UML 静的構造図での依存性を操作する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

クラスにバインド テンプレートのパラメーター

  1. UML 静的構造] から境界要素] 図形を図面ページにバインドするパラメーターを使用してパラメーター化クラス図形の近くにドラッグします。

  2. バインド図形を図面ページにドラッグし、接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X バインドされている要素に矢印がない端点を接着します。

  3. [束縛] 図形の矢印がある端点を [パラメタ化クラス] 図形の接続ポイントに接着します。

  4. [束縛] 図形をダブルクリックして、[境界引数] をクリックします。

  5. [境界引数] で、型を束縛するパラメタを選択するか (パラメタに型が指定されていない場合)、値を選択します (パラメタに型が指定されている場合)。[プロパティ] をクリックし、型を選択するか必要な値を入力して、[OK] をクリックします

  6. [OK] をクリックして、[UML 束縛プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

パラメタ化クラスに関連付けられている属性と操作が境界要素に渡されます。属性の型または操作の戻り値の型としてクラスに割り当てた、束縛されていないパラメタ (型が指定されていないパラメタ) が、境界要素では上記の手順 5 で指定した型に置き換わります。

UML 要素間の依存関係を示す

  1. [UML 静的構造][UML 配置]、または [UML コンポーネント] から図面ページに [依存性] 図形をドラッグして、関連付ける要素の近くに配置します。

  2. 接着要素の他の要素に接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X 矢印があるかによって決まります。その他の要素に依存する要素の接続ポイントに矢印がない端点を接着します。

  3. 名前、ステレオタイプ、およびその他のプロパティを追加するには、依存性をダブルクリックします。

ヒント

追跡、絞り込み、用途、バインドの依存性を示すには、[UML 静的構造] ステンシルの [トレース]、[洗練]、[使用]、または [束縛] 図形を使用できます。

パッケージ内のクラスを参照することがありますかを示す

  1. パッケージ図で、図面ページに [依存性] 図形をドラッグします。

  2. 別のパッケージに含まれるクラスを参照しているパッケージの接続ポイントに矢印がない依存関係端点を接着します。

  3. 参照先となるターゲット クラスを含むパッケージの接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X 矢印がある依存関係端点を接着します。

  4. [依存性] 図形をダブルクリックして、[UML 依存性プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

  5. [名前] に依存性の名前を入力します。[ステレオタイプ] で [インポート] をクリックして、[OK] をクリックします。

注: <<import>> 依存性でパッケージを接続した場合、そのクラスだけが参照可能であることを示します。ターゲット クラスに対して適切な可視性を設定する必要があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×