Web 互換性の確認: リレーションシップおよびルックアップに関するエラー

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、互換性チェックを実行したときに発生する可能性があるリレーションシップと検索エラーと、エラーの解決に役立つ情報を示します。

互換性チェックのエラーの一般的な情報については、「 Web 互換性の確認: 一般的なエラー」を参照してください。

ACCWeb105000

ACCWeb105001

ACCWeb105002

ACCWeb105003

ACCWeb105004

ACCWeb105005

ACCWeb105006

ACCWeb105007

ACCWeb105008

ACCWeb105009

ACCWeb105010

ACCWeb105011

ACCWeb105012

ACCWeb105014

ACCWeb105015

ACCWeb105016

ACCWeb105017

ACCWeb105000

エラーテキスト   列のデータ型は、web 参照と互換性がありません。

意味   示されているルックアップフィールドのデータ型は、Web ではサポートされていません。

実行する操作   ルックアップフィールドが次のサポートされているデータ型のいずれかであることを確認します。

  • 1 行テキスト

  • 日付/時刻

  • 数値

  • 1行のテキストを返す計算フィールド

ページの先頭へ

ACCWeb105001

エラーテキスト   ルックアップバインド列は、Web と互換性のある主キーである必要があります。

意味   指定されたルックアップフィールドの連結列は、ターゲット参照テーブルの主キーではありません。

実行する操作   ルックアップウィザードを使用して、ルックアップフィールドを再作成します。バインドされた列としてターゲット参照テーブルの主キー列を指定します。

ページの先頭へ

ACCWeb105002

エラーテキスト   ルックアップ行のソースは、Web と互換性のあるように指定された1つのテーブルとテーブルのフィールドを含む完全な SQL ステートメントである必要があります。

意味   次の条件のいずれか、または両方に該当します。

  • 指定されたルックアップのクエリでは、複数のテーブルまたはクエリがデータソースとして使用されます。

  • クエリで使用されている列は、明示的に選択されていません。

実行する操作   次のことを確認して、ルックアップを再作成します。

  • lookup は、データソースとして1つの web 互換テーブルを使用します。

    ヒント: web に対応していないテーブルでは、互換性チェッカーを実行したときに、[web 互換性の問題] テーブルに行が作成されている必要があります。

  • lookup クエリでは、各フィールドを明示的に指定します (SELECT * を使わない)。

ページの先頭へ

ACCWeb105003

エラーテキスト   値リストの行ソース型を持つ複数列のルックアップは、Web と互換性のある "Col1" にバインドされている必要があります。

意味   指定した複数列のルックアップは、Col1 にバインドされていません。

実行する操作   ルックアップウィザードを使用して、ルックアップフィールドを再作成します。値参照の Col1 にバインドしていることを確認します。

ページの先頭へ

ACCWeb105004

エラーテキスト   値リストルックアップには、Web と互換性のある少なくとも1行のデータが含まれている必要があります。

意味   指定されたルックアップの値リストは空であるため、Web との互換性はありません。

実行する操作   ルックアップフィールドの値リストに、少なくとも1行のデータを指定します。

ページの先頭へ

ACCWeb105005

エラーテキスト   空の値を含む値リストは、Web と互換性がありません。

意味   これは、値の参照の1行に欠落している列の値がある場合に発生します。これは、web と互換性がありません。

実行する操作   値リストの1行のフィールドが指定されていることを確認します。[デザインビュー] を使用して、この行ソースを設定するか、ルックアップウィザードを使用します。([フィールド] タブの [プロパティ] グループで、[ルックアップの変更] をクリックします)。

ページの先頭へ

ACCWeb105006

エラーテキスト   ルックアップ行のソースのテーブルが見つかりません。

意味   指定されたルックアップの行ソースとして示されているテーブルは存在しません。

実行する操作   ルックアップの有効な行ソースを指定します。ルックアップウィザードを使用して、ルックアップを再作成することができます。


エラーテキスト   ルックアップ行ソースの計算結果列を含む SQL ステートメントは、Web と互換性がありません。

意味   指定されたルックアップフィールドには、その行ソースに式が含まれているため、web との互換性はありません。たとえば、次の値は、web ルックアップフィールドの有効な行ソースではありません。連絡先から選択します ([姓] & "" & [姓])。

