VLOOKUP、INDEX、または MATCH を使って値を検索する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

オフィスの場所の番号の一覧があり、その従業員が各 office でされてを確認する必要があると仮定します。スプレッドシートは、タスクが困難に思うかもしれません。Lookup 関数を実際には非常に簡単はできます。

INDEXMATCH、と共に、 VLOOKUPHLOOKUP関数では、Excel の最も便利な機能のいくつかを示します。

注: ルックアップ ウィザードの機能は、Excel で使用できるがありません。

VLOOKUP を使用する方法の例を示します。

=VLOOKUP(B2,C2:E7,3,TRUE)

B2 が 1 番目の引数をこの例では、操作するには、関数が必要なデータの要素。VLOOKUP、この最初の引数の値を検索します。この引数には、セル参照または 21,000「県」などの固定値を使用できます。2 番目の引数は、セルの範囲を検索する値を検索するための C2-:E7 です。3 番目の引数は、列を検索する値を含むセルの範囲でです。

4 番目の引数はオプションです。TRUE または FALSE のいずれかを入力します。入力が true の場合は、引数を空白のままにするか、1 番目の引数で指定された値の近似値を返します。値を関数に一致する場合は FALSE を入力する最初の引数に指定します。4 番目の引数を空白のままつまり、TRUE を入力するかより柔軟します。

この例は、関数の動作を示します。VLOOKUP が C2:E7 の範囲にセルを検索する (1 番目の引数) セル B2 の値を入力すると (2 番目の引数) し、範囲、列 E の 3 番目の列から最も近い近似一致を返します (3 番目の引数)。

VLOOKUP 関数の典型的な使い方

4 番目の引数は空白になり、近似一致を返します。できなかった場合は、列 C または D すべての結果を得るために、値のいずれかを入力する必要があります。

VLOOKUP に満足したら、HLOOKUP 関数は同じ使いやすいです。同じ引数を入力するが、列の代わりに行を検索します"。

試してみましょう

実際のデータで試してする前に、lookup 関数を試す場合は、サンプル データを示します。VLOOKUP、HLOOKUP; を使用して Excel ユーザー他のユーザーは、INDEX と MATCH を組み合わせて使うしたい場合します。どちらの方法を試してくださいし、最適と思わどれを参照してください。

職場での VLOOKUP の例

空白のワークシートに次のデータをコピーする.

ヒント:   Excel にデータを貼り付ける前に、列 A ~ C の幅を 250 ピクセルに設定し、([ホーム] タブ、 [配置] グループ) の文字列の折り返し] をクリックします。

濃度

粘度

温度

0.457

3.55

500

0.525

3.25

400

0.606

2.93

300

0.675

2.75

250

0.746

2.57

200

0.835

2.38

150

0.946

2.17

100

1.09

1.95

50

1.29

1.71

0

数式

説明

結果

=VLOOKUP(1,A2:C10,2)

近似一致を使って、列 A で値 1 を検索し、列 A で 1 以下の最大値である 0.946 を見つけて、同じ行の列 B の値を返します。

2.17

=VLOOKUP(1,A2:C10,3,TRUE)

近似一致を使って、列 A で値 1 を検索し、列 A で 1 以下の最大値である 0.946 を見つけて、同じ行の列 C の値を返します。

100

=VLOOKUP(0.7,A2:C10,3,FALSE)

完全一致を使って、列 A で値 0.7 を検索します。列 A に完全一致がないため、エラーが返されます。

#N/A

=VLOOKUP(0.1,A2:C10,2,TRUE)

近似一致を使って、列 A で値 0.1 を検索します。0.1 は列 A の最小値よりも小さいため、エラーが返されます。

#N/A

=VLOOKUP(2,A2:C10,2,TRUE)

近似一致を使って、列 A で値 2 を検索し、列 A で 2 以下の最大値である 1.29 を見つけて、同じ行の列 B の値を返します。

1.71

HLOOKUP の使用例

次の表のすべてのセルをコピーし、Excel の空のワークシートのセル A1 に貼り付けます。

ヒント:   Excel にデータを貼り付ける前に、列 A ~ C の幅を 250 ピクセルに設定し、([ホーム] タブ、 [配置] グループ) の文字列の折り返し] をクリックします。

ベアリング

ボルト

4

4

9

5

7

10

6

8

11

数式

説明

計算結果

=HLOOKUP("ギア", A1:C4, 2, TRUE)

行 1 の "ギア" を検索し、同じ列 (列 A) の行 2 の値を返します。

4

=HLOOKUP("ベアリング", A1:C4, 3, FALSE)

