Use Immersive Reader for OneNote (OneNote のイマーシブ リーダー機能を使用する)

Use Immersive Reader for OneNote (OneNote のイマーシブ リーダー機能を使用する)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

onenote の学習ツールに含まれている没入型リーダーは、onenote ドキュメントのコンテンツを読みやすくするための全画面閲覧のエクスペリエンスです。学習ツールは、教室で失読症と dysgraphia の学生をサポートするように設計されていますが、デバイスで読みやすくする必要があるユーザーをサポートすることができます。

  1. onenote 2013 または2016の場合は、[onenote] を開き、[学習ツール]、[没入型リーダー] の順に選びます。

    onenote for Windows 10、Mac、または iPad の場合は、onenote を開いて、[表示]、[没入型リーダー] の順に選びます。 没入型リーダーボタン

    OneNote Online の場合は、 OneNote.comに移動し、ノートブックを開き、[表示]、[没入型リーダー] の順に選びます。 没入型リーダーボタン

  2. 読み上げられる段落を読み上げるには、[再生] を選択します。

  3. ページの特定の位置から再生するには、その単語を選択します。

没入型リーダーには、OneNote からテキストを簡単に読めるようにするいくつかのオプションが用意されています。

テキストのオプション

[テキストのオプション] メニューでは次の操作を行うことができます。

音声の一部

品詞は、文法の強調表示を制御し、複雑な文を読者に理解させるのに役立ちます。詳細:音声の部分を強調表示します。

環境設定を読む

[線のフォーカス] メニューの切り替え

Line Focusを使用すると、読者は、没入型リーダーで選んだ素材内の1つ、3つ、または5行のセットを強調表示して、リーディングエクスペリエンスのフォーカスを絞り込むことができます。詳細情報: 「行フォーカスを有効にする」を参照してください。

現在、この機能は、onenote for Windows 10、onenote online、Word online、Outlook online でのみ使用できます。

ラインフォーカスインターフェイス

画像ディクショナリを使うと、任意の1つの単語をクリックし、読み上げられます。

音声オプション

音声のオプションを使用して、音声の速度とスピーカーを制御します。詳細:没入型リーダーで音声を変更する

イマーシブ リーダーのショートカット キー

キーボード ショートカットを使用して移動します。

  • 上/下方向矢印キー: 1 行ずつスクロール

  • Page Up/Page Down キー: 1 画面ずつスクロール

  • 左/右方向矢印キー: OneNote ノートブックで前/次のページに移動

  • Esc キー: リーダーまたはメニューを閉じる

  • Tab キー: イマーシブ リーダーの設定で次のコントロールに進む

  • Space キー: 現在のツールを選択

詳細情報

学習ツールアドインの音節と品詞をサポートする言語

Transform speech to text in OneNote (OneNote で音声をテキストに変換する)

テキストのサイズを変更する

OneNote for Mac の基本的な作業

トラブルシューティング:没入型リーダーで再生を押しても何も起こらない

教育者のための追加情報

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×