UML 静的構造図について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

静的な構造図を概念的に表す

概念図は、現実世界の概念とそれらの間の関係を表す静的構造図です。これは、メソッドではなくリレーションシップと属性に重点を置いており、システムを開発しているドメイン領域の用語を理解するのに役立ちます。

Class static 構造図

概念図と同じように、クラス図は、ソフトウェアシステムをその部分に分解する静的な構造図です。ただし、クラス図では、実世界の概念を表すオブジェクトではなく、完全に定義されたソフトウェアエンティティを表すクラスが含まれています。

クラス図には、属性とアソシエーションの他に、操作、メソッド、インターフェイス、および依存関係も指定されています。

システムのソフトウェア オブジェクトのタイプとそのプロパティを制御するクラス スタティック構造図

吹き出し 1 属性、操作、およびその他のプロパティをクラス図形に追加するには、図形をダブルクリックして [ UML Class properties ] ダイアログボックスを開きます。

吹き出し 2 多重度や誘導可能性などの修飾を追加するには、アソシエーションをダブルクリックします。

吹き出し 3 ここに示す名前と種類の他に、属性には、 可視性、初期値、スコープが class または instance かどうかを指定することもできます。

吹き出し 4 詳細なプログラミングの仕様を伝達する場合は、図の操作のパラメーターを完全に定義します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×