行 1 の "ベアリング" を検索し、同じ列 (列 B) の行 3 の値を返します。

7

=HLOOKUP("ベ", A1:C4, 3, TRUE)

行 1 の "ベ" を検索し、同じ列の行 3 の値を返します。 "ベ" に完全に一致する値が見つからないので、行 1 の中の "ベ" よりも小さい最大値である、列 A の "軸" が使用されます。

5

=HLOOKUP("ボルト", A1:C4, 4)

行 1 の "ボルト" を検索し、同じ列 (列 C) の行 4 の値を返します。

11

=HLOOKUP(3, {1,2,3, "ア", "イ", "ウ", "エ", "オ", "カ"}, 2, TRUE)

3 行の配列定数の中で数値 3 を検索し、同じ列 (ここでは 3 番目) の行 2 から値が返されます。 配列定数の中には、値の行が 3 つあり、各行はセミコロン (;) で区切られています。 "c" は 2 行目および 3 と同じ列の中にあるので、"C" が返されます。

c

INDEX と MATCH の例

この最後の例では、最も早い請求書番号と 5 都市ごとに対応する日を返すこと INDEX と MATCH 関数を使用します。数値、日付が返される、ためテキスト関数を使用して日付として書式設定します。INDEX 関数は、引数として、MATCH 関数の結果を実際に使用します。INDEX と MATCH 関数の組み合わせは、2 回数式で使われる各 – 最初に、請求書番号] に戻るにはし、日付を返します。

次の表のすべてのセルをコピーし、Excel の空のワークシートのセル A1 に貼り付けます。

ヒント:   Excel にデータを貼り付ける前に、列 A ~ D の幅を 250 ピクセルに設定し、([ホーム] タブ、 [配置] グループ) の文字列の折り返し] をクリックします。

販売契約高

都市

請求書の日付

日付、市区町村別の最も早い請求書

3115

荒川区

12/04/07

="荒川区 = "&INDEX($A$2:$C$33,MATCH("荒川区",$B$2:$B$33,0),1)& "、請求日: " & TEXT(INDEX($A$2:$C$33,MATCH("荒川区",$B$2:$B$33,0),3),"yy/mm/dd")

3137

荒川区

12/04/09

="横浜市 = "&INDEX($A$2:$C$33,MATCH("横浜市",$B$2:$B$33,0),1)& "、請求日: " & TEXT(INDEX($A$2:$C$33,MATCH("横浜市",$B$2:$B$33,0),3),"yy/mm/dd")

3154

荒川区

12/04/11

="船橋市 = "&INDEX($A$2:$C$33,MATCH("船橋市",$B$2:$B$33,0),1)& "、請求日: " & TEXT(INDEX($A$2:$C$33,MATCH("船橋市",$B$2:$B$33,0),3),"yy/mm/dd")

3191

荒川区

12/04/21

="前橋市 = "&INDEX($A$2:$C$33,MATCH("前橋市",$B$2:$B$33,0),1)& "、請求日: " & TEXT(INDEX($A$2:$C$33,MATCH("前橋市",$B$2:$B$33,0),3),"yy/mm/dd")

3293

荒川区

12/04/25

="沼津市 = "&INDEX($A$2:$C$33,MATCH("沼津市",$B$2:$B$33,0),1)& "、請求日: " & TEXT(INDEX($A$2:$C$33,MATCH("沼津市",$B$2:$B$33,0),3),"yy/mm/dd")

3331

荒川区

12/04/27

3350

荒川区

12/04/28

3390

荒川区

12/05/01

3441

荒川区

12/05/02

3517

荒川区

12/05/08

3124

横浜市

12/04/09

3155

横浜市

12/04/11

3177

横浜市

12/04/19

3357

横浜市

12/04/28

3492

横浜市

12/05/06

3316

船橋市

12/04/25

3346

船橋市

12/04/28

3372

船橋市

12/05/01

3414

船橋市

12/05/01

3451

船橋市

12/05/02

3467

船橋市

12/05/02

3474

船橋市

12/05/04

3490

船橋市

12/05/05

3503

船橋市

12/05/08

3151

前橋市

12/04/09

3438

前橋市

12/05/02

3471

前橋市

12/05/04

3160

沼津市

12/04/18

3328

沼津市

12/04/26

3368

沼津市

12/04/29

3420

沼津市

12/05/01

番号 3501

沼津市

12/05/06

Lookup 関数を詳細します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×