スキップしてメイン コンテンツへ

UML 静的構造図での汎化の操作

重要: UML 静的構造図は Visio 2013 および新しいバージョンでは使用できません。 Visio 2013 以降のバージョンでの UML 図の詳細については、「 Visio の uml 図」を参照してください。

汎化に識別子ラベルを追加する

  1. 静的構造図で、 識別子 を追加する [化] 図形をダブルクリックします。

  2. [ UML 汎化プロパティ] ダイアログボックスの [弁別子] で、弁別子の名前を入力し、[ OK]をクリックします。

UML 要素間の汎化関係を示す

  1. [ UML 静的構造] ステンシルから [化] 図形を図面ページにドラッグし、関連付けるクラスまたはパッケージの近くに配置します。

  2. [より一般的な要素] の [接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に、矢印の近くにある端点を接着します。 矢印の付いていない端点を、より具体的な要素の接続ポイントに接着します。

  3. [化] 図形をダブルクリックします。 [ UML 汎化プロパティ] ダイアログボックスで、名前、ステレオタイプ、弁別子、その他のプロパティ値を追加し、[ OK]をクリックします。

ヒント

アソシエーションの汎化を示すには、 2 進数関連付け図形ではなく、[関連付けクラス] 図形を使います。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×