Visio を他の 2007 Microsoft Office system プログラムと使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

他の2007 Microsoft Office systemプログラムと共にMicrosoft Office Visio 2007を使用して、他のユーザーと情報を共有したり、手動で再するのではなく、情報をインポートおよびエクスポートしたりすることができます。Visio を他の2007 Office リリースプログラムと統合する方法には、次のようなものがあります。

  • Visio 図面を他の Office プログラムに挿入   する Microsoft Office Excel 2007ワークシート、 Microsoft Office Word 2007ドキュメント、 Microsoft Office PowerPoint 2007プレゼンテーションに visio 図面を挿入するか、または visio 図面を直接作成することによって、日常のビジネスコミュニケーションで重要なポイントを強調し、明確にします。プログラム.

    別のプログラムで Visio 図面を挿入または作成するには、図面を追加するファイルを開きます。[挿入] タブの [テキスト] グループで、[オブジェクト] をクリックします。[オブジェクト] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • プログラム内で図面を作成するには、[新規作成] タブをクリックし、[オブジェクトの種類] で [ Microsoft Office Visio 図面] をクリックします。

    • 既存の図面を挿入するには、[ファイルから作成] タブをクリックし、[ファイル名] で [参照] をクリックしてファイルを検索します。

  • Outlook で Visio 図面をプレビュー   するMicrosoft Office Outlook 2007を使用している場合は、電子メールに添付されている Visio 図面をプレビューすることができます。Visio をインストールする必要はありません。無料の Visio Viewer をダウンロードする必要もありません。Outlook 2007には複数の添付ファイルが付属しているため、Visio 図面など、さまざまな種類の Office ファイルをプレビューすることができます。詳細については、「 visio を使用していない場合でも、Outlook 2007 の visio 図面をプレビューする」を参照してください。

  • PowerPoint プレゼンテーションに一致する色と書式を使用   する PowerPoint 2007またはOffice Visio 2007内に Visio 図面を作成し、一致する色のテーマを使用して、プレゼンテーションと図を一緒に使用すると専門家に見せることができます。詳細については、「テーマを使用して図面に本格的な外観を適用する」を参照してください。

  • 予定表を作成する   Office Visio 2007で、Outlook データから予定表を生成し、Visio ツールを使って外観をカスタマイズします。

  • プロジェクトタイムラインとガントチャートを作成する   Microsoft Office Project 2007からプロジェクトタスクとマイルストーンをインポートして、タイムラインとガントチャートを生成します。また、Visio タイムラインとガントチャートに保存されているデータを Project にエクスポートすることもできます。Visio を使用して、プロジェクトデータから作業内訳構造を作成します。詳細については、「 project から visio タイムラインにデータをインポートする」および「 project から visio ガントチャートにデータをインポートする」を参照してください。

  • ビジネスとテクニカルデータを視覚化して追跡   する Visio 図面を Excel ワークシート、 Windows SharePoint Servicesリスト、 Microsoft Office Access 2007データベースなどの外部データソースに接続して、情報ソースを統合し、図面内のデータに関連付けられている図形についてさらに詳しい情報を表示します。詳細については、「 Excel、SQL Server、SharePoint サイト、およびその他の外部ソースからデータをインポートする」を参照してください。

  • ピボットダイアグラムを生成し、データにドリルダウン   する Visio 内でピボットダイアグラムを生成し、ビジネスデータを視覚化します。または、 Windows SharePoint Servicesと Office Project から、ピボットダイアグラムフォームのビジュアルレポートを生成します。SharePoint リストから、懸案事項とタスクを報告したり、ワークフローを追跡したりすることができます。Project から、リソースとタスクのデータをレポートできます。詳細については、「ピボットダイアグラムを作成する」を参照してください。

  • 図をさまざまな形式で保存して、他のユーザーと簡単に共有できるようにする    図面を web ページ、GIF ファイル、JPG ファイル、PDF ファイルなどとして保存し、Visio 図面を web 上で共有したり、他のドキュメントにグラフィックとして挿入したりすることができます。[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、[名前を付けて保存] ダイアログボックスで [名前を付けて保存] の一覧から書式を選びます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×