Web サービス データ接続を追加します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレートにクエリを実行するか Web サービスにデータを送信するのには、1 つまたは複数のセカンダリ データ接続を追加できます。

この記事の内容

概要

互換性に関する考慮事項

始める前に

クエリのデータ接続を追加します。

データの送信接続を追加します。

概要

セカンダリ データ接続は、フォーム テンプレートに追加する外部データ ソースへのすべてのデータ接続です。このデータ接続は、データベース、Web サービス、または接続ライブラリの設定を基にフォーム テンプレートをデザインする際に作成されるメイン データ接続と異なります。クエリまたはメイン データ接続を使用してデータを送信できない場合にのみ、セカンダリ データ接続を追加します。

Web サービスのXML スキーマに対応するクエリのデータを Microsoft Office InfoPath では、データ フィールドおよびグループの第 2 データ ソースを作成するフォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加するとします。セカンダリ データ ソース内のデータ構造、XML スキーマが一致しているために、既存のフィールドまたはセカンダリ データ ソース内のグループを変更することはできません。フォーム テンプレートに送信データ接続を追加して、フォーム データを送信するためのフォーム テンプレートを構成するフォーム テンプレートに基づくフォームの送信オプションを設定します。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

送信するユーザーは、Web サービス、Microsoft の ADO.NET データセットを受け入れるにはフォームのデータと情報を変更できるようにするのには、 ブラウザー互換フォーム テンプレートで送信データ接続を構成することはできません。情報の変更は、ユーザーが、データをデータベースに保存すると、変更で構成されます。データベースは、ユーザーをデータベースに接続するのに Web サービスを使用します。ADO.NET では、データベース内のデータを更新するのに方法を決定するのに変更の情報を使用できます。Web サービスにデータベースを更新する情報の変更が必要なかどうかは、Web サービスの管理者に依頼します。場合は、フォームを InfoPath を使用してのみ入力できるフォーム テンプレートをデザインする必要があります。

ページの先頭へ

始める前に

フォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加する前に、Web サービスの管理者から次の情報をする必要があります。

  • Web サービスの場所。

  • ドキュメント/リテラル スタイルのエンコードを使用する Web サービスを確認します。InfoPath では、ドキュメント/リテラル スタイル Web サービスのみを使用することができます。

  • データを送信する、またはこのフォーム テンプレートに基づくフォームからデータを受信 Web サービス操作の名前。

ページの先頭へ

クエリのデータ接続を追加します。

許可データのクエリを Web サービスからフォーム テンプレートを使用して、フォーム テンプレートで、次の操作する必要があります。

  1. セカンダリ データ接続を追加します。

  2. セカンダリ データ接続を使用するフォーム テンプレートを構成します。

手順 1: セカンダリ データ接続を追加します。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードへの新しい接続の作成] をクリックし、[データの受信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. どこからたい場合は、データを受信するには、[ Web サービス] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、Web サービスの場所を入力し、[次へ] をクリックします。

    注: どこからでも説明の検出との統合 (拡張) サーバーを使用して Web サービスを検索する場合は、[ UDDI の検索] をクリックして、検索、またはなサービス プロバイダーで検索するかどうかを指定する UDDI サーバーの URL を入力指定すると、検索キーワードを入力し、[検索] をクリックします。検索キーワードが一致する web サービスは、検索結果のリストに表示されます。使うには、Web サービスを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. 操作を選択] ボックスの一覧、ウィザードの次のページで、フォームにデータを返す Web サービス処理をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. データ接続ウィザードでは、Web サービスのスキーマで未知の要素が検出されると、ウィザードの次のページがどのようなフィールドやメイン データ ソースに追加するグループを決定するには、各パラメーターのサンプル値を指定するように求められます。

    方法

    1. パラメーターの表にパラメーターを選択し、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. サンプル値] ボックスに、ユーザーが、このフィールドを使用して、[ OK] をクリックしてことも、値を入力します。

    3. パラメーターの表に、各パラメーターの次の手順を繰り返して、[次へ] をクリックします。

    技術的な詳細情報

    データ接続ウィザードで、[Web サービスへのデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続して、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスで使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、InfoPath にこのファイルを送信して要求に応答します。InfoPath では、このファイル内の情報を使用して、フォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに適切なフィールドとグループを追加します。InfoPath では、WSDL ファイルで、不明な要素のタイプが検出されると、InfoPath はサンプル データを使用して、不明な要素の種類の定義を決定し、セカンダリ データ ソースには適切なフィールドおよびグループを追加します。

  8. フォームがネットワークに接続していないときに、使用するクエリの結果を設定する場合は、フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。

    セキュリティ メモ: このチェック ボックスをオン、フォーム テンプレートで、クエリの結果を格納します。いるため、フォーム テンプレートにデータが保存されますが、ユーザーが記入するフォームで使用が自分のコンピューターがネットワークに接続していない場合でもします。このデータ接続から機密性の高いデータを取得する場合場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するのには、この機能を無効にすることがあります。

