UniqueValues プロパティ

データシート ビューに表示されるフィールドに重複するデータが含まれるレコードを省略するとき、UniqueValues プロパティを使用できます。たとえば、クエリの出力に複数のフィールドが含まれる場合、結果に含まれる所与のレコードに対し、すべてのフィールドからの値の組み合わせが一意になる必要があります。

注: UniqueValues プロパティは、追加アクション クエリ、表作成アクション クエリ、選択クエリにのみ適用されます。

設定

UniqueValues プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

説明

はい

データシート ビューに表示されるすべてのフィールドの値が一意になるレコードのみを表示します。

いいえ

(既定) すべてのレコードを表示します。


クエリのプロパティ シートまたは クエリ ウィンドウ の SQL ビュー に UniqueValues プロパティを設定できます。

注: SQL ステートメントを使用して新しいクエリを作成するとき、このプロパティを設定できます。述語の DISTINCT は、UniqueValues プロパティ設定に相当します。述語の DISTINCTROW は、UniqueRecords プロパティ設定に相当します。

解説

UniqueValues プロパティを [はい] に設定すると、クエリの結果は更新できず、他のユーザーがその後行った変更が反映されません。

UniqueValues プロパティと UniqueRecords プロパティは、一度にいずれかのみを [はい] に設定できるという点で関連しています。たとえば、UniqueValues プロパティを [はい] に設定すると、Microsoft Office Access 2007 では、UniqueRecords プロパティが自動的に [いいえ] に設定されます。ただし、両方を [いいえ] に設定することは可能です。両方のプロパティを [いいえ] に設定すると、すべてのレコードが返されます。

ヒント

フィールド内の値のインスタンス数を数える場合、集計クエリを作成します。

この例の SELECT ステートメントは、顧客が存在する国/地域の一覧を返します。それぞれの国/地域にたくさんの顧客が存在する場合があり、たくさんのレコードで、Customers テーブルの国/地域が同じになることがあります。ただし、各国/各地域はクエリ結果で 1 回だけ表示されます。

この例では、次のデータを含む Customers テーブルが使用されます。

国/地域

会社名

ブラジル

Familia Arquibaldo

ブラジル

Gourmet Lanchonetes

ブラジル

Hanari Carnes

フランス

Du monde entier

フランス

Folies gourmandes

ドイツ

Frankenversand

アイルランド

Hungry Owl All-Night Grocers


この SQL ステートメントは、次のテーブルの国/地域を返します。

SELECT DISTINCT Customers.CountryRegion
FROM Customers;

返される国/地域

ブラジル

フランス

ドイツ

アイルランド


Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×