Visio で SDL ダイアグラムを作成する

Visio で SDL ダイアグラムを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

国際通信連合規格に設計された、仕様と記述言語 (SDL) 図形を使用して、通信/通信システムネットワークを文書化したオブジェクト指向のフローチャートを作成します。

SDL の図

  1. Visio を起動します。

  2. [フローチャート] テンプレート/カテゴリで、[ SDL ダイアグラム] をクリックし、[作成] をクリックします。

  3. 文書化するプロセスの各ステップで、フローチャート図形を図面上にドラッグします。

  4. 図形を接続します。

    1. ステンシルから図面ページに図形をドラッグし、別の図形の近くに配置します。

    2. 図形をポイントして、図形の周囲にオートコネクト矢印が表示されるまでそのままにします。

      [オートコネクト] がアクティブの場合、図形をポイントすると、接続矢印が表示されます。
    3. 図形を追加する方向の矢印をポイントします。

      [オートコネクト] 矢印をポイントすると、追加する図形のツール バーが表示されます。

      [クイック図形] ステンシルに現在ある4つのクイック図形が含まれているミニツールバーが表示されます。ツールバーの図形をポイントすると、Visio はその図形のプレビューをページに表示します。クイック図形とは

    4. 追加する図形をクリックします。

      図形が接続されました。

  5. 図形に文字列を追加するには、テキストを選択してから入力します。入力が完了したら、テキストブロックの外側をクリックします。

  6. フローチャート内の図形の番号を指定して、一連のプロセスステップを示すことができます。

    1. フローチャートで、番号を付ける図形を選びます。

    2. [表示] タブで、 [アドオン]、[ Visio エクストラ]、[数値図形] の順にクリックします。

    3. [全般] タブの [操作] で、[自動番号] をクリックします。[適用先] で [選択した図形] をクリックし、[ OK] をクリックします。

      ヒント: 新しいフローチャート図形をページ上にドラッグして自動的に番号を付けるには、[図形の数] ダイアログボックスで、[ページにドロップした図形の段落番号を続ける] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×