スキップしてメイン コンテンツへ

WEBSERVICE 関数

WEBSERVICE関数は、インターネットまたはイントラネット上の web サービスからデータを返します。

注: 

  • WEBSERVICE 関数は、Windows 版 Excel 2013 以降でのみ使用できます。

  • WEBSERVICE 関数は Excel for Mac の機能ギャラリーに表示されますが、Windows オペレーティングシステムの機能に依存しているため、Mac では結果が返されません。

書式

WEBSERVICE(URL)

WEBSERVICE 関数の書式には、次の引数があります。

引数

説明

url   

必須

呼び出す web サービスの URL

注: 

  • 引数がデータを返すことができない場合、WEBSERVICE は #VALUE を返します。 エラーが表示されます。

  • 引数の結果が有効でない場合、または許容されるセルの制限値の32767文字を超える場合、WEBSERVICE は #VALUE を返します。 エラーが表示されます。

  • Url が GET 要求に対して許可されている2048文字を超える文字列の場合、WEBSERVICE は #VALUE を返します。 エラーが表示されます。

  • Ftp://file://などのサポートされていないプロトコルの場合は、#VALUE が返されます。 が返されます。

使用例

架空の webservice を使用する例を次に示します。

=WEBSERVICE(“http://mywebservice.com/serviceEndpoint?searchString=Excel”)

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

ENCODEURL 関数

FILTERXML 関数

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×