Web サービスを基にフォーム テンプレートをデザインします。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

両方を行う Web サービスを使用する、データを送信またはクエリを実行してデータを送信できるフォーム テンプレートをデザインできます。

この記事の内容

概要

互換性に関する考慮事項

始める前に

クエリのデータ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインします。

送信データ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインします。

クエリを使用してフォーム テンプレートをデザインし、データ接続を送信します。

概要

フォームが、メインのデータ接続と呼ばれる、1 つのプライマリ データ接続を設定して、1 つまたは複数のセカンダリ データ接続を必要に応じて、します。フォームの目標をによってデータ接続はクエリ、フォーム データを Microsoft SQL Server データベースや Web サービスなどの外部データ ソースを送信します。

Web サービスを基にしたフォーム テンプレートをデザインする際からデータを受信、送信するのには、データまたは送受信 Web サービスからのデータをフォーム テンプレートを基にフォームを許可するフォーム テンプレートを構成するオプションがあります。Web サービスからデータを受信するフォームを許可するフォーム テンプレートをデザインする場合は、Microsoft Office InfoPath フォームのメインのデータ接続としてクエリ データ接続を作成します。データ接続に基づき、InfoPath は、クエリのフィールド、データ フィールドでは、Web サービスのXML スキーマに基づくグループとメインデータ ソースを作成します。クエリのフィールドには、コンテンツを決定するフォームを送信する Web サービスを使用するデータが含まれています。このフォーム テンプレートに基づくフォームは、メイン データ接続を使用すると、クエリ フィールドのデータを使用してクエリが作成されます。InfoPath では、Web サービスにクエリのデータ接続を使用して、クエリを送信します。Web サービスでは、クエリのデータ接続をフォームにクエリの結果を返します。

クエリとデータ フィールドのデータ構造 Web サービスのデータを格納する方法が一致する必要がありますので、メインのデータ ソースの既存のフィールドまたはグループを変更することはできません。メインのデータ ソースのルート グループにのみ、フィールドまたはグループを追加できます。「参照」セクションの詳細については、データ ソースへのリンクを検索します。

Web サービスにデータを送信するフォーム テンプレートをデザインする際に InfoPath フォームのメイン データ接続に送信データ接続を作成します。これにより、ユーザーが Web サービスへのフォームのデータを送信できます。InfoPath は、 [ファイル] メニューの [送信] コマンドを追加し、フォームの [標準] ツールバーの [送信] ボタンを有効にします。また、フォームの送信オプションをカスタマイズできます。送信データ接続を作成すると、InfoPath は Web サービスのパラメーターがデータを受信できるを決定します。この情報に基づいて、Web サービスに送信するフィールドを指定できます。

Web サービスにデータを送受信するフォーム テンプレートをデザインする場合は、クエリのデータ接続とデータの送信接続の両方が作成されます。

InfoPath では、次の Web サービス標準を使用して、Web サービスとの通信。

  • 簡易オブジェクト アクセス プロトコル (SOAP)   SOAP とは、Web サービスとの通信に使われる XML メッセージを定義する通信プロトコルです。

  • Web サービスの記述言語 (WSDL)   WSDL は、場所、通信プロトコル、および Web サービス インターフェイスを記述するための XML スキーマ標準です。InfoPath では、ドキュメント/リテラル スタイル Web サービスのみを使用することができます。

  • どこからでも説明検出/(UDDI) の統合   UDDI は、ビジネスによって提供される Web サービスについて説明するディレクトリ サービスです。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

送信するユーザーは、Web サービス、Microsoft の ADO.NET データセットを受け入れるにはフォームのデータと情報を変更できるようにするのには、 ブラウザー互換フォーム テンプレートで送信データ接続を構成することはできません。情報の変更は、ユーザーが、データをデータベースに保存すると、変更で構成されます。データベースは、ユーザーをデータベースに接続するのに Web サービスを使用します。ADO.NET では、データベース内のデータを更新するのに方法を決定するのに変更の情報を使用できます。Web サービスにデータベースを更新する情報の変更が必要なかどうかは、Web サービスの管理者に依頼します。場合は、フォームを InfoPath を使用してのみ入力できるフォーム テンプレートをデザインする必要があります。

ページの先頭へ

始める前に

Web サービスを基にしたフォーム テンプレートをデザインするために、Web サービスの管理者から次の情報を作成する必要があります。

  • Web サービスの場所。

  • ドキュメント/リテラル スタイルのエンコードを使用する Web サービスを確認します。InfoPath では、ドキュメント/リテラル スタイル Web サービスのみを使用することができます。