  9. [次へ] をクリックします。

  10. ウィザードの次のページで、クエリのデータ接続のわかりやすい名前を入力します。

  11. 開いたときに自動的にデータを受信するには、このフォーム テンプレートに基づくフォームを有効にするには、自動的にフォームを開いたときにデータを取得する] チェック ボックスを選択します。

  12. [概要] セクションの情報が正しいことを確認し、[完了] をクリックします。

  13. [閉じる] をクリックします。

手順 2: セカンダリ データ接続を使用するフォーム テンプレートを構成します。

フォーム テンプレートにクエリのデータ接続を追加するときに既定でこのフォーム テンプレートに基づくフォーム データ接続を使用するユーザーを開いたとき。次の方法のいずれかでクエリのデータ接続を使用するフォーム テンプレートを構成することもできます。

  • ルールの追加   ルールの条件が発生するたびに、クエリのデータ接続を使用するためのルールを構成することができます。

  • 追加ボタン   クエリのデータ接続を使用してデータを取得するユーザーがクリックして、フォーム テンプレートには、ボタンを追加できます。

  • ユーザー設定コードを使用します。   ルールまたはボタンを追加することができない場合は、クエリのデータ接続を使用してデータを取得するユーザー設定のコードを使用できます。ユーザー設定コードを使用するには、カスタム コードを作成するのには、開発者が必要です。

ルールを追加する

ルールの条件が満たされたときに、クエリのデータ接続からデータを取得するフォーム テンプレートには、ルールを追加できます。次の手順は、フォーム テンプレートのクエリのデータ接続を作成して、そのデータ接続からデータを表示するフォーム テンプレート上のコントロールが構成されていることを想定しています。

  1. フォーム テンプレートに複数のビューがある場合は、[表示] メニューのセカンダリ データ ソースからデータを表示するコントロールをビューに移動するビューの名前をクリックします。

  2. ためのルールを追加するコントロールをダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. [入力規則とルール] で [ルール] をクリックします。

  5. [ルール] ダイアログ ボックスで [追加を] をクリックします。

  6. [名前] ボックスで、ルールの名前を入力します。

  7. ルールが実行する必要がある場合は、条件を指定するには、条件の設定] をクリックし、し、条件を入力します。条件が発生したときに、ルールが実行されます。条件を設定していない場合、ユーザーは、[コントロール] の値を変更し、そのコントロールから離れてだれかのカーソルを移動するときに、ルールが実行されます。

  8. アクションの追加] をクリックします。

  9. 一覧で、アクションクエリ データ接続を使用する] をクリックします。

  10. データ接続の一覧で、使用するクエリ データ接続をクリックし、[各 [開く] ダイアログ ボックスを閉じるには、 [OK ] をクリックします。

  11. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ボタンを追加します。

クエリのデータ接続からデータを取得するユーザーがクリックして、フォーム テンプレートには、ボタン コントロールを追加できます。次の手順では、フォーム テンプレートのクエリのデータ接続を作成することを前提としています。

  1. フォーム テンプレートに複数のビューがある場合は、[表示] メニューのセカンダリ データ ソースからデータを表示するコントロールをビューに移動するビューの名前をクリックします。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. ボタンのコントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  4. フォーム テンプレートに追加したボタンをダブルクリックします。

  5. [全般] タブをクリックします。

  6. アクションリストで、[更新] をクリックします。

  7. [ラベル] ボックスで、フォーム テンプレートのボタンを表示する名前を入力します。

  8. [設定] をクリックします。

  9. [更新] ダイアログ ボックスでは、 1 つのセカンダリ データ ソースをクリックします。

  10. セカンダリ データ ソースの選択] の一覧で、クエリのデータ接続に関連付けられているセカンダリ データ ソースをクリックし、各 [開く] ダイアログ ボックスを閉じるには、 [OK ] をクリックします。

  11. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

データの送信接続を追加します。

Web サービスにフォーム テンプレートに基づくフォームを送信できるように、データを送信するフォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加する最初とユーザーがフォーム データを送信を許可するフォーム テンプレートを構成します。

手順 1: セカンダリ データ接続を追加します。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードへの新しい接続の作成] をクリックし、[データの送信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. データを送信する方法には、[ Web サービス] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページには、Web サービス、ユーザーは、データを送信し、[次へ] をクリックしての場所を入力します。

    注: どこからでも説明の検出との統合 (拡張) サーバーを使用して Web サービスを検索する場合は、[ UDDI の検索] をクリックして、検索、またはなサービス プロバイダーで検索するかどうかを指定する UDDI サーバーの URL を入力指定すると、検索キーワードを入力し、[検索] をクリックします。検索キーワードが一致する web サービスは、検索結果のリストに表示されます。使うには、Web サービスを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. 操作の選択] の一覧でフォーム データを受信し、[次へ] をクリックして Web サービスの操作] をクリックします。

