UML 静的構造図の関連付けを使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

関連付け end に修飾を追加する

  1. 静的な構造図では、バイナリアソシエーションアソシエーションクラス、またはN 項関連図形をダブルクリックします。

  2. [関連付けの終了] で、修飾を追加する end を選び、[プロパティ] をクリックします。

    ヒント: フィールドをクリックし、値を入力または選択することによって、関連 endリストでよく使用されるプロパティ設定を直接編集できます。

  3. [アソシエーション end] をクリックし、末尾の名前、多重度、誘導、集計などのオプションを入力するか選択して、[ OK] をクリックします。

  4. 編集する各アソシエーション end について、手順2と3を繰り返します。

  5. [関連付け] カテゴリとその他のカテゴリに必要なプロパティのオプションを入力または選択し、[ OK] をクリックします。

関連付けに修飾子を追加する

  1. 修飾子を追加するバイナリアソシエーション、アソシエーションクラスn 項アソシエーション、またはn 項アソシエーションクラス図形をダブルクリックします。

  2. [関連付けの終了] で、修飾子を追加する関連付け end を選び、[プロパティ] をクリックします。

  3. [修飾子属性] をクリックし、[新規作成] をクリックして、[プロパティ] をクリックします。

  4. 目的の修飾子プロパティの値を入力するか、選択します。

  5. [ UML プロパティ] ダイアログボックスが閉じるまで [ OK ] をクリックします。

小さな四角形は、修飾子を使ってアソシエーション end に追加されます。

クラス間のコンポジション関係を示す

  1. コンポジション図形をUML 静的構造から図面ページにドラッグして、関連するクラスの近くに移動します。

  2. ひし形の近くにある端点を、他の要素が構成するクラスの接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。ひし形のないエンドポイントを、コンポーネントであるクラスの接続ポイントに接着します。

  3. コンポジション図形をダブルクリックして、アソシエーション end に名前とその他の修飾を追加します。

  4. [OK] をクリックします。

ヒント

また、バイナリアソシエーションアソシエーションクラス、またはN 項アソシエーション図形のアソシエーション end に修飾を追加することによって、コンポジションを指定することもできます。図形をダブルクリックします。コンポジションのひし形を追加する終点を選び、[プロパティ] をクリックします。[アソシエーション End ] をクリックし、[集計] で [コンポジット] を選びます。[ ok] をクリックし、もう一度 [ ok ] をクリックします。

3つ以上のクラス間の関連付けを指定する

  1. 関連するクラスの近くにある図面ページに、 UML 静的な構造からN 項関連図形をドラッグします。

  2. [ N 項関連] 図形をダブルクリックして、[ UML プロパティ] ダイアログボックスを開きます。[ end Count] で、必要な関連付けの終了数を設定し、目的の他のプロパティ値を入力するか選択して、[ OK] をクリックします。

  3. 関連付けの終了点を、関連するクラスの接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。

2つのクラス間の関連付けを示す

  1. UML 静的な構造から、関連するクラスの近くにある図面ページに、バイナリアソシエーションまたはアソシエーションクラス図形をドラッグします。

  2. [関連付け] 図形のエンドポイントを、class 図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。

  3. [関連付け] 図形をダブルクリックして [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開き、必要なプロパティ値を入力するか選択します。

  4. [OK] をクリックします。

クラスのプロパティを持つアソシエーションを示す

  1. 静的な構造図では、関連クラスまたはN 項関連クラス図形を図面ページにドラッグします。

  2. 2つ以上のクラス図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に、アソシエーションの両端の端点を接着します。

  3. [関連付けクラス] 図形をダブルクリックし、[ UML アソシエーションクラスのプロパティ] ダイアログボックスで、アソシエーションクラスの名前を入力します。

  4. [関連付けの終了] をクリックし、修飾を追加する end を選択して、[プロパティ] をクリックします。

  5. [アソシエーション end] をクリックし、末尾の名前、多重度、誘導、集計などのオプションを入力するか選択して、[ OK] をクリックします。

  6. すべての両端に修飾を追加したら、手順4と5を繰り返して、[ OK] をクリックします。

n 項アソシエーションまたはアソシエーションクラスの end の数を設定する

  1. 静的な構造図で、設定する end を持つn 項アソシエーションまたはn 項関連クラス図形をダブルクリックします。

  2. [関連付けクラス] をクリックし、[終了カウント] で目的の終了番号を選び、[ OK] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×