スキップしてメイン コンテンツへ
Web 用 Excel のクイック スタート

Web 用 Excel で作業する

Web 用 Excel で作業する

ファイルに名前を付ける

ブックを作成すると、Web 用 Excelによって自動的に名前が付けられます。 名前を変更するには、

  1. 名前をクリックします。

  2. わかりやすい名前を入力します。

    ファイルの命名、データの入力など、Web 用 Excelで行うすべての作業は自動的に保存されます。

ファイル名をクリックするカーソル

ファイルを編集する

ファイルに名前を付けた後、データを入力し、表、グラフ、数式を作成することができます。 上部にあるタブをクリックして、目的の機能を見つけます。

リボンを折りたたんでスペースを増やすには、タブをダブルクリックします。

[挿入] タブ、[グラフ] メニュー

Excel のすべての機能が必要な場合

Excel デスクトップ アプリで、ファイルを開きます。

  1. [Excel で開く] を選択します。

    Excel アプリケーションが起動し、ファイルが開かれます。

  2. そのまま作業を続けて保存します。

    デスクトップ アプリで変更を保存すると、OneDrive に保存されます。ファイルに名前を付けて保存したり、ファイルを再度アップロードしたりする必要はありません。

[Excel で編集] ボタン

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×