Web 版 Outlook でスクリーン リーダーを使用を開始します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: 

  • Outlook on the webの品質向上に取り組んでいる常にします。すべての機能のある方のため使いやすい、応答、およびアクセスできるようにする、最優先ことです。

  • 要求の特定の機能を使っている場合は、推奨するか、 web ユーザーの音声フォーラムにアクセスし、[Outlookで投票してください。

Outlook on the web の機能領域に移動する

Outlook on the web では、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押すと、ツールバーや受信トレイなどの機能領域間を移動することができます。どの機能領域にいても、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押すと、次の機能領域の先頭に移動することができます。

Ctrl キーを押しながら F6 キーを押すと、Tab キーを使用してタブ位置に移動するのと同じように、機能領域間を順番に移動できます。機能領域の移動順序は、Office 365 アプリ起動ツール、[検索] ボックス、[フォルダー] ナビゲーション ウィンドウ、[ツールバー]、[受信トレイ]、[閲覧] ウィンドウの順となります。

Outlook on the web のキーボード ショートカット

Outlook のすべてのキーボード ショートカットの一覧については、アプリ内の任意の場所で ? (疑問符) を入力します。これにより Web ページが開き、ショートカット一覧が表示されます。

詳しくは、 web 版 Outlook でのショートカット キーの検索します。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×