スキップしてメイン コンテンツへ

Web 互換性の確認: クエリに関するエラー

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、互換性チェックを実行したときに発生する可能性があるクエリエラーと、エラーの解決に役立つ情報を示します。

互換性チェックのエラーに関する一般的な情報については、「Web 互換性の確認: よく発生するエラー」を参照してください。

ACCWeb102012

ACCWeb102014

ACCWeb103013

ACCWeb103079

ACCWeb103900

ACCWeb103901

ACCWeb103902

ACCWeb103903

ACCWeb103904

ACCWeb103905

ACCWeb103906

ACCWeb103907

ACCWeb103908

ACCWeb103916

ACCWeb103918

ACCWeb103926

ACCWeb103927

ACCWeb103928

ACCWeb103930

ACCWeb103938

ACCWeb103939

ACCWeb103940

ACCWeb103942

ACCWeb102012

エラーテキスト   クエリは Web と互換性がありません。

意味   クエリで Web 互換性の問題がないかどうかを確認する必要があります。

実行する操作   クエリデザイナーを使用して、クエリを作成し直します。クエリデザイナーを使用して web クエリを作成する方法の詳細については、「クエリの概要」を参照してください。

ページの先頭へ

ACCWeb102014

エラーテキスト   SQL は Web と互換性がありません。

意味   このエラーが表示される理由は、さまざまです。次のいずれかの操作を実行している可能性があります。

  • web 互換性のないオブジェクトを参照しています。

  • web に互換性のない式を参照しています。

式を作成する方法の詳細については、「式を構築する」を参照してください。

実行する操作    web クエリデザイナーを使用して、web 互換のクエリを作成することを検討してください。Web のクエリをデザインする方法の詳細については、「クエリの概要」を参照してください。

ページの先頭へ

ACCWeb103013

エラーテキスト   クエリ結果には同じ名前を持つ複数のフィールドが含まれているため、クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味   複数のフィールドには同じ名前が付けられます。

実行する操作   重複するフィールド名を確認し、重複するフィールド名を変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb103079

エラーテキスト   式の不一致を入力します。

意味   結合の両側の型は互換性がないか、比較されたフィールドの種類が互換性のない型です。たとえば、文字列を数値に比較したり、結合したりすることはできません。

実行する操作   結合の側面に互換性があることを確認します。たとえば、テキスト型と数値型を数値型に結合します。結合を実行していない場合は、互換性のないフィールドの種類を比較しているかどうかを確認します。

ページの先頭へ

ACCWeb103900

エラーテキスト   クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味   サポート対象外のクエリの種類、サポートされていない式、サポートしていない条件、またはその他の機能を Web でサポートしていないため、Access ではクエリを発行できませんでした。

実行する操作   Access クエリデザイナーを使用して、クエリを再設計します。

ページの先頭へ

ACCWeb103901

エラーテキスト   クエリの定義は無効であるため、クエリオブジェクトを作成できません。

意味   クエリ定義に予期しないエラーが発生したため、サーバーはクエリを解析できませんでした。

実行する操作   Access デザイナーを使ってクエリを再設計します。

ページの先頭へ

ACCWeb103902

エラーテキスト   Access では、サポートされていないクエリの種類、サポートしていない式、サポート対象外の抽出条件など、web ではサポートされていないその他の機能を使用しているため、クエリを web で使うことができませんでした。

意味   クエリには、Web と互換性のない式が含まれています。このエラーは、サーバーの制限によって、または式がサーバーに移動できない場合に発生する可能性があります。

実行する操作   web 互換でない式を削除します。クエリで式の詳細については、「式を作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

ACCWeb103903

エラーテキスト   クエリの定義は無効であるため、クエリオブジェクトを作成できません。

意味   属性値の1つが Web と互換性がありません。

実行する操作   次の条件が正しく設定されていることを確認します。

  • name 属性には、次のいずれかが含まれていません。

先頭に等号を指定する

=

ピリオド

.

感嘆符

!

角かっこ

[]

空白の先頭スペース

非印字可能文字

例: < Enter > または < TAB >

次のいずれかの記号

/ \ : * ?"< > |# {}% ~ &

  • name 属性の長さは、1 ~ 64 文字です。

  • Caption 属性: 1024 文字までの任意の文字列を指定します。

ページの先頭へ

ACCWeb103904

エラーテキスト   Access では、サブクエリが含まれているため、クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味   クエリにサブクエリが含まれています。サブクエリはサーバーではサポートされていません。

実行する操作   サブクエリを持たないようにクエリを変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb103905

エラーテキスト   web 互換ではない別のクエリに依存しているため、Access はクエリを web で使用できるように変換できませんでした。

意味   クエリには、サーバー上で表現できない入力として入れ子になったクエリが含まれているか、見つからない入力ソースが含まれています。

解決策   

  • 入れ子になったクエリが有効であることを確認します。

  • Access クエリデザイナーを使用して、有効な入れ子になったクエリを作成します。

  • クエリの入力ソーステーブルまたはクエリがデータベースに存在することを確認します。

ページの先頭へ

ACCWeb103906

エラーテキスト   クエリの定義は無効であるため、クエリオブジェクトを作成できません。

意味   選択された列または順序によって、ソーステーブルまたはクエリが見つかりません。

実行する操作   列の入力ソーステーブルまたはクエリが Access データベースに存在することを確認します。

ページの先頭へ

ACCWeb103907

エラーテキスト    Access では、結果にフィールドが含まれていないため、クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味   クエリで列が選択されていません。