実行する操作   基になるテーブルに集計列を作成し、ルックアップフィールドを再作成することを検討してください。

ページの先頭へ

ACCWeb105007

エラーテキスト   ルックアップ行ソースは、Web と互換性のあるテーブルを1つしか参照できません。

意味   指定されたルックアップフィールドの行ソースには複数のテーブルが含まれています。

実行する操作   ルックアップウィザードを使用して、1つのテーブルのみを参照するようにルックアップを再作成します。データモデルを変更する必要がある場合があります。

ページの先頭へ

ACCWeb105008

エラーテキスト   ルックアップに複数の値を許可する場合は、参照整合性を有効にする必要があります。

意味   指定されたルックアップフィールドでは複数の値を使用できますが、リレーションシップモデルでは参照整合性が適用されます。これには、参照に単一の値が必要です。

実行する操作   リレーションシップの参照整合性を削除するか、複数の値を許可せずにルックアップフィールドを再作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105009

エラーテキスト   [複数の値を許可する] が true の場合は、リストの制限を true にする必要があります。

意味   [ルックアッププロパティの制限] リストは、指定したフィールドに対して False に設定されていますが、複数の値が True に設定されていることを許可します。

実行する操作   ルックアップフィールドの [リストに制限する] プロパティを True に設定します。または、[複数の値を許可する] を False に設定します。

ページの先頭へ

ACCWeb105010

エラーテキスト   ルックアップには、関連付けられたリレーションシップが Web と互換性を持たせる必要があります。

意味   指定されたルックアップフィールドに関係が関連付けられていません。

実行する操作   ルックアップフィールドとそれが参照しているフィールドの間にリレーションシップを作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105011

エラーテキスト   ルックアップ行のソースの SQL ステートメントには、ソーステーブルの主キーフィールドが含まれている必要があります。このフィールドは、連結された列である必要があります。

意味   指定されたルックアップフィールドのクエリには、ソーステーブルの主キーが含まれていないため、web ではでません。

実行する操作   ルックアップウィザードを使用して、ルックアップフィールドを再作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105012

エラーテキスト   ルックアップ行のソースの SQL ステートメントは、Web と互換性がありません。

意味   指定されたルックアップフィールドの行ソースの sql ステートメントは、サポートされていない sql 演算子が含まれているなど、さまざまな理由で、誤った形式であるか、Web と互換性がありません。

実行する操作   ルックアップウィザードを使用して、ルックアップフィールドを再作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105014

エラーテキスト   ルックアップ列を持つテーブルには主キーが必要であり、主キーは長いデータ型である必要があります。

意味   ルックアップターゲットテーブルの外部キーまたはソーステーブルの主キーは、長い整数、またはその両方ではありません。

実行する操作   参照のソースとターゲットの両方のフィールドが長い整数であることを確認します。このために新しいフィールドを作成することをお勧めします。

ページの先頭へ

ACCWeb105015

エラーテキスト   検索の種類は、Web と互換性のある ' | 0 ' または ' | 1 ' である必要があります。

意味   指定されたルックアップフィールドは、フィールドリストを行ソースとして参照します。

実行する操作   ルックアップウィザードを使用して、ルックアップフィールドを再作成します。データモデルを変更する必要がある場合があります。

ページの先頭へ

ACCWeb105016

エラーテキスト   有効なルックアップフィールドに関連付けられていないリレーションシップは、Web と互換性がありません。

意味   リレーションシップはルックアップフィールドではサポートされていないため、web データベースとの互換性はありません。

実行する操作   関連するテーブル間にルックアップフィールドを作成します。ルックアップウィザードを使用して、ルックアップを作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105017

エラーテキスト   計算列の検索結果のデータ型は、Web と互換性のあるテキストである必要があります。

意味   指定されたルックアップフィールドの最初の表示列は、テキスト以外のデータ型を持つ集計列です。

実行する操作   集計フィールドのデータ型をテキストに変更するか、ルックアップフィールドを再作成して、別の最初の表示列を選択します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×