  • データを送信する、またはこのフォーム テンプレートに基づくフォームのデータが表示される Web サービス操作の名前。

ページの先頭へ

クエリのデータ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインします。

クエリのデータ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインするには、次の操作をする必要があります。

  1. フォーム テンプレートを作成します。   Web サービスからデータを受信できるフォーム テンプレートを作成すると、Web サービスと、このフォーム テンプレートに基づくフォームのクエリのデータ接続をメイン データ接続が作成されます。また、フォーム テンプレートのメインのデータ ソースが作成されます。

  2. クエリの結果を表示する 1 つまたは複数のコントロールを追加します。   フォームを開いたときに、メインのデータ ソース内のフィールドのデータを編集するユーザーは、フォーム テンプレートにコントロールを追加し、そのコントロールをメイン データ ソース内のフィールドにバインドすることができます。

手順 1: フォーム テンプレートを作成します。

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. 新しくデザインフォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレートをクリックします。

  3. にリストで、 Web サービス] をクリックします。

  4. ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] チェック ボックスを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

  6. データ接続ウィザード] では、データの受信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. ウィザードの次のページで、Web サービスの場所を入力し、[次へ] をクリックします。

    どこからでも説明の検出との統合 (拡張) サーバーを使用して Web サービスを検索する場合は、[ UDDI の検索] をクリックして、検索、またはなサービス プロバイダーで検索するかどうかを指定する UDDI サーバーの URL を入力指定すると、検索キーワードを入力し、[検索] をクリックします。検索キーワードが一致する web サービスは、検索結果のリストに表示されます。使うには、Web サービスを選択し、[ OK] をクリックします。

  8. 操作の選択] の一覧をフォームにデータを返す Web サービスの操作をクリックし、[次へ] をクリックします。

  9. データ接続ウィザードでは、Web サービスのスキーマで未知の要素が検出されると、ウィザードの次のページがどのようなフィールドやメイン データ ソースに追加するグループを決定するには、各パラメーターのサンプル値を指定するように求められます。

    方法

    1. パラメーターの表にパラメーターを選択し、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. サンプル値] ボックスに、ユーザーが、このフィールドを使用して、[ OK] をクリックしてことも、値を入力します。

    3. パラメーターの表に、各パラメーターの次の手順を繰り返して、[次へ] をクリックします。

    技術的な詳細情報

    データ接続ウィザードで、[Web サービスへのデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続して、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスで使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、InfoPath にこのファイルを送信して要求に応答します。InfoPath では、このファイル内の情報を使用して、フォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに適切なフィールドとグループを追加します。InfoPath では、WSDL ファイルで、不明な要素のタイプが検出されると、InfoPath はサンプル データを使用して、不明な要素の種類の定義を決定し、セカンダリ データ ソースには適切なフィールドおよびグループを追加します。

  10. Web サービスを承諾情報を変更した場合、クエリのデータに情報を変更を含める場合は、ウィザードの次のページを求められます。ほとんどの場合、変更データを送信するときに情報を含める] チェック ボックスをオンにすると、し、[次へ] をクリックします。含める情報を変更したくない場合、[変更のデータを送信するときに情報を含める] チェック ボックスをオフにし、[次へ] をクリックします。

    ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、このチェック ボックスが無効です。

    技術的な詳細情報

    ウィザードでは、このページには、Web サービスの Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルでは、Web サービスが、Microsoft の ADO.NET データセットを返すことを示す場合にのみが表示されます。

  11. ウィザードの次のページで、データ接続の名前を入力します。

  12. [概要] セクションの情報が正しいことを確認し、[完了] をクリックします。

手順 2: クエリの結果を表示する 1 つまたは複数のコントロールを追加します。

  1. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  2. コントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  3. コントロールのバインド] ダイアログ ボックスで、グループまたはコントロールを連結するフィールドを選択します。

ページの先頭へ

送信データ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインします。

送信データ接続を使用するフォームをデザインするには、次の操作をする必要があります。

  1. フォーム テンプレートを作成します。   Web サービスにデータを送信できるフォーム テンプレートを作成する Web サービスと、このフォーム テンプレートに基づくフォームの送信データ接続を使用するメイン データ接続が作成されます。また、フォーム テンプレートのメインのデータ ソースが作成されます。

  2. 1 つまたは複数の controlsand のグループまたはフィールドにバインドまたはフィールドのデータを表示するコントロールのプロパティの設定を追加します。   メイン データ ソース内のフィールドのデータを編集できるように、フォーム テンプレートにコントロールを追加し、それらのコントロールをメイン データ ソース内のフィールドにバインドすることができます。

