web 上の Microsoft to do への組織のアクセスを管理する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft から提供されている Outlook on the web では、新しいタスクエクスペリエンスを提供しています。 新しい Outlook on the web で [タスク] アイコンをクリックすると、ユーザーは to do に移動します。 つまり、web 上の to do は、to do プランではなく、Exchange Online を介してライセンス供与されるようになります。 to do ライセンスは、引き続き Windows、iOS、Android へのアクセスを継続します。

組織の to do on the web へのアクセスを引き続き管理したい場合は、次のオプションを検討することをお勧めします。

  1. 新しい Outlook on the web を有効または無効

  2. ネットワーク構成を更新して、https://to-do.office.com へのアクセスを許可または禁止します

手順2をスキップして手順1を実行しても、ネットワークでアクセスが許可されていないアプリによって電力が消費される新しいタスクエクスペリエンスが開かれる可能性があるので、注意してください。 その後、従来のタスクエクスペリエンスにアクセスするために、ユーザーはメールまたはその他の機能に移動して、"新しい Outlook" をオフに切り替える必要があります。

アラーム: web 上の操作は、to do ライセンスによって管理されなくなりました。アプリ起動ツールのタイルの表示は、引き続き有効な To do ライセンスに依存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×