任意の数値式です。

クエリの例

結果

ProductSales から Expr1 として DateofSale、Weekday ([DateofSale]) を選択します。

"DateofSale" フィールドの値と、これらの日付値の "Weekday" を表す数値を返します。 (既定では、日曜日は週の最初の曜日と見なされます。 1)。

ProductSales から新しい曜日として DateofSale、Weekday ([DateofSale], 2) を選択します。

"DateofSale" フィールドの値と、これらの日付値の "Weekday" を表す数値を返します。 (月曜日を週の最初の曜日として考える)。

VBA の例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Weekday 関数を使用して、指定した日付から曜日を取得します。

Dim MyDate, MyWeekDay
MyDate = #February 12, 1969# ' Assign a date.
MyWeekDay = Weekday(MyDate)
' MyWeekDay contains 4 because
' MyDate represents a Wednesday.

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

適切な日付関数を選択する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×