  3. 送信オプションを構成します。   Web サービスとフォームの送信オプションに送信データを構成することができます。

手順 1: フォーム テンプレートを作成します。

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. 新しくデザインフォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレートをクリックします。

  3. にリストで、 Web サービス] をクリックします。

  4. ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] チェック ボックスを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

  6. データ接続ウィザードでは、データの送信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. ウィザードの次のページには、Web サービス、ユーザーは、データを送信し、[次へ] をクリックしての場所を入力します。

    どこからでも説明の検出との統合 (拡張) サーバーを使用して Web サービスを検索する場合は、[ UDDI の検索] をクリックして、検索、またはなサービス プロバイダーで検索するかどうかを指定する UDDI サーバーの URL を入力指定すると、検索キーワードを入力し、[検索] をクリックします。検索キーワードが一致する web サービスは、検索結果のリストに表示されます。使うには、Web サービスを選択し、[ OK] をクリックします。

  8. [次へ] をクリックします。

  9. 操作の選択] の一覧では、送信データを取得する Web サービスの処理] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  10. ウィザードの次のページで、データ接続の名前を入力します。

  11. [概要] セクションの情報が正しいことを確認し、[完了] をクリックします。

手順 2: 1 つまたは複数のコントロールを追加して、グループまたはフィールドにバインド

  1. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  2. コントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  3. コントロールのバインド] ダイアログ ボックスで、グループまたはコントロールを連結するフィールドを選択します。

  4. すべての他のコントロールをフォーム テンプレートに追加するには、手順 2 と 3 を繰り返します。

手順 3: 送信オプションを構成します。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、メインのデータ接続] で、送信データ接続をクリックし、[変更] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードで、を 2 回クリックします。

  4. ウィザードの次のページでフォームを送信する Web サービスでは、各パラメーターのデータを選択するのには、次のいずれかを行います。

    [フィールドまたはグループ内のデータを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、 [フィールドまたはグループをクリックします。

    3. [データ ソース] ボタン変更] をクリックします。

    4. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスでは、フィールドまたはグループのデータを送信する] をクリックし、[ OK] をクリックします。

    5. 含める] ボックスに、[にこのフィールドおよびフィールドまたはグループの子要素のデータだけを送信または、[フィールド名] フィールドに、データを送信するXML 要素を含むサブツリー選択したテキストと子要素のみ] をクリックし、選択したグループまたはフィールド内の子要素。

    フォーム内のデータのすべてを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、フォーム全体 (XML ドキュメント、処理命令を含む)をクリックします。

    文字列としてデータを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、フォーム全体 (XML ドキュメント、処理命令を含む)をクリックします。

    3. 文字列としてデータを送信する] チェック ボックスを選択します。

      注: 通常、デジタル署名されたデータを送信するには、このチェック ボックスを選択します。ほとんどの場合、このチェック ボックスをオフにします。

    技術的な詳細 ADO.NET データセット オブジェクト

    Web サービスは、ADO.NET データセット オブジェクトを必要とする場合は、このデータ接続を構成するときにデータセット ノードを選択します。ActiveX データ オブジェクト (ADO)、データセットが必要な Web サービス データ接続のノードの他の種類を使用する場合は、送信アクションが失敗します。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [完了] をクリックします。

  7. [閉じる] をクリックします。

  8. [ツール] メニューで、 [送信オプション] をクリックします。

    1. [標準] ツールバーで、ユーザーがフォームに入力するときに、[ファイル] メニューに表示されている [送信] コマンドが表示される [送信] ボタンの名前を変更するには、送信で図表番号] ボックスに新しい名前を入力します。オプション] ダイアログ ボックス。

      このボタンおよびコマンドにキーボード ショートカットを割り当てる場合は、入力のアンパサンド (&) は、キーボード ショートカットとして使用する文字の前にします。たとえば、として送信] ボタンとコマンドのキーボード ショートカットは、alt キーを押しながら B を割り当てるSu & 送を入力します。

  9. ユーザーがフォームに入力するときに、[標準] ツールバーに [送信] コマンド、または [送信] ボタンを使用したくない場合、送信メニューおよびツールバーの [送信] ボタンを表示する] チェック ボックスをオフにします。

    1. 既定では、ユーザーが、フォームを送信した後、InfoPath がフォームを開いたままにして、フォームが正常に送信されたかどうかを示すメッセージが表示されます。この既定の動作を変更するには、するには、[詳細設定] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