  7. ウィザードの次のページでのフォームでは、Web サービスでは、各パラメーターの送信するには、どのようなデータを選択するには次のいずれかの操作を行います。

    [フィールドまたはグループ内のデータを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、 [フィールドまたはグループをクリックします。

    3. [データ ソース] ボタン変更] をクリックします。

    4. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスでは、フィールドまたはグループのデータを送信する] をクリックし、[ OK] をクリックします。

    5. 含める] ボックスに、[にこのフィールドおよびフィールドまたはグループの子要素のデータだけを送信または、[フィールド名] フィールドに、データを送信するXML 要素を含むサブツリー選択したテキストと子要素のみ] をクリックし、選択したグループまたはフィールド内の子要素。

    フォーム内のデータのすべてを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、フォーム全体 (XML ドキュメント、処理命令を含む)をクリックします。

    文字列としてデータを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、フォーム全体 (XML ドキュメント、処理命令を含む)をクリックします。

    3. 文字列としてデータを送信する] チェック ボックスを選択します。

      注: 通常、デジタル署名されたデータを送信するには、このチェック ボックスを選択します。ほとんどの場合、このチェック ボックスをオフにします。

    ADO.NET データセット オブジェクトに関するノート

    Web サービスは、ADO.NET データセット オブジェクトを必要とする場合は、このデータ接続を構成するときにデータセット ノードを選択します。ADO.NET データセット オブジェクトが必要な Web サービス データ接続のノードの他の種類を使用する場合は、送信アクションが失敗します。

  8. [次へ] をクリックします。

  9. ウィザードの次のページで、送信データ接続の名前を入力します。

  10. [概要] セクションの情報が正しいことを確認し、[完了] をクリックします。

  11. [閉じる] をクリックします。

セカンダリ データ接続の送信を追加した後に送信データ接続を使用してフォーム データを送信できるようにするフォーム テンプレートを構成する必要があります。

手順 2: フォーム テンプレートの送信を有効にします。

フォーム データを送信するためのフォーム テンプレートを構成する場合は、[標準] ツールバーとフォームの [ファイル] メニューに [送信] コマンドに送信] ボタンが追加されます。次の方法でフォーム テンプレートの送信オプションをカスタマイズすることもできます。

  • [送信] ボタンと [送信] に表示されているテキストを変更します。

  • [送信] ボタンと [送信] コマンドのキーボード ショートカットを変更します。

  • そのフォームを送信したときに、ユーザーに表示するユーザー設定のメッセージを作成します。

  • フォームを開いたまま、フォームを閉じるかどうかを指定するか、フォームの送信後、新しい空白のフォームを開きます。

  • [ツール] メニューで、 [送信オプション] をクリックします。

  • 送信オプション] ダイアログ ボックスで、このフォームを送信するユーザーを許可する]チェック ボックスをオンにし、[フォームのデータを単一の宛先に送信] をクリックし、一覧で、[ Web サービス] をクリックします。

  • [送信用のデータ接続の選択] ボックスの一覧で、前の手順で作成した Web サービスへの送信データ接続の名前をクリックします。

    1. [標準] ツールバーで、ユーザーがフォームに入力するときに、[ファイル] メニューに表示されている [送信] コマンドが表示される [送信] ボタンの名前を変更するには、送信で図表番号] ボックスに新しい名前を入力します。オプション] ダイアログ ボックス。

      ヒント: このボタンおよびコマンドにキーボード ショートカットを割り当てる場合は、入力のアンパサンド (&) は、キーボード ショートカットとして使用する文字の前にします。たとえば、として送信] ボタンとコマンドのキーボード ショートカットは、alt キーを押しながら B を割り当てるSu & 送を入力します。

  • ユーザーがフォームに入力するときに、[標準] ツールバーに [送信] コマンド、または [送信] ボタンを使用したくない場合、送信メニューおよびツールバーの [送信] ボタンを表示する] チェック ボックスをオフにします。

    1. 既定では、ユーザーが、フォームを送信した後、InfoPath がフォームを開いたままにして、フォームが正常に送信されたかどうかを示すメッセージが表示されます。この既定の動作を変更するには、するには、[詳細設定] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

      • フォームを閉じるか、ユーザーが完成したフォームを送信した後、新しい空白のフォームを作成するするには、後の送信] ボックスの一覧で必要なオプションをクリックします。

      • 示すフォームが正常に送信されたかどうかのユーザー設定のメッセージを作成するには、[ユーザー設定のメッセージを使用する] チェック ボックスを選択し、成功失敗した場合のボックスに、メッセージを入力します。

        ヒント: [失敗] ボックスにメッセージを使用して、ユーザーに通知がフォームを送信することができない場合。たとえば、ユーザーがそのフォームを保存して、詳しい情報について問い合わせてを提案することができます。

      • ユーザーがフォームを送信した後にメッセージを表示したくない成功メッセージとエラー メッセージを表示する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×