Visio 2019 の新機能

Visio 2016 から Visio 2019 にアップグレードするユーザーは、使い慣れたすべての機能を引き続き利用できます。また、新しい機能もいくつか追加されています。

図面を簡単に作成

組織図、ブレーンストーミング、SDL テンプレートに、図面を簡単に作成できる新しいスターター図面が追加されました。

ブレーンストーミング スターター図面

組み込みのデータベース モデル図

新しいデータベース モデル図テンプレートは、データベースを Visio 図面として正確にモデル化します。アドインは必要ありません。

詳細情報

データベース アイコン、矢印、データベースを表す Visio 図面

Web サイト用のワイヤーフレーム図を作成する

Visio ワイヤーフレームを使用してアイデアを生み出しましょう。ワイヤーフレームとは、インターフェイスの詳細な視覚モデルのことで、機能とコンテンツの設計図のようなものです。これらの新しい Web サイト テンプレートは、忠実度の低い設計スケッチを作成して、アイデアの提示、チームの合意、忠実度の高いワイヤーフレームの基礎の形成を行う場合に最適です。

詳細情報

Web デザインのサンプル モックアップ

新しい UML ツール

新しい UML コンポーネント図

UML コンポーネント図を作成してコンポーネント、ポート、インターフェイス、およびこれらの関係を表すことができます。

新しい UML コミュニケーション図

UML コミュニケーション図を作成して生存線間の相互作用を表すことができます。この相互作用はシーケンス番号付きの一連のメッセージを使って行われます。図の要素を自由形式で配置できます。

新しい UML 配置図

UML 配置図を作成してソフトウェア アーティファクトのノードへの配置のアーキテクチャを表すことができます。

AutoCAD のサポートの強化

AutoCAD のサポートの強化

これまで、Visio では AutoCAD 2007 以降のバージョンで作成された .dwg ファイルおよび .dxf ファイルをサポートしていました。今回の更新により、AutoCAD 2017 より前のバージョンで作成されたファイルをインポートまたは開くことができるようになりました。

AutoCAD サイズ調整機能の強化

今回の更新により、AutoCAD ファイルをインポートする際のサイズ調整機能が強化されました。最初にいくつかのプロパティが設定されていることを確認すればよいだけです。AutoCAD では、アクティブ タブが、モデル タブではなくレイアウト タブになっていることを確認します。また、Visio の図面縮尺が AutoCAD ビューポート縮尺と同じ値に設定されていることを確認します。この記事で詳細を説明します

AutoCAD ファイルのインポート時間の短縮

今回の更新により、AutoCAD インポート速度が大幅に速くなりました。

瞬時に図形を重ねて表示

CAD ファイル上で図形を操作する際に、遅延が生じていました。今回の更新により、遅延がなくなりました。

製品のフィードバックを提供する

Microsoft Office に関するご意見、ご提案はございませんか。製品改善のためにお客様のフィードバックを必要としています。Visio の新機能のご提案、ご感想をお寄せください。また、動作しない機能について報告することもできます。[ファイル][フィードバック] の順にクリックします。

[ファイル]、[フィードバック] の順にクリックして、Microsoft Visio に関するコメントや提案を提供する

Office のスキルを伸ばす

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×