      1. フォームを閉じるか、ユーザーが完成したフォームを送信した後、新しい空白のフォームを作成するするには、後の送信] ボックスの一覧で必要なオプションをクリックします。

      2. 示すフォームが正常に送信されたかどうかのユーザー設定のメッセージを作成するには、[ユーザー設定のメッセージを使用する] チェック ボックスを選択し、成功失敗した場合のボックスに、メッセージを入力します。

        [失敗] ボックスにメッセージを使用して、ユーザーに通知がフォームを送信することができない場合。たとえば、ユーザーがそのフォームを保存して、詳しい情報について問い合わせてを提案することができます。

      3. ユーザーがフォームを送信した後にメッセージを表示したくない成功メッセージとエラー メッセージを表示する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

クエリを使用してフォーム テンプレートをデザインし、データ接続を送信します。

クエリのデータ接続とデータの送信接続の両方を含むフォーム テンプレートをデザインするには、次の操作する必要があります。

  1. フォーム テンプレートを作成します。   両方が、クエリのデータを Web サービスに送信できるフォーム テンプレートを作成するときに InfoPath クエリ データ接続とデータの送信接続を使って、フォーム テンプレートと Web サービスの間のメイン データ接続を作成します。また、フォーム テンプレートのメインのデータ ソースが作成されます。

  2. コントロールを追加しフィールドのデータを表示するフィールドにバインド   表示し、メインのデータ ソース内のフィールドのデータを編集できるように、フォーム テンプレートにコントロールを追加し、それらのコントロールをメイン データ ソース内のフィールドにバインドすることができます。

  3. 送信オプションを構成します。   Web サービスとフォームの送信オプションに送信データを構成することができます。

手順 1: フォーム テンプレートを作成します。

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. 新しくデザイン]、[フォームのデザイン] ダイアログ ボックスで [フォーム テンプレートをクリックします。

  3. にリストで、 Web サービス] をクリックします。

  4. ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] チェック ボックスを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

  6. データ接続ウィザードで、をクリックして受信データを送信して、[次へ] をクリックします。

  7. ウィザードの次のページで、フォーム テンプレートにデータを送信する操作を行う Web サービスの場所を入力し、[次へ] をクリックします。

    どこからでも説明の検出との統合 (拡張) サーバーを使用して Web サービスを検索する場合は、[ UDDI の検索] をクリックして、検索、またはなサービス プロバイダーで検索するかどうかを指定する UDDI サーバーの URL を入力指定すると、検索キーワードを入力し、[検索] をクリックします。検索キーワードが一致する web サービスは、検索結果のリストに表示されます。使うには、Web サービスを選択し、[ OK] をクリックします。

  8. 操作の選択] の一覧をフォームにデータを返す Web サービスの操作をクリックし、[次へ] をクリックします。

  9. データ接続ウィザードでは、Web サービスのスキーマで未知の要素が検出されると、ウィザードの次のページがどのようなフィールドやメイン データ ソースに追加するグループを決定するには、各パラメーターのサンプル値を指定するように求められます。

    方法

    1. パラメーターの表にパラメーターを選択し、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. サンプル値] ボックスに、ユーザーが、このフィールドを使用して、[ OK] をクリックしてことも、値を入力します。

    3. パラメーターの表に、各パラメーターの次の手順を繰り返して、[次へ] をクリックします。

    技術的な詳細情報

    データ接続ウィザードで、[Web サービスへのデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続して、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスで使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、InfoPath にこのファイルを送信して要求に応答します。InfoPath では、このファイル内の情報を使用して、フォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに適切なフィールドとグループを追加します。InfoPath では、WSDL ファイルで、不明な要素のタイプが検出されると、InfoPath はサンプル データを使用して、不明な要素の種類の定義を決定し、セカンダリ データ ソースには適切なフィールドおよびグループを追加します。

  10. Web サービスを承諾情報を変更した場合、クエリのデータに情報を変更を含める場合は、ウィザードの次のページを求められます。ほとんどの場合では、データを送信するときに情報を変更含める] チェック ボックスをオンのままにし、[次へ] をクリックします。含める情報を変更したくない場合に含めるデータを送信するときに情報を変更する] チェック ボックスをオフにし、[次へ] をクリックして] をクリックします。

    ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、チェック ボックスが無効です。

    技術的な詳細情報

    ウィザードでは、このページには、Web サービスの Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルでは、Web サービスが ADO.NET データセットを返すことを示す場合にのみが表示されます。