実行する操作   クエリで少なくとも1つの出力列を選択するか、指定します。

ページの先頭へ

ACCWeb103908

エラーテキスト    Access では、結果にフィールドが多すぎるため、クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

この意味    クエリソースの列数が多すぎます。

実行する操作    これは解決するのが難しい場合があります。また、ソーステーブルを確認する必要がある場合があります。テーブルには以下のものがあります。

  • JET_ccolFixedMost 固定列。

  • JET_ccolVarMost 可変長列。

  • JET_ccolTaggedMost タグ付きの列。

ページの先頭へ

ACCWeb103916

エラーテキスト   web ではサポートされていない order by 句に依存しているため、web で使用できるようにクエリを変換できませんでした。

この意味   次のいずれかまたは複数の条件が存在します。

  • order by 要素の名前が有効ではありません。

  • ソーステーブルの名前が有効ではありません。

  • [並べ替え順序] は、[昇順] または [降順] 以外のオプションに設定されます。

  • 式が有効ではありません。

実行する操作   次の条件が正しく設定されていることを確認します。

  • name 属性には、次のいずれかが含まれていません。

先頭に等号を指定する

=

ピリオド

.

感嘆符

!

角かっこ

[]

空白の先頭スペース

非印字可能文字

例: < Enter > または < TAB >

次のいずれかの記号

/ \ : * ?"< > |# {}% ~ &

  • name 属性の長さは、1 ~ 64 文字です。

  • 式は有効な式です。

ページの先頭へ

ACCWeb103918

エラーテキスト    web ではサポートされていない結合の種類を指定しているため、クエリを web で使用できるように変換できませんでした。

意味   サーバーは、2つのテーブルの間に複数の結合を持つクエリ (複数フィールド結合) をサポートしていません。

実行する操作   結合でテーブルごとに1つのフィールドのみを使用するようにします。

ページの先頭へ

ACCWeb103926

エラーテスト   Access では、選択するテーブルが指定されていないため、クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味    クエリに入力テーブルがありません (from 句がありません)。

実行する操作   クエリに入力列が指定されていることを確認します。

ページの先頭へ

ACCWeb103927

エラーテキスト   クエリ結果には同じ名前を持つ複数のフィールドが含まれているため、クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味   複数のフィールドに同じ名前を指定しました。

実行する操作   重複するフィールド名を確認し、重複するフィールド名を変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb103928

エラーテキスト   web で使用できるように変換できないパラメーターがあるため、Access は web で使用するクエリを変換できませんでした。

意味   パラメーター名または型が有効ではありません。

実行する操作   パラメーターの名前と種類が有効であることを確認します。

  • name 属性には次のものが含まれていません。

先頭に等号を指定する

=

ピリオド

.

感嘆符

!

角かっこ

[]

空白の先頭スペース

非印字可能文字

例: < Enter > または < TAB >

次のいずれかの記号

/ \ : * ?"< > |# {}% ~ &

  • name 属性の長さは、1 ~ 64 文字です。

有効な型は次のとおりです。

テキスト (最大255文字)

数字

ブール型

DateTime

Currency

ページの先頭へ

ACCWeb103930

エラーテキスト   一部のパラメーターが結果フィールドとして表示されるか、またはステートメントごとに使われているため、Access は Web で使用するクエリを変換できませんでした。

意味   クエリには、スカラとして射影されるか、order by ステートメントで使用されるパラメーターがあります。

これは、予測される列としてパラメーターを使用する場合に発生することがあります (例: テーブル1から param1 を選択してください)、または order by (例: select * from) を選択します。

実行する操作   列または列の順序で射影されるパラメーターを使わないようにします。

ページの先頭へ

ACCWeb103938

エラーテキスト   クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味   同じ名前を持つ2つのフィールドがあり、アクセスが有効なエイリアスを作成できません。

実行する操作   重複するフィールド名を確認し、重複するフィールド名を変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb103939

エラーテキスト   クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味   クエリには、64文字よりも大きいエイリアスが含まれています。

実行する操作   クエリで使用されるエイリアスが64文字以下であることを確認します。

ページの先頭へ

ACCWeb103940

エラーテキスト   web ではサポートされていない結合の種類を指定しているため、クエリを web で使用できるように変換できませんでした。

意味   サーバーは、同じ2つのテーブルに複数の結合を持つクエリをサポートしていません (複数フィールド結合)。

実行する操作   テーブルごとに1つのフィールドのみを使用している結合を確認します。

ページの先頭へ

ACCWeb103942

エラーテキスト    循環結合が含まれているため、クエリを Web で使用できるように変換できませんでした。

意味   クエリ内のテーブル間の結合によって、Web での使用のためにクエリが変換されないようになっているテーブル間の循環結合が発生します。

実行する操作    循環結合が削除されるように、テーブル間の結合を削除します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×