Visual Studio で作成したサンドボックスソリューションからアセンブリ参照を削除する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

既定では、SharePoint サンドボックスソリューション用の Visual Studio 2015 および2013テンプレートには、アセンブリからサンドボックスソリューションファイル (wsp) が自動的に含まれます。これは、ソリューションに実際のコードを追加したかどうかに関係なく、当てはまります。このプロセスは、Visual Studio プロジェクトのプロパティビューの [パッケージに含める] の設定によって制御できます。このプロパティの既定値はTrueです。Visual Studio でサンドボックスソリューションを作成し、実際のコードが含まれていない場合は、この設定をFalseに変更する必要があります。これにより、サンドボックスソリューションが完全に宣言されており、実際のコードが含まれていないことを確認します。

手続き

Visual Studio で作成された既存のサンドボックスソリューションを変更するには、次の手順を実行します。

  1. サンドボックスソリューションの既存の Visual Studio プロジェクトを開きます。

  2. プロジェクトの [プロパティ] ダイアログボックスを開きます。これを行うには、ソリューションエクスプローラーで Visual Studio プロジェクトを開き、F4 キーを押します。

  3. [パッケージに含めるアセンブリ] プロパティの設定をFalseに変更します。
    プロパティ

  4. 新しいバージョンのサンドボックスソリューションを再コンパイルして公開します。

詳細情報

詳細については、「 SharePoint Online でコードベースのサンドボックスソリューションを削除する」を参照してください。

それでもヘルプが必要な場合[Microsoft コミュニティ] に移動します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×