  11. ウィザードの次のページで、クエリのデータ接続の名前を入力し、[次へ] をクリックします。

  12. ウィザードの次のページには、Web サービス、ユーザーは、フォームを送信し、[次へ] をクリックしての場所を入力します。

    どこからでも説明の検出との統合 (拡張) サーバーを使用して Web サービスを検索する場合は、[ UDDI の検索] をクリックして、検索、またはなサービス プロバイダーで検索するかどうかを指定する UDDI サーバーの URL を入力指定すると、検索キーワードを入力し、[検索] をクリックします。検索キーワードが一致する web サービスは、検索結果のリストに表示されます。使うには、Web サービスを選択し、[ OK] をクリックします。

  13. 操作の選択] の一覧では、送信データを取得する Web サービスの処理] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  14. ウィザードの次のページでフォームを送信する Web サービスでは、各パラメーターのデータを選択するのには、次のいずれかを行います。

    [フィールドまたはグループ内のデータを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、 [フィールドまたはグループをクリックします。

    3. [データ ソース] ボタン変更] をクリックします。

    4. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスでは、フィールドまたはグループのデータを送信する] をクリックし、[ OK] をクリックします。

    5. 含める] ボックスに、[にこのフィールドおよびフィールドまたはグループの子要素のデータだけを送信または、[フィールド名] フィールドに、データを送信するXML 要素を含むサブツリー選択したテキストと子要素のみ] をクリックし、選択したグループまたはフィールド内の子要素。

    フォーム内のデータのすべてを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、フォーム全体 (XML ドキュメント、処理命令を含む)をクリックします。

    文字列としてデータを送信します。

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからのデータを受信する Web サービスのパラメーターをクリックします。

    2. [パラメーターのオプション] で、フォーム全体 (XML ドキュメント、処理命令を含む)をクリックします。

    3. 文字列としてデータを送信する] チェック ボックスを選択します。

      通常、デジタル署名されたデータを送信するには、このチェック ボックスを選択します。ほとんどの場合、このチェック ボックスをオフにします。

    技術的な詳細 ADO.NET データセット オブジェクト

    Web サービスは、ADO.NET データセット オブジェクトを必要とする場合は、このデータ接続を構成するときにデータセット ノードを選択します。ADO.NET データセットを必要とする Web サービス データ接続のノードの他の種類を使用する場合は、送信アクションが失敗します。

  15. [次へ] をクリックします。

  16. ウィザードの次のページの送信データ接続の名前を入力し、[完了] をクリックします。

手順 2: コントロールを追加し、フィールド内のデータを表示するフィールドにバインド

  1. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  2. コントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  3. コントロールのバインド] ダイアログ ボックスで、コントロールを連結するフィールドを選択します。

手順 3: 送信オプションを構成します。

  1. [ツール] メニューで、 [送信オプション] をクリックします。

    1. [標準] ツールバーで、ユーザーがフォームに入力するときに、[ファイル] メニューに表示されている [送信] コマンドが表示される [送信] ボタンの名前を変更するには、送信で図表番号] ボックスに新しい名前を入力します。オプション] ダイアログ ボックス。

      このボタンおよびコマンドにキーボード ショートカットを割り当てる場合は、入力のアンパサンド (&) は、キーボード ショートカットとして使用する文字の前にします。たとえば、として送信] ボタンとコマンドのキーボード ショートカットは、alt キーを押しながら B を割り当てるSu & 送を入力します。

  2. ユーザーがフォームに入力するときに、[標準] ツールバーに [送信] コマンド、または [送信] ボタンを使用したくない場合、送信メニューおよびツールバーの [送信] ボタンを表示する] チェック ボックスをオフにします。

    1. 既定では、ユーザーが、フォームを送信した後、InfoPath がフォームを開いたままにして、フォームが正常に送信されたかどうかを示すメッセージが表示されます。この既定の動作を変更するには、するには、[詳細設定] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

      • フォームを閉じるか、ユーザーが完成したフォームを送信した後、新しい空白のフォームを作成するするには、後の送信] ボックスの一覧で必要なオプションをクリックします。

      • 示すフォームが正常に送信されたかどうかのユーザー設定のメッセージを作成するには、[ユーザー設定のメッセージを使用する] チェック ボックスを選択し、成功失敗した場合のボックスに、メッセージを入力します。

        [失敗] ボックスにメッセージを使用して、ユーザーに通知がフォームを送信することができない場合。たとえば、ユーザーがそのフォームを保存して、詳しい情報について問い合わせてを提案することができます。

      • ユーザーがフォームを送信した後にメッセージを表示したくない成功メッセージとエラー メッセージを表示する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×