Web ページのオプション

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

さまざまな機能や設定の保存、または Microsoft Office Excel にインポートする Web ページを制御するのにには、Web ページのオプション] ダイアログ ボックスを使用します。

[全般] タブ

数式を維持するために必要な非表示のデータを保存します。    ファイルのサイズを大きく発行するには、選択した範囲に含まれない数式の外部参照先のデータを保持するには、このチェック ボックスを選択します。これは、既定値です。チェック ボックスをオフに外部と保存しない場合は、このチェック ボックスに数式を計算値に置き換えるには、ファイルのサイズを小さくするのには、データを参照します。

注: このオプションは、Office Web コンポーネントは、 Microsoft Office Excel 2007では、期限が切れているを使用する対話型の Web ページにのみ適用されます。

Excel で作成していない Web ページから図を読み込む    その他のプログラムで作成した画像を読み込むには、このチェック ボックスを選択します。これは、既定値です。その他のプログラムで作成した画像を無視する場合は、このチェック ボックスをオフにします。

[ブラウザー] タブ

ターゲット ブラウザー] セクション

この Web ページを表示できるユーザーを使用します。    古いバージョンの表示対象としているブラウザーを選択します。既定では、Internet Explorer 4.0 です。

オプション] セクション

グラフィック形式として PNG を使用します。    ポータブル ネットワーク グラフィックス (PNG) グラフィックの書式設定を有効にするには、このチェック ボックスを選択します。PNG グラフィックの書式設定を無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。これは、既定値です。

CSS を    カスケード スタイル シート (CSS) を使用するには、このチェック ボックスを選択します。これは、既定値です。カスケード スタイル シート (CSS) を使用する対象のブラウザーがサポートしていないため、このチェック ボックスをオフにします。

Vml グラフィックスをブラウザーに表示します。    ベクトル マークアップ言語 (VML) を使用して Web ページのダウンロードを高速化できるブラウザーで画像を表示するには、このチェック ボックスを選択します。VML を対象となるブラウザーがサポートしていないため VML を使用しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。これは、既定値です。

新しい Web ページを単一ファイル Web ページとして保存   サポート ファイルからのコンテンツとして単一ファイル Web ページ (.mht, .mhtml) ファイルを保存するには、このチェック ボックスをオン、箇条書きなどの背景テクスチャ、およびグラフィックを Web ページに埋め込まれています。これは、既定値です。サポート ファイルを Web ページとして保存するには、このチェック ボックスをオフにします。Web ページとして保存] コマンドをクイック アクセス ツールバーに追加した場合は、このオプションを使用します。

注: 

[ファイル] タブ

ファイルの名前と場所のセクション

関連ファイルをフォルダーに    サポートのすべてのファイルを保存するには、このチェック ボックスをオン、箇条書き、背景のテクスチャ、グラフィックなど、サブフォルダーに個別にします。これは、既定値です。サポート Web ページと同じフォルダーにファイルを保存するには、このチェック ボックスをオフにします。

可能な限り、長いファイル名を使用します。    Web サーバーでサポートされているために、長いファイルの名前 (スペースや 8 つ以上の文字とファイル名) を使用するには、このチェック ボックスを選択します。これは、既定値です。Web サーバーでは、長い名前はサポートされていないために、短い名前 (8.3 表記) を使用するには、このチェック ボックスをオフにします。

保存のリンクを更新    移動または移動したり、Web ページをコピーする場合は、サポート ファイルをコピーできませんが、代わりに、Web ページ上の相対リンクにアドレスを更新する] このチェック ボックスを選択します。更新する前に、移動またはコピーした Web ページを保存する必要があります。移動または移動したり、Web ページをコピーする場合は、サポート ファイルをコピーするには、このチェック ボックスをオフにします。これは、既定値です。

既定の編集者] セクション

Office を Office で作成した Web ページの既定のエディター    Microsoft Office プログラムが Web ページの既定のエディターとして登録されているかどうかを確認するには、このチェック ボックスを選択します。別のプログラムが既定のエディターとして登録されている、Office Web ページを保存すると、既定のエディターとして、Office プログラムを復元するかどうかを確認するメッセージが表示されます。これは、既定値です。このメッセージが表示されない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

[図] タブ

対象モニター   画面のサイズ] ボックスでは、画面のサイズを選択します。1 インチあたりのピクセル数] ボックスに、ピクセル サイズを選択します。

画像とテキストは、ビデオの解像度 (画面のサイズに対する相対的な画面要素のサイズ) に応じて異なる方法で折り返すことができます。画面のサイズ指定されたサイズとページのグラデーションの背景をなど、ブック内のイメージのレイアウトに影響することができます。画面上のテキストのサイズに対する相対的なグラフィックのサイズをピクセル サイズに影響します。

[エンコード] タブ

現在のドキュメントを再読み込み    ページのエンコードにすると思われる言語を選択します。この設定は言語エンコードを判断できない場合、次のページが読み込まれたときにも使われます。

Web ページを開いたときに Office Excel は、そのページに使用されるエンコードを確認しようとします。Excel では、Web ブラウザーでページを開いたときに、誤った文字が表示されている場合、Web ページを使用する必要のエンコードを選択します。テキストを読むことになるまで、各エンコードを試してください。

このドキュメントを保存します。    Web ページを保存するエンコード方法を選択します。

常に既定のエンコードで Web ページを保存します。    既定のお使いのコンピューターにエンコードを使用するには、このチェック ボックスを選択し、[このドキュメントを保存] ボックスを使用できないようにします。[このドキュメントを保存] ボックスを有効にして、指定されたエンコードを使用するには、このチェック ボックスをオフにします。この設定は、その他のソースからのページを再利用して、1 つのエンコードですべてのページを保存する場合に便利です。これは、既定値です。

[フォント] タブ

文字セット   Web ページに使用する文字を選択します。

プロポーショナル フォントとサイズ    通常のテキストのサイズ、フォントを選択します。既定ではArial 10 です

固定幅フォントとサイズ   フォントと固定幅テキストのサイズを選びます。既定では10 Courier New です

Web ページを Excel にインポートする場合は、Web ページまたはテキスト形式のファイルの問題が発生のフォントが適用されている場合は、ページのエンコードにすると思われる文字セットを選択します。選択した文字セットに依存しているフォントの一覧からことができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×