スキップしてメイン コンテンツへ
Web 用 Excel のクイック スタート

ヒントを参照する

Web 用 Excel のヒントを参照する

ヒント 1: [ホーム] タブには、よく使用される機能がある

[切り取り]、[コピー]、[貼り付け]、[書式の貼り付け] ボタンがある [ホーム] タブ、フォント、配置、数値の書式などの書式のオプション、行/列の挿入、合計と並べ替え

  • 切り取り、コピー、貼り付けなどのクリップボード機能。

  • フォント、配置、数値の書式設定機能。

  • 表やセルを操作する機能。

  • データのオート SUM、並べ替え、検索を行う編集機能。

ヒント 2: [挿入] タブは表、グラフなどに使用する

[挿入] タブを使用して関数、フォーム、表、画像、図形、グラフ、ハイパーリンクを挿入します。

行、列、セルを挿入するには、[ホーム] タブの右側を確認します。

[挿入] タブ、[グラフ] メニュー

ヒント 3: データを収集するには、フォームを作成する

  1. [挿入]、[フォーム]、[新しいフォーム] の順に選択します。

  2. 質問と回答を追加します。

[フォーム]、[新しいフォーム]

ヒント 4: 列および行を固定する

データのスクロール中もビュー内に表示するには、列および行を固定します。

  1. 固定する行の下のセルと固定する列の右のセルを選択します。

  2. [表示]、[ウィンドウ枠の固定]、[ウィンドウ枠の固定] の順にクリックします。

[表示] タブ、[ウィンドウ枠の固定] メニュー、[ウィンドウ枠の固定] コマンド

ヒント 5:表でデータをフィルター処理する

データを表にしてフィルターを作成します。

  1. データの内部をクリックします。

  2. [挿入]、[] の順に選択します。

[挿入] タブ、[表] ボタン、[フィルター] メニュー

ヒント 6: オート SUM で範囲を検出する

連続するセルに番号がある場合、[オート SUM] ボタン [オート SUM] ボタン を使用すると、自動的に範囲が検出され、数値の合計が算出されます。

  1. 合計する範囲の下または右にあるセルを選択します。

  2. [ホーム]、 [オート SUM] ボタン [オート ​​SUM] の順に選択します。

[オート SUM] ボタンで自動的に検出されたセルの範囲

ヒント 7:オフラインで作業する

OneDrive はファイルをコンピューターと同期します。

  • エクスプローラーまたは Mac Finder を開きます。 OneDrive が左側に表示されます。

  • ファイルをこのフォルダーにコピーしたり、移動したり、名前変更したりします。

インターネットから切断している場合でも、これらのファイルを開いて編集できます。 再接続すると、OneDrive と同期されます。

Windows エクスプローラー、OneDrive フォルダー、Excel ファイル

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×