Visio での UML 図

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Unified Modeling Language (UML) はソフトウェア モデルを描画する標準的な方法です。設計のスケッチまたは既存の設計の文書化には Visio で UML テンプレートを使用します。

使用するテンプレートを見つけるには、[ファイル]、[新規作成] の順にクリックし、検索ボックスに図の名前を入力します (「UML」と入力するとすべてのテンプレートが検索されます)。

UML 2.0

Visio 2013 および Visio 2016 Professional には、次に示す複数の図の種類の UML 2.0 バージョンに対応するテンプレートが用意されています。

  • クラス図

  • シーケンス図

  • データベース表記法

  • ユース ケース図

  • アクティビティ図

  • ステート図

UML 2.5

visio Online プラン 2のサブスクライバーであり、最新バージョンの visioを使用している場合は、次の UML 2.5 テンプレートが用意されています。[ファイル]、[新規作成]、[カテゴリ]、[ソフトウェアとデータベース] の順に移動し、次のいずれかを選択します。

UML モデル エクスプ ローラーはどこにありますか

Visio の以前のバージョンで UML 図を作成した経験のある方は、モデル エクスプ ローラーを使用したことを覚えているのではないでしょうか。モデル エクスプ ローラーで作成した図は、編集および何らかの書式設定ができないようにロックされています。Visio 2013 および Visio 2016 Professional では、モデル エクスプ ローラーを備えていません。提供されているステンシルから図形をドラッグするだけです。図形はロックが解除され、柔軟性が高くなるので、必要に応じて図形の動作を変更することができます。図はまた、より細かくカスタマイズできるようになりました。ただし、図は UML 標準を満たしている必要があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×