Visio で HVAC 計画を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

暖房、換気、冷却ダクトをレイアウトするには、 HVAC 計画テンプレートを使用します。空のページまたは既存のフロアプランのレイヤーとして、HVAC プランを作成することができます。

"暖房、換気、空調システムのダクト配管を示す空調設備設計"

  1. Visio を開きます。

  2. 次のいずれかの方法で、HVAC プランを開始します。

    新しい図面として

    • [地図とフロアプラン] テンプレートまたはカテゴリで、[ HVAC プラン]、[作成] の順にクリックします。

      既定では、この描画の種類によって、横向きの方向 幅広ページ で縮尺図面ページが開きます。ページ、ルーラー、グリッドの設定はいつでも変更できます。

    CAD フロアプランのレイヤーとして

    1. 新しいHVAC 計画図面を作成します。前のセクションの手順に従って操作します。

    2. [挿入] タブの [CAD 図面] をクリックします。

    3. [ AutoCAD 図面の挿入] ダイアログボックスで、CAD ファイルに移動して選択し、[開く] をクリックします。

    4. CAD 図面のサイズと縮尺を反映するには、[ OK] をクリックします。

      注: CAD 図面の図面縮尺が図面ページの縮尺と異なる場合は、縮尺に一致するか、または照合せずに続行するかどうかをたずねるメッセージが表示されます。

    5. 図面を挿入したら、サイズを変更したり、縮尺を変えたり、移動したりすることができます。CAD 図面を含む Visio レイヤーをロックすることもできます。詳細については、「 AutoCAD レイヤーのプロパティを変更する」を参照してください。

      ヒント: 挿入された cad 図面のプロパティを変更するには (たとえば、縮尺または保護設定を変更する場合)、図面を右クリックし、[ cad 図面オブジェクト] をポイントして、[プロパティ] をクリックします。

    既存の Visio のフロアプランのレイヤーとして

    1. Visio で、使用する既存の平面図図面を探します。

      ヒント: 図面の既存のレイヤーをロックして、新しいプランの作成時に誤って変更しないようにすることができます。詳細については、「 AutoCAD レイヤーのプロパティを変更する」を参照してください。

  3. [図形] ウィンドウの [ HVAC ダクト] から、[ダクト] 図形を図面ページにドラッグします。

  4. [ダクト] 図形のサイズを変更します。

    ストレッチでサイズを変更する

    1. 選択ハンドルをドラッグして、ダクトの長さまたは幅を変更します。

    2. コントロールハンドルをドラッグして、ダクトのサイズを変更したり、分岐角度を変えたりします。

      選択した図形のコントロールハンドルについて説明するヒントが表示されるようにするには、ハンドルの上にポインターを置きます。

    寸法を入力してサイズを変更する

    1. ダクト図形を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    2. [図形データ] ダイアログボックスで、使用可能なサイズを調整し、[ OK] をクリックします。

  5. ダクト図形を接続します。

    1. 図面上に最初のダクト図形を配置します。

    2. [第2のダクト] 図形の接続ポイントをクリックして、最初の [ダクト] 図形の接続ポイントにドラッグします。

      注: 図に示すように、ポインターは、最初の図形に接続する接続ポイントの上または近くにある必要があります。
      接合ダクト図形に接続される接続ポイントの上またはその近くに置いたポインター

    3. 両方の図形の接続ポイントが緑の四角形として表示されたら、マウスボタンを離します。

      ダクト図形は、図に示すように、自動的に位置に回転し、接続されているダクトのサイズに合わせて、互いに接着します。

      接合ダクト図形に接続された直線ダクト配管図形

    4. ダクト図形を引き続き接続するには、手順2と3を繰り返します。

      ヒント: 接続ポイントを表示または非表示にするには、[表示] メニューの [接続ポイント] をクリックします。

  6. [ダクト] 図形をラベル付けします。図形をダブルクリックするだけで、テキストボックスにラベルテキストを入力し始めます。

    ダクトサイズを示すラベルを追加する

    1. ダクト図形を右クリックし、[ダクトサイズの表示] をクリックします。

      注: 直径記号 (Ø) は、自動的に円形ダクトのラベルに追加されます。

    2. ラベルのコントロールハンドルをドラッグして、ラベルの位置を変更します。

  7. 図面内のレジスター、グリル、ディフューザー、その他の HVAC 機器図形の場所を指定します。

    1. レジスターのグリルとディフューザーから、ダクトの上に図形をドラッグするか、図面ページに図形をドラッグして、flex ダクトを使用してダクトに接続します。

    2. HVAC 機器から、ダクトの上に図形をドラッグします。

      注: レジスター、グリル、ディフューザーHVAC 機器の図形は、スケマティックシンボルであり、ダクトに回転したり、接着したりすることはありません。

ヒント: 一部のダクトの図形を構成するには、それらを右クリックし、ショートカットメニューのコマンドをクリックします。たとえば、直線ダクトを長方形から円形に変更したり、ダクトのサイズを表示または非表示にしたりできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×